このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15279
Eprint ID
15279
フルテキストURL
タイトル(別表記)
A case of human infection with Diphyllobothrium in Fukuyama City, Hiroshima Prefecture
著者
数野 博 ちょう外科医院
長 亨 ちょう外科医院
小林 孝子 福山市医師会総合検診センター
草浦 潤子 福山市医師会総合検診センター
斎藤 哲郎 斎藤獣医科病院
頓宮 廉正 岡山大学医療技術短期大学部
抄録
Three strobilae with scoleces were expelled from a 16-year-old man by the administration of 600mg (20mg/kg) praziquantel. The No.1 strobila had a scolex 6.5cm in length. The No.2 strobila had a scolex 28cm in length. The No.3 strobila with a scolex and mature segments was 142cm in length. The No.3 strobila was identified as Diphyllobothrium latum by its morphological characteristics. The No.1 strobila had a scolex similar to that of the No.3 strobila. However, the No.2 strobila was equipped with a hammer-like scolex. This result suggests that the No.2 strobila belonged to species other than D. Latum.
キーワード
裂頭条虫 (Diphyllobothrium)
人体症例 (human case)
広島県 (Hiroshima Prefecture)
発行日
1997-09-10
出版物タイトル
岡山大学医療技術短期大学部紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of School of Health Sciences Okayama University
8巻
1号
出版者
岡山大学医療技術短期大学部
出版者(別表記)
School of Health Sciences Okayama University
開始ページ
17
終了ページ
22
ISSN
0917-4494
NCID
AN10355371
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
fhs