このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 13200
Eprint ID
13200
フルテキストURL
Thumnail 119_165.PDF 284 KB
タイトル(別表記)
Linkage between stress and metabolic syndrome
著者
川北 祝史 岡山大学医学部医学科
宮武 伸行 岡山県南部健康づくりセンター
瀧川 智子 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 公衆衛生学
汪 達紘 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 公衆衛生学
荻野 景規 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 公衆衛生学
沼田 健之 岡山県南部健康づくりセンター
抄録
We compared the status of stress with and without metabolic syndrome in Japanese. We used data for 774 men and 1,136 women who had received annual health checkups at Okayama Southern Institute of Health. Status of stress was evaluated using a stress check provided by the Department of Public Health, Nihon University. Metabolic syndrome is defined by new criteria in Japan. Physical stress was significantly higher in men with metabolic syndrome than in men without it. However, the ability of coping with stress in men with metabolic syndrome was significantly higher than that in men without it. Thus a linkage between metabolic syndrome and the status of stress was characteristic in Japanese men.
キーワード
メタボリックシンドローム (metabolic syndrome)
ストレス (stress)
チェックリスト (stress check)
備考
研究速報
発行日
2007-09-03
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
119巻
2号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
165
終了ページ
171
ISSN
00301558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI
Eprints Journal Name
joma