このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 13971
Eprint ID
13971
フルテキストURL
Thumnail 120_299.pdf 19.6 MB
タイトル(別表記)
The collaborative role of oral surgery with plastic as well as head & neck surgery in head and neck cancers : Preoperative plate-bending method in cases with mandibular reconstruction using plaster 3D models
著者
水川 展吉 岡山大学医学部・歯学部附属病院 口腔外科再建系
冨永 進 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 耳鼻咽喉・頭頸部外科学
木股 敬裕 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 形成再建外科学 科研費研究者番号
小野田 友男 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 耳鼻咽喉・頭頸部外科学
杉山 成史 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 形成再建外科学
山近 英樹 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 顎口腔再建外科学
山田 庸介 岡山大学医学部・歯学部附属病院 口腔外科病態系
木村 卓爾 岡山大学医学部・歯学部附属病院 口腔外科病態系
竹内 哲男 岡山大学医学部・歯学部附属病院 医療技術部歯科系部門技工室
植野 高章 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 顎口腔再建外科学
高木 慎 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 顎口腔再建外科学
抄録
The collaboration of various medical teams is crucial for the appropriate treatment of cancer patients. However, in Japan, it is very difficult for oral surgeons to cooperate with head and neck surgeons due to conflicts in the treatment of those patients. There have been few studies on this subject. In the current work, we report on the collaboration of head and neck surgeons, plastic surgeons and oral surgeons in operations on two patients with gingival carcinomas in the mandible. We first prepared plaster 3D models of the patients'mouths by means of ink-jet from CT data. We pre-bent the reconstruction plates using the preoperative 3D models. Therefore, we could save the time required to bend the plate. Plaster models are cheaper than resin models. It is also easy to model the surgery using the plate. During the operation, head and neck surgeons resected the tumors, plastic surgeons performed reconstruction with vascularized bone or skin graft, and oral surgeons (dentists) did plate fixation and took charge of the patients'occlusion. This method resulted in patients having good occlusion after the operation.
キーワード
チーム医療 (medical team approach)
頭頸部癌 (head and neck carcinoma)
3D石膏モデル (plaster 3D model)
インクジェット法 (ink-jet method)
下顎再建 (mandibular reconstruction)
備考
症例報告
発行日
2008-12-01
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
120巻
3号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
299
終了ページ
305
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/index.html
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI
Eprints Journal Name
joma