このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11049
Eprint ID
11049
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Tectona grandis の母植物体には少量しか、あるいは全然存在しない抗菌性トリテルペン酸の動植物細胞懸濁培養による生産
著者
河津 一儀 岡山大学
マルワニ アーリー 岡山大学
小林 昭雄 Department of Biotechnology, Faculty of Engineering, Osaka University
仁戸田 照彦 岡山大学
神崎 浩 岡山大学
抄録
The callus culture of Tectona grandis was previouly reported by us to produce five antibacterial acids which occurred only in very small amounts or were not detected in the native plant. This paper shows the production of these antibacterial compounds in much higher by cell suspension culture of the plant.
抄録(別表記)
著者らは以前、Tectona grandis のカルスが、母植物には少量しか、あるいは全然存在しない抗菌性トリテルペン酸を相当量することを報告した。本報は、確立した細胞懸濁培養系では、これらの抗菌性トリテルペン酸の生産性がカルス培養の100~200倍にも上昇することを述べ、これらの抗菌性化合物を細胞懸濁培養で生産できることを示した。
キーワード
high productivity
callus culture
lupenoic acid
oleanenoic acid
ursenoic acid
発行日
1998-02
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific reports of the Faculty of Agriculture, Okayama University
87巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture,Okayama University
開始ページ
9
終了ページ
12
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa