このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 19933
Eprint ID
19933
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Determination of total carbonate-carbon in river water by ion chromatography with photometric detection
著者
弘中 孝志 岡山大学
大島 光子 岡山大学
本水 昌二 岡山大学
抄録
吸光光度検出器を用いたイオンクロマトグラフィーによる,河川水中の総炭酸(炭酸,炭酸水素イオン及び炭酸イオンの合量)の定量法が検討された.吸収を示す溶離イオンとしては,トリメリット酸イオン(1,2,4-ベンゼントリカルボン酸イオン)を用い,陰イオン交換カラム(TSK gel IC-Anion-PW, 4.6mm i.d.×50mm)を用いた.試料中のカルシウム,マグネシウムイオンは,溶離イオンのカルボン酸イオンと反応し,総炭酸の定量に影響を与える.この妨害は,Na型に変えたイオン交換型試料前処理カートリッジカラム(Toyopak IC-SPM)に試料を通すことにより完全に除くことができた.試料中の陰イオンにより,追い出されてきたトリメリテートイオンの吸収は炭酸水素イオンのピークに影響を与え,負の誤差を生じる.この誤差は,試料中に共存する陰イオンのピークの面積の和を用いることにより補正可能であることが分かった.河川水中の総炭酸の定量を行ったところ,FIAにより得られた値と良く一致した.
抄録(別表記)
Determination of total carbonate-carbon in river water was achieved by ion chromatography with an ultraviolet photometric detector and an anion exchange column(TSK gel IC-Anion PW, 4.6 mm i.d.×50 mm). Trimellitate (1,2,4-benzenetricarboxylate, 4×10(-4) M) solution(pH 7.5) was used as an eluent. Ten microliters of sample solution was injected and decrease in absorbance of the trimellitate eluent at 270 nm was detected. Calcium and magnesium ions interfere with the determination of total carbonate-carbon. These could be removed completely by passing the sample solution through a cation exchange-type pretreatment cartridge column (sodium type). The expelled trimellitate ion from the column by anions (chloride, sulfate and nitrate ions) in sample solution decreased the peak height of hydrogen carbonate ion. This interference could be corrected by using the summation of peak areas of coexisting anions. By the proposed method, total carbonate-carbon in river water was determined. For total carbonate-carbon, the results were in good agreement with the values obtained by FIA.
キーワード
indirect photometric ion chromatography
hydrogen carbonate ion in river water
elution with 1, 2
発行日
1987-08-05
出版物タイトル
分析化学
出版物タイトル(別表記)
Bunseki Kagaku
36巻
8号
出版者
日本分析化学会
出版者(別表記)
The Japan Society for Analytical Chemistry
開始ページ
503
終了ページ
507
ISSN
0525-1931
NCID
AN00222633
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
http://www.journalarchive.jst.go.jp/japanese/jnlabstract_ja.php?cdjournal=bunsekikagaku1952&cdvol=36&noissue=8&startpage=503http://www.journalarchive.jst.go.jp/japanese/jnlabstract_ja.php?cdjournal=bunsekikagaku1952&cdvol=36&noissue=8&startpage=503
言語
Japanese
著作権者
The Japan Society for Analytical Chemistry
論文のバージョン
publisher
査読
有り