このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14784
Eprint ID
14784
フルテキストURL
タイトル(別表記)
長期間の喫煙は高齢者気管支喘息における気道過敏性と関連した白血球LTB4産生を亢進させる
著者
光廷 文裕 岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター 内科
保崎 泰弘 岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター 内科
芦田 耕三 岡山大学医学部・学部附属病院三朝医療センター 内科
岩垣 尚史 岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター 内科
永田 拓也 岡山大学医学部・学部附属病院三朝医療センター 内科
藤井 誠 岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター 内科
高田 真吾 岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター リハビリテーション科
横井 正 岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター リハビリテーション科
浜田 全紀 岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター 内科
谷崎 勝朗 岡山大学医学部・歯学部附属病院三朝医療センター 内科
抄録
Abstract : Influence of cigarette smoking on leukotriene 84 (LTB4) generation by leucocytes associated with bronchial hyperresponsiveness was examined in 110 patients with asthma. l. The frequency of positive RAST score for inhalant allergens and LTB4 generation by leucocytes were significantly larger in previous and current smokers than in nonsmokers. 2. In nonsmokers, bronchial hyperresponsiveness was significantly higher in asthmatics under the age of 49 years compared with that in patients between 50 and 59 years, between 60 and 69 years, and those over age 70 years. In contrast, no significant differences were present between bronchial hyperresponsiveness and patient age in previous and current smokers. 3. In patients over age 60, bronchial hyperresponsiveness was significantly higher in previous and current smokers than in nonsmokers. In these patients, LTB4 generation was significantly more increased in previous and current smokers than in nonsmokers. 4. A significant correlation was observed in asthmatics of nonsmokers between LTB4 generation and bronchial hyperresponsiveness . 5. LTC4 generation was significantly higher in previous and current smokers than in nonsmokers in patients under age 49 years. These results show that in patients over age 60 years, cigarette smoking induces an increase in the generation of LTB4, leading to an increase in bronchial hyperresponsiveness .
抄録(別表記)
気管支喘息110例を対象に,長期間の喫煙の気道過敏性および白血球のロイコトリエンB4産生に及ぼす影響について検討した。  1.吸入抗原に対してRAST陽性を示す症例の頻度および白血球のLTB4産生は,喫煙例において非喫煙例に比べ有意に高い値を示した。  2.非喫煙例においては、その気道過敏性は49才以下の症例において50-59才,60-69才および70才以上の症例に比べ,有意に高い値を示した。しかし,喫煙例においては,年令による気道過敏性の差は見られなかった。  3.60才以上の症例では,その気道過敏性は非喫煙例に比べ,喫煙例で有意に高い値を示した。このような症例では,LTB4産生能も非喫煙例に比べ喫煙例で有意の亢進が見られた。  4.非喫煙例では,気道過敏性とLTB4産生との間に有意の相関が見 られた。以上の結果より,60才以上の症例では喫煙がLTB4産生を克進させ,その結果として気道過敏性が亢進してくることが推測された。
キーワード
cigarette smoking
asthma
LTB4 generation
LTC4 generation
bronchial hyperresponsiveness
発行日
2004-02-01
出版物タイトル
岡大三朝医療センター研究報告
出版物タイトル(別表記)
Annual reports of Misasa Medical Center, Okayama University Medical School / Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
74巻
出版者
岡山大学医学部附属病院三朝医療センター
出版者(別表記)
Okayama University Medical School / Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
開始ページ
18
終了ページ
25
ISSN
1348-1258
NCID
AA11840279
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc