このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 569
Eprint ID
569
フルテキストURL
著者
平岡 忠 岡山大学
多田 正人 岡山大学
花房 徳治 岡山大学
抄録
干拓新田土壌(八浜土壌)の水稲の生育に対する生わら連用の効果について検討した。1)直播栽培水稲においては生わら施用がわずかに増収をもたらした。しかし移植栽培水稲においては生わら施用は減収となった。それは生わら施用が土壌の強還元化を促進したためと考えられる。2)成熟土壌の岡山土壌に比べ,未熟土壌の干拓新田土壌(八浜土壌)は,湛水に伴う土壌の還元化が強度に進行する特徴が推定された。
発行日
1987-12-28
出版物タイトル
岡山大学農学部農場報告
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of the Research Farm, Faculty of Agriculture, Okayama University
10巻
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Research Farm, Faculty of Agriculture, Okayama University
開始ページ
7
終了ページ
11
ISSN
0910-8742
NCID
AN00149012
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
bfsc