このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14994
Eprint ID
14994
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Three cases of rheumatoid arthritis with biliary tract cancer
著者
岩垣 尚史 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
柘野 浩史 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
御舩 尚志 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
光延 文裕 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
保崎 泰弘 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
芦田 耕三 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
岡本 誠 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
抄録
一般的に,慢性関節リウマチには悪性腫瘍の合併は少ないと言われている。特に,消化器系あるいは胆道系悪性腫瘍を合併したという報告は極めて少ない。我々は慢性関節リウマチの経過中,胆道系悪性腫瘍を合併した3例を経験した。3症例はそれぞれ胆嚢癌,肝内胆管癌,乳頭部癌を合併していた。非常に稀な症例であり,文献的考案を含め報告する。
抄録(別表記)
The relationships between rheumatoid arthritis and malignant disease have been a focus of controversy for many years. Many studies of patients with rheumatoid arthritis have found no increases in overall cancer rates. Although significant elevations in rates of lymphoma, myeloma and malignant disease in patients treated with immunosuppressive drugs have been reported, it has been considered that gastrointestinal and biliary tract cancer in patients with rheumatoid arthritis is rare. We recently experienced three cases of rheumatoid arthritis with biliary tract cancer. They were gall bladder, cancer, bile duct cancer and cancer of papilla of Vater. Patients with rheumatoid arthritis should be carefully monitored for malignant disease.
キーワード
慢性関節リウマチ (rheumatoid arthritis)
胆道系悪性腫瘍 (biliary tract cancer)
胆嚢癌 (gall bladder cancer)
胆管癌 (bile duct cancer)
乳頭部癌 (cancer of papilla of Vater)
発行日
1997-12
出版物タイトル
岡大三朝分院研究報告
出版物タイトル(別表記)
Annual Reports of Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
68巻
出版者
岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
開始ページ
107
終了ページ
114
ISSN
0918-7839
NCID
AN10430852
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc