このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 13221
Eprint ID
13221
フルテキストURL
Thumnail 119_267.pdf 624 KB
タイトル(別表記)
A collaborative approach to head and neck carcinoma for oral surgeons, head and neck surgeons, and plastic surgeons: The role of oral surgeons in two cases
著者
水川 展吉 岡山大学医学部・歯学部附属病院 口腔外科再建系
冨永 進 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 耳鼻咽喉・頭頸部外科学
木股 敬裕 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 形成再建外科学
小野田 友男 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 耳鼻咽喉・頭頸部外科学
野宮 重信 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 耳鼻咽喉・頭頸部外科学
杉山 成史 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 形成再建外科学
川本 知明 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 歯顎口腔機能再建外科学
山近 英樹 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 歯顎口腔機能再建外科学
植野 高章 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 歯顎口腔機能再建外科学
高木 慎 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 歯顎口腔機能再建外科学
抄録
There is a medical team approach used in many hospitals for oral cancer patients. The members are head & neck surgeons and plastic surgeons, or oral surgeons and plastic surgeons. However, in Japan, it is very difficult for oral surgeons to cooperate with head & neck surgeons, except in the case of extractions and oral health care, because both surgeons treat oral carcinomas and there is therefore a conflict in their scope of practice. We believe it desirable for head & neck surgeons to treat oral cancer patients with tumors extending to other regions, and oral surgeons should be in charge of occlusion in head and neck carcinomas. We treated two patients with oral carcinomas in collaboration with head and neck surgeons and plastic surgeons, with head & neck surgeons resecting the tumors, plastic surgeons reconstructing, and oral surgeons (dentists) taking charge of the occlusion for patients in the operating room. This collaboration resulted in patients having good position of the temporomandibular joint and occlusions after the operation. We therefore conclude that this collaborative team approach may be of benefit to the patients.
キーワード
チーム医療 (medical team approach)
頭頸部癌 (head and neck carcinoma)
備考
症例報告
発行日
2008-01-04
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
119巻
3号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
267
終了ページ
272
ISSN
00301558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI
Eprints Journal Name
joma