このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 784
Eprint ID
784
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Vegetative Propagation of Yakon by Shoot Apex, Node and Callus Cultures
著者
松原 幸子 岡山大学
大森 誉一 神戸女子大学バイオテクノロジー研究センター
高田 裕子 神戸女子大学バイオテクノロジー研究センター
小正富 知美 神戸女子大学バイオテクノロジー研究センター
深沢 広祐 神戸女子大学
抄録
ヤーコンの無病苗の増殖のために,茎頂培養,節培養,カルス培養を試みた.茎頂培養は,0.01mg/l NAAとBAを添加したMS培地に0.3~0.5mmの茎頂を植え付けて約1か月間培養することにより,植物体となった.これはバーミキュライトで順化することが可能であった. 節培養は,葉を切り捨てた無菌植物の節を0.01mg/l NAA及びBA添加又は無添加のMS又はハイポネックス培地に植え付けることにより,節当たり約2苗条得ることができ,そのままの培地で培養することにより発根した.基部側の下半分の節からの苗条の生育が非常に良く,MS,ハイポネックスいずれの培地でもホルモン無添加培地でよく生育した. カルス培養は,供試材料として無菌植物の葉,茎,根を比較したところ茎で一番大きなカルスができたが,培地によっては再現性にかける.茎のみならず葉でも根でも0.lmg/l 2,4-DとBAを添加したMS培地で大きなカルスが出来た. 茎頂培養で形成された植物の茎頂を,0.1mg/l 2,4-Dと1mg/l BAを添加した培地に移植してカルスを形成させ,さらに0.1mg/l BA添加培地に移植したところ,低率ながら不定胚が形成された.これは植物体にまで生長した。
発行日
1990
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
76巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture, Okayama University
開始ページ
1
終了ページ
6
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa