著者 水川 展吉| 冨永 進| 木股 敬裕| 小野田 友男| 杉山 成史| 山近 英樹| 山田 庸介| 木村 卓爾| 竹内 哲男| 植野 高章| 高木 慎|
発行日 2008-12-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
120巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 水川 展吉| 冨永 進| 木股 敬裕| 小野田 友男| 野宮 重信| 杉山 成史| 川本 知明| 山近 英樹| 植野 高章| 高木 慎|
発行日 2008-01-04
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
119巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 高木 愼| 水川 展吉| 福永 城司| 石田 展久| 丸尾 幸憲| 完山 学| 木股 啓裕| 光嶋 勲|
発行日 2009-04-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
121巻
1号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 水川 展吉| 小野田 友男| 松本 洋| 武田 斉子| 野田 洋平| 小野田 聡| 福島 麻衣| 津村 宗近| 竹内 哲男| 杉山 成史| 木股 敬裕|
発行日 2016-12-01
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
128巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 水川 展吉|
発行日 1999-03-25
出版物タイトル
資料タイプ 学位論文
JaLCDOI 10.18926/AMO/54420
フルテキストURL 70_3_205.pdf
著者 Kozaki, Ken-ichi| Kawakami, Shigehisa| Konishi, Takayuki| Ohta, Keiji| Yano, Jitsuro| Onoda, Tomoo| Matsumoto, Hiroshi| Mizukawa, Nobuyoshi| Kimata, Yoshihiro| Nishizaki, Kazunori| Iida, Seiji| Gofuku, Akio| Abe, Masanobu| Minagi, Shogo| Okayama Dream Speech Project|
抄録 A palatal augmentation prosthesis (PAP) is used to facilitate improvement in the speech and swallowing functions of patients with tongue resection or tongue movement disorders. However, a PAPʼs effect is limited in cases where articulation disorder is severe due to wide glossectomy and/or segmental mandibulectomy. In this paper, we describe speech outcomes of a patient with an articulation disorder following glossectomy and segmental mandibulectomy. We used a palatal plate (PP) based on a PAP, along with an artificial tongue (KAT). Speech improvement was evaluated by a standardized speech intelligibility test consisting of 100 syllables. The speech intelligibility score was significantly higher when the patient wore both the PP and KAT than when he wore neither (p=0.013). The conversational intelligibility score was significantly improved with the PP and KAT than without PP and KAT (p=0.024). These results suggest that speech function can be improved in patients with hard tissue defects with segmental mandibulectomy using both a PP and a KAT. The nature of the design of the PP and that of the KAT will allow these prostheses to address a wide range of tissue defects.
キーワード palatal augmentation prosthesis artificial tongue articulation disorder glossectomy mandibulectomy
Amo Type Case Report
発行日 2016-06
出版物タイトル Acta Medica Okayama
70巻
3号
出版者 Okayama University Medical School
開始ページ 205
終了ページ 211
ISSN 0386-300X
NCID AA00508441
資料タイプ 学術雑誌論文
言語 English
著作権者 CopyrightⒸ 2016 by Okayama University Medical School
論文のバージョン publisher
査読 有り
PubMed ID 27339210
Web of Sience KeyUT 000379406100008