このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 780
Eprint ID
780
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Growth and Sugar Contents of 2,4-D-induced Parthenocarpic Melon Fruits, cv. ‘Earl's Favorite
著者
長尾 博文 岡山大学
松原 幸子 岡山大学
抄録
ネット型メロン‘アールスフェボリット’の単為結果誘導ならびに果実の肥大と糖蓄積に及ぼす植物ホルモンの効果について検討した.開花時に花柱を切除し,その切口に合成オーキシンの2,4-D,NAA,CPAを処理した.単為結果誘導には100mg/lの2,4-Dが最も効果が高く,かつ果実の肥大も交配果のそれに近い様相を呈した.しかし,成熟果実のBrix値や糖含有率は交配果に比べて低く,ネット密度は粗く貫入抵抗は大きくなった. 一方,花柱を切除せず柱頭に2,4-Dを10μl処理すると,果実にはネット密度の粗さやBrix値の低下が見られず,交配果のそれに極めて近いものとなった.この場合,2,4-D処理果の有胚種子率は約30%,交配果のそれは85%で,有胚種子の多少が必ずしもBrix値や糖含有率に影響を及ぼすものではないと考えられた。
発行日
1990
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
75巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture, Okayama University
開始ページ
15
終了ページ
21
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa