このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 55648
Sort Key
3
タイトル(別表記)
Effects of Olibanum and Tea-tree, used in Aromatherapy today, on the Body and Mind
フルテキストURL
著者
浅田 昌古 放送大学
酒井 貴志 岡山大学名誉教授
清田 洋正 岡山大学大学院 環境生命科学研究科
抄録
Olibanum (frankincense), used as a religious offering, has been one of the most valuable and respected substances since ancient times. Tea-tree, with a long history as a folk medicine for Australian aborigines, has been used in modern aromatherapy since the late 1970’s. In this paper, comparisons of olibanum and tea-tree in aromatherapy and their effects on the body and mind are discussed.
キーワード
flavor and fragrance
frankincense
aromatherapy
monoterpenoids
備考
原著論文 (Original paper)
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
発行日
2018-02-01
107巻
出版者
岡山大学農学部
開始ページ
1
終了ページ
3
ISSN
2186-7755
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
Eprints Journal Name
srfa