このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14906
Eprint ID
14906
フルテキストURL
タイトル(別表記)
気管支喘息患者における肺機能とHRCT上のlow attenuation areaに対する喫煙の影響
著者
光延 文裕 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
御舩 尚志 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
保﨑 泰弘 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
芦田 耕三 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
柘野 浩史 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
岡本 誠 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
高田 真吾 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
横井 正 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
抄録
The influence of smoking on pulmonary function and emphysematous changes of the lung (percentage of attenuation area < -950 HU (% LAA) on high resolution computed tomography (HRCT) was examined in 49 patients with bronchial asthma. 1. In patients with asthma, the % residual volume (RV) in many nonsmokers was less than 129%, in contrast, the % RV in many smokers was between 130% and 189% , which was higher than that in nonsmokers. 2. Significant correlations between % RV and 96LAA value, and between % RV and CT number were observed both in nonsmokers and smokers with asthma, in which as % RV more increased, % LAA value was larger, and CT number was lower. 3. % DLco value was lower in smoking patients with asthma, whose % RV was between 130% and 189% and larger than 190% , however, the % DLco value did not change in nonsmoking patients despite of higher valure in % RV. 4. A significant correlation was also observed between % FEV1.0 value and % RV both in smoking and nonsmoking patients with asthma; as % RV value more increased, % FEV1.0 value was lower. 5. Any correlation between % FVC value and % RV was not observed. These results suggest that smoking affects the % LAA of the lung on HRCT and % DLco in patients with asthma.
抄録(別表記)
気管支喘息49例を対象に、肺機能およびHigh resolution computed tomography(HRCT)上のLow attenuation are (LAA) <-950HUで示される肺気腫様変化に及ぼす喫煙の影響について検討した。  1.気管支喘息患者のうち、非喫煙例では% 残気量(% RV)は多くの症例(65.6% )で129% 以下であったが、一方喫煙症例では130% から189% を示す症例が最も多く見られた(60.0% )。非喫煙例および喫煙例いずれにおいても、 2.% RVと% LAA、% RVとCT number 間に有意の相関が見られた: % RVが上昇するにつれて、% LAA値は増加し、CT numberは低下する傾向が見られた。  3.喫煙例では、% RVが130-189% あるいは190% 以上の症例で、% DLco値 が明かに低値を示す症例が見られたが、非喫煙症例では% RVが高い値を示しても% DLcoの低下はみられなかった。  4.喫煙例、非喫煙例いずれにおいても、% FEV1.0倍と% RV値の問には有意の相関が見られ、% RV値が上昇するにつれて、% FEV1.0値は低下する傾向が見られた。  5.% FVCと% RVの問には相関は見られなかった。以上の結果より、喫煙は気管支喘息患者のHRCT上の% LAAおよび% DLcoに影響を与えることが示唆された。
キーワード
asthma
smoking
% LAA of the lungs
FEV1.0
DLco
発行日
2001-02-01
出版物タイトル
岡大三朝分院研究報告
出版物タイトル(別表記)
Annual reports of Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School / Misasa Medical Center, Okayama University Medical School
71巻
出版者
岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Misasa Medical Branch, OKayama University Medical School
開始ページ
29
終了ページ
35
ISSN
0918-7839
NCID
AN10430852
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc