このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14004
Eprint ID
14004
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Determination of Trace Amounts of Ammonia in Air Using a Batchwise Collection/Concentration Method by Spectrophotometry
著者
末包 高史 岡山大学大学院自然科学研究科理学系
大島 光子 岡山大学大学院自然科学研究科理学系
本水 昌二 岡山大学大学院自然科学研究科理学系
抄録
大気中のアンモニア定量法として1-ナフトールを用いるインドフェノール法を検討した.水溶液中のアンモニアは水酸化ナトリウム存在下で次亜塩素酸ナトリウム,1-ナフトールと反応し,インドフェノール型色素を生成する.この生成物の極大吸収波長である720 nmで吸光度を測定すること(1-ナフトール法)により,大気中のアンモニアを定量した.塩化アンモニウム標準溶液を用いる検量線は良好な直線性を示し(y=0.37 × 105 x+0.027,R(2)=0.9992),検出限界は0.9 × 10(-6) Mであった.アセトンを10% 加えることにより,均一溶液中で既報の約5倍の感度が得られた.2.0 × 10(-5) M塩化アンモニウム標準溶液を用いた場合の相対標準偏差は3.5% と良好であった.実試料への応用として,超純水3.0 mlを入れた50 mlプラスチック製シリンジ(実体積: 69.1±0.3 ml)に大気試料を捕集し,シリンジにキャップをして4分間振り混ぜた.大気中のアンモニアは吸収溶液として用いた超純水にほぼ完全に捕集濃縮できた.吸収したアンモニアを1-ナフトール法で測定した.本法は室内,屋外の大気中微量アンモニア定量に十分な精度と感度を示した.
抄録(別表記)
Ammonia in the atmosphere can be determined by an improved indophenol method with 1-naphthol. Ammonia dissolved in water reacts with sodium hypochlorite in the presence of sodium hydroxide and 1-naphthol to form an indophenol blue dye, which can be measured at 720 nm (maximum absorbance). Since ammonia in the atmosphere can be absorbed in purified water almost completely, a calibration graph using standard aqueous ammonium chloride solutions can be used. The calibration graph showed a good linearity (y = 0.37 × 10(5)x+0.027, R(2) = 0.9992) and the detection limit was 0.9 × 10(−6) M. For practical samples, the air was collected into a 50 ml plastic syringe with an air-tight cap containing 3.0 ml of purified water as the absorbing solution, followed by shaking it by hand. The method was successfully applied to the determination of ammonia in indoor and outdoor air samples.
キーワード
ammonia
1-naphthol
air sample
spectrophotometry
発行日
2004-12-22
出版物タイトル
分析化学
出版物タイトル(別表記)
Bunseki Kagaku
54巻
10号
出版者
日本分析化学会
出版者(別表記)
The Japan Society for Analytical Chemistry
開始ページ
953
終了ページ
957
ISSN
0525-1931
NCID
AN00222633
資料タイプ
学術雑誌論文
言語
Japanese
著作権者
The Japan Society for Analytical Chemistry
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI