このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11405
Eprint ID
11405
フルテキストURL
タイトル(別表記)
A History of Tests of Infant Development and their Applications to Childcare
著者
木戸 啓子 岡山大学
山口 茂嘉 岡山大学
抄録
本研究は、発達検査が保育場面での子ども理解の手だてとなり得ることを明らかにするものである。発達検査を行う一つの効果は、対象となる子どもの発達状況を把握できるという点にある。その上で、子どもの状態をとらえながら、指導に必要な観点を予測することこそが発達検査の意義であるといえる。今日用いられている子どもの発達検査は、ビネー式知能検査を原型として発展してきた。その発達検査の歴史的な変遷について概観し、日本で用いられている発達検査がどう位置づけられているのかを整理し、保育場面での活用の可能性を検討した。
抄録(別表記)
This study will examine whether the tests of infant development are useful to childcare teachers in understanding children in childcare environments. Tests of development are important because they will reveal the present developmental stages of the children concerned. The purpose of the tests lies in predicting the viewpoints which are needed for guidance while understanding the developmental stages of the children. The tests of development, which started with Binet-test as the prototype, will be reviwed along with the examination of the other tests in Japan. The purpose of this paper is to show their applicability in childcare environments.
キーワード
発達検査 (tests of development)
津守式乳幼児精神発達質問紙 (Tsumori's developmental diagnosis method)
保育 (childcare)
発行日
2003
出版物タイトル
岡山大学教育実践総合センター紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
3巻
1号
出版者
岡山大学教育学部附属教育実践総合センター
出版者(別表記)
Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
開始ページ
57
終了ページ
65
ISSN
1346-3705
NCID
AA11529614
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
rdc