このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 17456
Eprint ID
17456
フルテキストURL
Thumnail 90_1157.pdf 646 KB
タイトル(別表記)
Diagnosis of heart disease using by RI angio cardiography Part Ⅲ. Cases of left to right shunts
著者
田辺 正忠 岡山大孝医学部放射線医学教室
玉井 豊理 岡山大孝医学部放射線医学教室
川瀬 悦郎 岡山大孝医学部放射線医学教室
高木 寿生 岡山大孝医学部放射線医学教室
水川 帰一郎 岡山大孝医学部放射線医学教室
森本 節夫 岡山大孝医学部放射線医学教室
橋本 啓二 岡山大孝医学部放射線医学教室
佐藤 功 岡山大孝医学部放射線医学教室
平木 祥夫 岡山大孝医学部放射線医学教室
抄録
Count ratio (C(2)/C(1)) technique for detection of left to right shunts by radionuclide was performed. Count ratio technique of ASD cases accurately detected shunts and could reliably separate from normals, but there were a few false positive in patients with ventricle septal defect. There was no correlation between C(2)/C(1) ratio and oximetry. Postoperatively, C(2)/C(1) ratios of ASD cases were resumed to normal or close to normal but some cases of VSD were not returned to normal.
発行日
1978-10-30
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
90巻
9-10号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
1157
終了ページ
1163
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/90/9-10/90_9-10_1157/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/index.html
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma