JaLCDOI 10.18926/15109
タイトル(別表記) A case of multiple pancreatic cysts with K-ras point mutation in pure pancreatic juice
フルテキストURL 067_121_125.pdf
著者 山本 良一| 越智 浩二| 松村 直樹| 田中 淳太郎| 加藤 匡宏| 水島 孝明| Chowdhury Riaz| 原田 英雄| 蓮岡 英明| 横田 聡| 谷崎 勝朗|
抄録 膵癌の早期診断を行うために,最近の進歩の著しい遺伝子診断を用いて,膵液中のK-ras遺伝子の点突然変異の検討がなされている。われわれは膵液の細胞診は陰性であるが,K-ras遺伝子の点突然変異を認め,膵全体に多発する膵嚢胞の1例を経験した。本例は悪性であるとの確診が得られないことや切除するとなれば膵全摘となることなどのために,経過観察を行っているが,18カ月後の現在,嚢胞の増大など認めていない。膵癌の遺伝子診断の文献的考察を含め,報告する。
抄録(別表記) Pancreatic cancer is the one of the leading causes of death among cancer deaths and the early diagnosis is one of the main topics of pancreatic research. Mutation of K-ras oncogene at codon 12 has been reported in pancreatic adenoma, hyperplasia of the pancreatic duct, and also in pancreatic cancer, Recently, detection of K-ras point mutation in pure pancreatic juice is underinvestigation as a potential tool of early diagnosis of pancreatic cancer by setting a certain cut-off value. We recently experienced a case of multiple pancreatic cysts without any malignant cells in pancreatic juice, but with a positve point mutation of K-ras oncogene. Operation was deferred after obtaining informed consent from the family, because the lesions were so multiple and extensive as to require total pancreatectomy. Eighteen months follow-up studies did not reveal any deterioration in imaging tests as well as clinical picture.
キーワード 膵嚢胞 (pancreatic cyst) 膵液 (pancreatic juice) K-ras遺伝子 (K-ras oncogene) 点突然変異 (point mutation) 細胞診 (cytology)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1996-11
67巻
開始ページ 121
終了ページ 125
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307457
JaLCDOI 10.18926/15095
タイトル(別表記) Mechanisms of pancreatic fibrosis
フルテキストURL 067_115_120.pdf
著者 越智 浩二| Chowdhury, Riaz| 一村 光子| 松村 直樹| 田中 淳太郎| 水島 孝明| 山本 良一| 原田 英雄| 横田 聡| 光延 文裕| 保崎 泰弘| 谷崎 勝朗|
抄録 膵の線維化は慢性膵炎に特徴的な病理組織所見の一つであるが,その発生機序については不明な点か多い。慢性膵炎はいったん発症すれば,進行性かつ非可逆性であるとされるが,その非可逆性に膵の線維化が関与するとされる。膵の線維化の発生機序を明らかにし,線維化に対する根本的な治療法の確立が望まれるところである。そこで,本稿では今後の膵の線維化の研究課題を明らかにする目的で,現在までの膵臓線維化の発生機序に関する知見を整理した。
抄録(別表記) Pancreatic fibrosis is an outstanding morphological feature in chronic pancreatis although it is seen in pancreatic cancer and convalescent stage of acute pancreatitis. Progressive fibrosis in chronic pancreatitis leads to the destruction and contributes to irreversiblity of chronic pancreatitis. Exact mechanisms of pancreatic fibrosis is not yet unclear, although advances in molecular biology have revealed possible roles of cytokines and growth factors in it. We summarized our understanding of pancreatic fibrosis in the revIew.
キーワード 膵臓 (pancreas) 線維化 (fibrosis) サイトカイン (cytokine) 慢性膵炎 (chronic pancreatitis)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1996-11
67巻
開始ページ 115
終了ページ 120
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307876
JaLCDOI 10.18926/15090
タイトル(別表記) Gastro-biliary motility in patients with non-ulcer dyspepsia
フルテキストURL 067_075_078.pdf
著者 水島 孝明| 山本 良一| 松村 直樹| Chowdhury, Riaz| 加藤 匡宏| 越智 浩二| 田中 淳太郎| 原田 英雄| 横田 聡| 光延 文裕| 御舩 尚志| 谷崎 勝朗|
抄録 現在,上腹部不定愁訴の原因は特定されていない。その原因を解明するため,上腹部不定愁訴患者8人と健常対照者10人に対して液体食の胃排出能と,食事負荷による胆嚢収縮能を測定した。胃排出時間,胆嚢収縮能はいずれも両者に有意な差は認められなかった。健常対照者では胃排出時間と胆嚢収縮時間に有意な相関関係が認められたが,上腹部不定愁訴群では相関関係は認められなかった。上腹部不定愁訴の原因として胃・胆嚢協調運動障害の存在が示唆 された。
抄録(別表記) Subjective symptoms are quite similar between cystic duct syndrome (CDS) and non-ulcer dyspepsia (NUD) : epigastralgia, hypochondralgia and vague complaints in the upper part of the abdomen. Recently, there has been several reports suggesting that the cause of these disorders is postprandial dysmotility in the gallbladder and stomach. However, there has been no report suggesting incoordination of postprandial gastrobilialy motility as the cause of tha above mentioned complaints in these disorders. The aim of this study was to define the difference of postprandial gastrobiliary motility between patients with NUD and controls. Eight patients with NUD and 10 controls were studied. Gastric emptying time of liquid meal and gallbladder contraction were measured, simultaneously. There was no significant difference between study patients and controls when gastric emptying time and gallbladder contraction rate were compared in isolation. However, when these two parameters were assessed in combination, gastric emptying time was linearly correlated with minimum ballbladder contraction time in controls but not in patients. We conclude that the incoordination between gastric emptying and minimal gallbladder contraction may be one of the major causes of the symptoms in NUD.
キーワード 胃運動 (Gastric motility) 胆嚢運動 (Biliary motility) 不定愁訴 (indefinite complaint)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1996-11
67巻
開始ページ 75
終了ページ 78
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308012
JaLCDOI 10.18926/15089
タイトル(別表記) Usefulness of retinol binding protein as a marker for the assessment of nutritional uptake for the preparation of colonosocpy
フルテキストURL 067_071_074.pdf
著者 加藤 匡宏| 蓮岡 英明| 越智 浩二| 水島 孝明| Chowdhury Riaz| 松村 直樹| 山本 良一| 田中 淳太郎| 原田 英雄| 穐山 恒雄| 横田 聡| 光延 文裕| 谷崎 勝朗|
抄録 大腸内視鏡検査の前処置を栄養面から評価する目的で前処置前後にrapid turnover proteinである血中レチノール結合蛋白の変動を検討した。前日に普通食を用い,当日ニフレックを使用した10例,検査1日前に低残渣食を用いた27例,通常の前処置では良好な腸管洗浄が得られないために検査前2日間低残渣食を用いた27例の3群について,前処置開始前と検査終了後に血中レチノール結合蛋白の変動をみたところ,検査前2日間低残渣食服用群で有意の低下を認めた。前日普通食群では検査前後で変化を認めず,1日低残渣食服用群では低下傾向を認めたが,有意差は認めなかった。これまで前処置の成否は腸管洗浄度の面で評価されてきたが,血中レチノール結合蛋白を目標として用いることにより栄養面から評価することができることが考えられた。
抄録(別表記) The objective of this study was to evaluate the usefulness of retinol binding protein (RBP), one of rapid turnover proteins, for the assessment of nutritional aspect of the preparation for colonoscopy. Blood samples were drawed before the preparation and after the colonoscopic examination and serum RBP was determined by laser nephrometory. Group A consisted of 10 patients who were administered intestinal lavage solution (Niflec) without no low residual diet. Group B consisted of 27 patients who were adminstered low residual diet for 1 day. Group C consisted of 27 patients who were administered low residual diet for the two consecutive days before colonosocopic examination with intestinal lavage solution and magnesium citrate because sufficient cleanup of intestine were not expected by using the ordinary preparations. The values of serum RBP significantly decreased in group C after the preparation although no significant changes were observed in group A and Group B. We emphasized in estimating the preparation for the colonoscopy assessment of nutrition using serum RBP was needed as well as colonic cleaning.
キーワード レチノール結合蛋白 (retinol binding protein) 大腸内視鏡 (colonoscopy) 前処置 (preparation) 栄養評価 (nutritional assessment)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1996-11
67巻
開始ページ 71
終了ページ 74
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307681
JaLCDOI 10.18926/14992
タイトル(別表記) Endoscopic aspiration of pure pancreatic juice is useful in diagnosis and treatment of chronic pancreatitis.
フルテキストURL 068_094_098.pdf
著者 越智 浩二| 松村 直樹| 加藤 匡宏| 水島 孝明| 一村 光子| 原田 英雄| 谷崎 勝朗| 光延 文裕| 蓮岡 英明| 鶴見 哲也|
抄録 内視鏡的純粋膵液採取法の慢性膵炎診療における意義を検討した。本法を用い,セクレパン100単位静注後10分間膵液を採取するintaraductal secretin test(IDST,膵管内セクレチン試験)はこれまで膵外分泌機能検査のgold standardである十二指腸液を採取するセクレチン試験に代用ができ,しかも10分間の採取時間で終了する利点を有する。本法を施行することにより,蛋白栓が除去され,痔痛の消失に有用である。また,慢性膵炎と鑑別を要する膵癌を除外診断するために,本法によって採取した膵液の細胞診,腫瘍マーカー,癌遺伝子の検出は有用である。
抄録(別表記) Endoscopical aspiration of pure pancreatic juice is useful in following aspects. Firstly, intraductal secretin test by using this method can be substituted for duodenal secretin test, which is a gold standard examination for estimation of exocrine pancreatic function. In addition, endoscopic aspiration of protein pluge eliminates abdominal pain of some painful patients with chronic pancreatitis. Cytological examination, determination of tumor marker, and detection of oncogene in the obtained pancreatic juice are complementary diagnostic approach to pancreatic cancer, which must be differentially diagnosed from chronic pancreatitis.
キーワード 慢性膵炎 (chronic pancreatitis) 膵液 (pancreatic juice) 内視鏡 (endoscopy) 膵外分泌機能検査 (exocrine pancreatic function test)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1997-12
68巻
開始ページ 94
終了ページ 98
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308491
JaLCDOI 10.18926/14989
タイトル(別表記) A case of eosinophilic gastroenteritis with stenosis in the colon
フルテキストURL 068_064_070.pdf
著者 水島 孝明| 越智 浩二| 松村 直樹| 加藤 匡宏| 妹尾 敏伸| 原田 英雄| 御舩 尚志| 光延 文裕| 谷崎 勝朗|
抄録 大腸に全周性狭窄をきたした好酸球性胃腸炎の1例を報告した。症例は54才の女性で,腹痛と下痢を主訴に来院した。上部消化管検査では異常を認めなかったが,下部消化管造影検査と大腸内視鏡検査で横行結腸の全周性狭窄を認め,生検にて大腸粘膜の好酸球浸潤を認めた。貝料理の摂取にて腹痛発作が出現したが,原因抗原は同定できなかった。貝類の摂取を避けることにより,症状は消失し,末梢血液中の好酸球増多は消失した。本邦ではこれまでに124例 の報告があるが,大腸に全周性の狭窄をきたす症例は稀であり,文献的考察を加え報告する。
抄録(別表記) We report a case of eosinophilic gastroenteritis with a stenosis in the transverse colon. A patient, 54 year-old-woman, presented to our clinic with abdominal pain and diarrhea. Esophagogastric endoscopy and biopsy were normal. Contrast barium enema examination and colonic endoscopy showed a stenotic segment in the transverce colon. Biopsy specimens obteind from the stenotic segment revealed moderate eosinophilic infiltration in the colonic mucosa. Oral intake of sea shells exacerbated her symptoms. Avoiding sea shells has resulted in the disappearance of symptoms and peripheral blood eosinophilia. The present case was discussed in comparison with the 124 cases heretofore reported in Japan.
キーワード 好酸球性胃腸炎 (eosinophilic gastroenteropathy) 大腸 (colon) 狭窄 (stenosis)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1997-12
68巻
開始ページ 64
終了ページ 70
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308243
JaLCDOI 10.18926/14988
タイトル(別表記) 慢性膵炎患者の全消化管通過に関する研究
フルテキストURL 068_059_063.pdf
著者 水島 孝明| 越智 浩二| 松村 直樹| 妹尾 敏伸| 原田 英雄| 御舩 尚志| 光延 文裕| 谷崎 勝朗|
抄録 Abnormalities of whole gut transit could contribute to the maldigestion and digestive symptoms of chronic pancreatitis patients. Whole gut transit was measured by radiopaque markers method. Fifteen chronic pancreatitis patients (2 females, 13 males; age range 40-78 years) and 17 controls (4 females, 13 males, 32-73 years) were studied. Additionally, we also looked for evidence of autonomic neuropathy in the chronic pancreatitis patients by using cardiovascular tests. In chronic pancreatitis, whole gut transit was shorter than controls. These abnormalities were not influenced by the degree of autonomic neuropathy. We conclude that whole gut transit is shorter in chronic pancreatitis patients.
抄録(別表記) 慢性膵炎の患者の自覚症状や消化不良には消化管の通過異常が関与している可能性がある。慢性膵炎患者15例と対象群17例で全消化管通過を測定した。さらに慢性膵炎患者は自律神経機能について評価した。全消化管通過は慢性膵炎患者は対象群より早いことが示された。しかしその機序として推定された自律神経機能異常の有無では全消化管通過に差は認められず,慢性膵炎の消化管機能異常の原因は自律神経異常ではないと推定された。
キーワード 慢性膵炎 (Chronic pancreatitis) 全消化管通過 (Whole gut transit)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1997-12
68巻
開始ページ 59
終了ページ 63
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308490
JaLCDOI 10.18926/14965
タイトル(別表記) 膵癌における癌遺伝子および癌抑制遺伝子
フルテキストURL 069_082_087.pdf
著者 越智 浩二| 松村 直樹| 一村 光子| 水島 孝明| 原田 英雄| 蓮岡 英明| 横山 元浩| 鶴見 哲也| 光延 文裕| 谷崎 勝朗|
抄録 Recent advances in molecular biology have revealed that a number of oncogenes (K-ras, erbB-2, and Met) and tumor suppressor genes (p53, p16, APC, and DCC) contribute to the development of pancreatic cancer. This paper reviewed the present knowledge of oncogenes and tumor suppressor genes relevant to pancreatic cancer. Further studies on molecular alterations in pancreatic cancer may lead to a better understanding of tumor biology, offering a possibility of development of new diagnostic and therapeutic approaches in the future.
抄録(別表記) 膵癌の予後は惨憺たるものである。一方で,最近の分子生物学の分野での研究の進歩により,遺伝子レベルでの異常が膵癌では数多く存在することも明らかになってきた。膵癌の予後を改善するために,発展が期待される膵癌における遺伝子診断や遺伝子治療に向けて現在までの膵癌で明らかになった癌遺伝子(k-ras,erbB-2,Met),癌抑制遺伝子(p53,p16,APC,DDC)について,概説した。
キーワード Pancreatic cancer oncogene tumor suppressor gene genetic mutation
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1998-12
69巻
開始ページ 82
終了ページ 87
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308547
JaLCDOI 10.18926/14943
タイトル(別表記) Interferon and pancreatitis
フルテキストURL 070_084_087.pdf
著者 越智 浩二| 松村 直樹| 水島 孝明| 蓮岡 英明| 光延 文裕| 谷崎 勝朗|
抄録 インターフェロンは慢性肝炎や悪性腫瘍の治療など,広く臨床の場に用いられるようになった。その副作用の一つとして,膵炎があり,その多くは急性膵炎である,慢性膵炎の報告もあり,膵炎はインターフェロンを用いる場合に知っておくべき副作用である。そこで,膵炎とインターフェロンの関係について現在までに知られている知見について概説する。
抄録(別表記) Pancreatitis is known to be one of the adverse effects of interferon, which has been widely used for treatment of chronic hepatitis and malignant diseases. In this paper, we reviewed pancreatitis as adverse effects of interferon and effect of interferon on the pancreas.
キーワード インターフェロン (interferon) 急性膵炎 (acute pancreatitis) 慢性膵炎 (chronic pancreatitis)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1999-12
70巻
開始ページ 84
終了ページ 87
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308150
JaLCDOI 10.18926/14942
タイトル(別表記) 臨床的および実験的側面からみた慢性膵炎とフリーラジカル
フルテキストURL 070_079_083.pdf
著者 越智 浩二| 松村 直樹| 水島 孝明| 光延 文裕| 谷崎 勝朗|
抄録 Free radicals have been suspected to play an important role in the pathogenicity of chronic pancreatitis. We reviewed studies on free radicals in chronic pancreatitis in both c1inical and experimental aspects. Many clinical studies have provided circumstantial evidence for the close relation between free radicals and chronic pancreatitis. However, few experimental studies in animals on relation between free radicals and chronic pancreatitis have been reported, because adequate experimental models for elucidating a pathological role of free radicals in chronic pancreatitis have not been established. The research concerning the role of free radicals in chronic pancreatitis is expected to improve our understanding the pathological mechanisms of the disease.
抄録(別表記) 慢性肺炎の発症機序は不明な点が多いが、フリーラジカルがそれに関与することが示唆する報告も多い。しかし,その直接的な証明はなされていない。慢性膵炎の病態にフリーラジカルがどのように関与するかを理解することは慢性膵炎の発症機序の解明の一助になると考え,臨床的および実験的側面から慢性膵炎とフリーラジカルの関係を概説した。
キーワード 慢性膵炎 (chronic pancreatitis) フリーラジカル (free radicals)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1999-12
70巻
開始ページ 79
終了ページ 83
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308147