このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14811
Eprint ID
14811
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Emphysematous changes of the lungs in asthmatics in the elderly. Differences between hyperinflation of the lungs by aging and pulmonary emphysema
著者
光廷 文裕 岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター 内科
保崎 泰弘 岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター 内科
芦田 耕三 岡山大学医学部・学部附属病院三朝医療センター 内科
岩垣 尚史 岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター 内科
永田 拓也 岡山大学医学部・学部附属病院三朝医療センター 内科
藤井 誠 岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター 内科
高田 真吾 岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター リハビリテーション科
横井 正 岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター リハビリテーション科
浜田 全紀 岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター 内科
谷崎 勝朗 岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター 内科
抄録
高齢者喘息の病態的特徴を臨床的に観察した。その結果は以下のごとくであった。 1.血清IgE値や抗原に対するIgE抗体の陽性率は一般的に低いが,しかしアレルギー疾患の家族歴を有する症例の頻度は高く,アトピー性の素因を有する症例の頻度がかなり高いこと,そして,このような症例ではIgE系反応の関与が示唆された。  2.気道過敏性は加齢とともに低下する傾向が見られた。  3.換気機能,ガス交換能は加齢とともに低下し,特に70才以上 の症例では若青年者喘息と比べ有意の低下が見られた。  4.肺容積は,加齢とともに増大し,70才以上の症例では有意の増大傾向が見られた。また,この肺容積の増大は,HRCT上の-950HU以下の肺% UIAと有意の相関が見られ,肺の過膨張の状態が存在することが示唆された。
抄録(別表記)
Pathophysiological changes by aging were examined in asthmatics in the elderly. 1 . A level of serum IgE and frequency of positive RAST score for allergens were in general low. However, the frequency of patients with family history of allergic diseases was considerably high, and in these patients with family history having allergic diseases the presence of IgE-mediated allergic reaction was frequently observed. 2 . Bronchial hyperresponsiveness tended to decrease with aging. 3 . Ventilatory function and gas exchange (DLco) showed a decrease with aging, and the decrease in ventilatory function and DLco in older patients over age 70 was significantly lower than the decrease in younger patients with asthma under age 49. 4 . The volume of the lungs, evaluated by % residual volume (% RV) , tended to increase with aging. The low attenuation area (LAA) of the lungs < -950 HU on HRCT, which represents hyperinflation in asthma, was also increased with aging. A significant correlation was found between % RV and % LAA of the lungs <-950HU on HRCT in patients over age 70.
キーワード
lgE系反応 (IgE-mediated allergy)
気道過敏性 (bronchial hyperresponsiveness)
換気機能 (ventilatory function)
ガス交換能 (gas exchange)
気腫化傾向 (emphysematous changes)
発行日
2004-02-01
出版物タイトル
岡大三朝医療センター研究報告
出版物タイトル(別表記)
Annual reports of Misasa Medical Center, Okayama University Medical School / Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
74巻
出版者
岡山大学医学部附属病院三朝医療センター
出版者(別表記)
Okayama University Medical School / Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
開始ページ
62
終了ページ
67
ISSN
1348-1258
NCID
AA11840279
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc