このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 46420
フルテキストURL
Thumnail 41_317.pdf 555 KB
タイトル(別表記)
Über die Nabelhöhe
著者
本多 稔 倉敷中央病院物療科
抄録
Der Verfasser hat durch die röntgenologischen Uutersushung den Nabel als das wichtige Merkmal für die Lage der Baucheingeweide nachgewiesen.
備考
原著
発行日
1929-02-28
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
41巻
2号
出版者
岡山医学会
開始ページ
317
終了ページ
327
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1889/41/2/41_2_317/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
Copyright© 岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma