JaLCDOI 10.18926/11401
タイトル(別表記) Handicraft Education as Technical Education
フルテキストURL 005_119_129.pdf
著者 松本 達郎| 有吉 英樹|
抄録 図画工作科は、戦前まで図画科と手工科が戦後の教育改革より一つの教科に統合されたものである。手工科は普通教育における技術教育を追究してきたが、図画工作化になって以降の工作領域の内容は、美術に偏ったものとなり、技術の基礎が軽視されているとの批判が技術教育を進める立場からなされている。現在の図画工作科の教科書内容も、そのような傾向が一層進んでいる。図画工作科の工作領域は、児童が身の回りのものにはたらきかけ、世界を読み解いていくときの技術的基礎を育てるものでなくてはならないと考える。そこで図画工作科の前身である手工科が積み上げてきた成果に学ぶとともに、自然環境の豊かな小学校における工作教育として適切であると考える「手仕事のカリキュラム」を構成し、実践した内容を検討し考察する。
抄録(別表記) Under the post-war education reforms, the pre-war subjects of 'drawing' and 'handicraft' were combined into a new subject called 'craft'. Handicraft, as technical education in the regular curriculum, has been thoroughly investigated. However, since it came to be part of 'craft', the contents of the subject handicraft have tended to fall within the fine arts category. This neglect of its technical roots has led to criticism from those writing from a technical education background. The contents of contemporary 'craft' textbooks too have shown an even greater tendency to make light of handicraft's technical roots. It is thought that the technical element of craft should help kids learn the technical foundations in which pupils work upon objects around them and interpret the world. As the forerunner of what is known today as 'craft', handicraft has a long history. Drawing on the accumulated fruits of this history, this paper constructs and considers the contents of a practical 'hands on curriculum' as appropriate for 'handicraft education' in a rich elementary school's natural environment.
キーワード 図画工作科 (Craft) 手工科 (Handicraft) 工作教育 (Handicraft Education) 技術教育 (Technical Education) 生活 (life)
出版物タイトル 岡山大学教育実践総合センター紀要
発行日 2005
5巻
1号
開始ページ 119
終了ページ 129
ISSN 1346-3705
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313439