このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 40704
フルテキストURL
Thumnail 101_7.pdf 3.24 MB
タイトル(別表記)
An evaluation of utility of residual liver function prediction using dynamic SPECT
著者
田邉 正忠 香川医科大学放射線医学教室
玉井 豊理 香川医科大学放射線医学教室
日野 一郎 香川医科大学放射線医学教室
佐藤 功 香川医科大学放射線医学教室
児島 完治 香川医科大学放射線医学教室
大川 元臣 香川医科大学放射線医学教室
前場 隆志 香川医科大学第一外科学教室
田中 聰 香川医科大学第一外科学教室
抄録
A method for evaluating and predicting residual liver function was devised for dynamic single photon emission computed tomography (SPECT). The ratio of residual volume to total effective liver volume, K value and predictive index using dynamic SPECT were compared with respective values using dynamic planar scintigraphy. The coefficients of correlation were 0.86 (the ratio), 0.91 (K value) and 0.88 (predictive index). The predictive index, measured by dynamic SPECT, was as useful as by dynamic planar scintigraphy. In addition, the resecting line using SPECT was more accurate than using planar scintigraphy. Dynamic SPECT was more useful than dynamic planar scintigraphy.
キーワード
肝切除
SPECT
K値
肝シンチグラフィー
発行日
1989-02
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
101巻
1-2号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
7
終了ページ
12
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/101/1-2/101_1-2_7/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma