著者 岩垣 博巳| 日伝 晶夫| 松原 長秀| 椎木 滋雄| 浜田 史洋| 合地 明| 上川 康明| 折田 薫三| 淵本 定儀| 溝淵 光一|
発行日 1991-10
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
103巻
9-10号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 岩垣 博巳| 日伝 晶夫| 浜田 史洋| 椎木 滋雄| 松原 長秀| 赤在 義浩| 須崎 紀一| 渡辺 哲也| 野中 泰幸| 木村 臣一| 淵本 定儀| 折田 薫三|
発行日 1991-08
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
103巻
7-8号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 松原 長秀| 淵本 定儀| 岩垣 博巳| 大倉 充博| 赤在 義浩| 渡辺 哲也| 須崎 紀一| 山下 博士| 浜田 史洋| 合地 明| 日伝 晶夫| 折田 薫三|
発行日 1991-08
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
103巻
7-8号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 岩垣 博巳| 淵本 定儀| 浜田 史洋| 椎木 滋雄| 安井 義政| 松原 長秀| 赤在 義浩| 渡辺 哲也| 合地 明| 日伝 晶夫| 上川 康明| 折田 薫三|
発行日 1991-08
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
103巻
7-8号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 黒田 宗明| 岩垣 博巳| 松原 長秀| 木村 臣一| 野中 泰幸| 根津 真司| 吉永 昌雄| 軸原 温| 日伝 晶夫| 折田 薫三|
発行日 1993-02-27
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
105巻
1-2号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 守本 芳典| 岩垣 博己| 森下 紀夫| 中川 仁志| 松原 長秀| 磯崎 博司| 加地 英輔| 岡田 裕之| 水野 元夫| 白鳥 康史| 田中 紀章|
発行日 2005-09-30
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
115巻
2号
資料タイプ 学術雑誌論文
タイトル(別表記) Two cases of acute pulmonary embolism after esophageal cancer operation
フルテキストURL 118_41.pdf
著者 金澤 卓| 渡辺 信之| 猶本 良夫| 小林 正彦| 白川 靖博| 山辻 知樹| 小林 直哉| 藤原 俊義| 松原 長秀| 岩垣 博巳| 松岡 順治| 田中 紀章|
抄録 We encountered two cases of pulmonary embolism (PE)/venous thrombs (DVT) after surgery for esophageal cancer. The first case was a 58-year-old male. He underwent a subtotal esophagectomy and reconstruction using the stomach via the subcutaneus route. His postoperative course was stable; however, 13 days after the operation、 he had an elevated fever and pulmonary thrombi were observed on CT-scan screening. Scintigraphy confirmed the thrombi. An inferior vena cava filter (IVCF) was inserted and anti-coagulation therapy using heparin was started. His fever subsided, and 35 days after the operation, the thrombi disappeared. He was discharged thereafter and is being followed up using warfarin. The second case was a 74-year-old male. He also underwent subtotal esophagectomy and reconstruction using the stomach via the subcutaneus route. A central line was inserted via right femoral vein; however, the artery was injured and pressurization to the vessel was needed. His post-operative course was stable and symptom-free; however, ultrasound screening detected DVT in his right femoral vein. IVCF was mserted and anti-coagulation therapy was begun, thrombi disappeared 8 days after the therapy.
キーワード 食道癌 (esophageal cancer) 肺塞栓症 (pulmonary embolism) 深部静脈血栓症 (deep venous thrombs)
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
発行日 2006-05-01
118巻
1号
開始ページ 41
終了ページ 45
ISSN 0030-1558
言語 Japanese
著作権者 Copyright© 岡山医学会
論文のバージョン publisher
DOI 10.4044/joma1947.118.1_41
NAID 10017417131
著者 石井 龍宏| 村上 純| 能登原 憲司| 笹本 博美| 神原 健| 白川 靖博| 猶本 良夫| 大内田 守| 清水 憲二| Jeremy, R. Jass| 松原 長秀| 田中 紀章|
発行日 2007-09-03
出版物タイトル 岡山医学会雑誌
119巻
2号
資料タイプ 学術雑誌論文