このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14484
Eprint ID
14484
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Animal Experiment on Functional Features of Eggs Stated to be Hypoallergenic for People with Food Allergies
著者
長門 久美子 応用動物科学コース
阿部 浅樹 応用動物科学コース
楢原 清顕 応用動物科学コース
近藤 康博 応用動物科学コース
抄録
Functional features concerned with low proallergic natures were examined using an allergy-inducible rat strain (Brown Norway rat; BN rat) on hen's eggs which have been empirically mentioned as hypoallergenic for patients suffering from food allergies (experimental eggs). BN rats were fed on feed containing whole experimental eggs (feed E) and whole normal eggs (control feed, feed C). The densities of immunoglobulin E (IgE)-positive cells, have reported to be IgE-bearing mast cells, in the jejunum and ileum of BN rats fed on experimental-egg-containing feed were lower than those of BN rats fed on normal-egg-containing feed. The number of blood eosinophils was also lower in BN rats fed on feed E. Serum IgE levels were no different between BN rats fed on feed E and feed C. These results indicate that the low proallergic nature of hen's eggs studied in the present study is due to the dereased ability of experimental eggs to facilitate the proliferation and induction of mast cells in the intestinal tissue.
抄録(別表記)
食物アレルギーを持つ消費者の経験に基づいて低アレルギー誘発性であることが言及されている鶏卵について,低アレルギー誘発性の有無と科学的な根拠を明らかにするために動物を用いた実験をおこなった.実験にはアレルギーを発症することが知られているラットの系統であるBrown Norway rat(BNラット)を用い,この鶏卵を混ぜ込んだ飼料で飼育した.対照として,市販の鶏卵(普通卵)で同様に飼育した.試験卵で飼育したBNラットでは,空腸と回腸組織のIgE陽性細胞の密度は普通卵で飼育した場合に比較して大きく低下した.組織中のIgE陽性細胞の大部分は肥満細胞であることが知られていることから試験卵群における小腸組織の肥満細胞密度は低下した.さらに,血中の好酸球数は同様に試験卵による飼育で低下した.一方,血清のIgE濃度には摂取させた卵による違いは認められなかった.以上の結果は,試験卵を摂取した場合,通常の卵の摂取に比較して即時型アレルギー症状の発生に直接的に関与する肥満細胞と好酸球の誘導や増殖が促進されにくいと考えられ,このことが,試験卵がアレルギーを引き起こしにくい一因であると推察される.
キーワード
egg
food allergy
IgE
mast cells
発行日
2009-02
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
98巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture, Okayama University
開始ページ
31
終了ページ
37
ISSN
0474-0254 
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa