このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 17492
Eprint ID
17492
フルテキストURL
Thumnail 87_923.pdf 803 KB
タイトル(別表記)
An Interesting Case of Type A Wolff-Parkinson-White Syndrome
著者
湊 武 岡山大学医学部第一内科教室
喜多 利正 岡山大学医学部第一内科教室
斉藤 大治 岡山大学医学部第一内科教室
奥山 彬子 岡山大学医学部第一内科教室
井上 勝稔 岡山大学医学部第一内科教室
久松 三生 岡山大学医学部第一内科教室
原岡 昭一 岡山大学医学部附属病院中央検査部
抄録
A case of Wolff-Parkinson-White syndrome who presented with a tachycardia showing an unusual QRS morphology closely resembling that of a ventricular tachycardia was reported. It showed type A or type B conduction of the Wolff-Parkinson-White syndrome in electrocardiogram in different time, but vectorcardiogram showed always type A conduction. After combinated administration of Quinidine and Reserpine, ECG reversed constantly to normal sinus rhythm.
発行日
1975-10-30
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
87巻
9-10号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
923
終了ページ
935
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/87/9-10/87_9-10_923/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma