このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11759
JaLCDOI
Sort Key
2
タイトル(別表記)
長期ホルマリン固定により失活したProliferating Cell Nuclear Antigen (PCNA) の免疫反応性回復条件の基礎的検討 ―マイクロウェーブ、オートクレーブの影響について―
フルテキストURL
著者
崎山 順子 岡山大学医療技術短期大学部衛生技術学科
一村 光子 岡山大学医療技術短期大学部衛生技術学科
唐下 博子 岡山大学医療技術短期大学部衛生技術学科
遠藤 浩 岡山大学医療技術短期大学部衛生技術学科
川上 香利 鐘紡記念病院
河谷 友紀 福山検査センター
抄録
Using paraffin-embedded tissue sections of liver cancer obtained from autopsy which had been preserved in 10% buffered formalin solution for 6 months while PCNA immunoreactivity was lost, we examined the effects of heat processing by either microwave(MW) and autoclave(AC) in the presence of various processing solution. It appeared that AC processing took shorter time period than MW irradiation to restore equal immunoreactivity. With regard to immunoreactivity retrieval by MW irradiation,however, variation of the degree of retrieval depending on processing time was smaller than in AC, and so the stable consequences were obtained. Although AC processed tissues tended to be stained deep, prolonged processing time presented strong background staining and blurred nuclear margins which made it difficult to estimate the positive cell count. As for the effects of processing solution, there was little difference in retrieval of PCNA among 0.01 M citrate buffer (pH 6.0), saturated solution of lead thiocyanate and distilled water, but the least background staining was observed with distilled water. These observations suggest that MW irradiation of which effect of retrieval is less dependent of processing time and with the least background stainability, is superior to AC processing for PCNA immunoreactivity retrieval on formalin-fixed tissues.
抄録(別表記)
10%緩衝ホルマリンに6ヶ月間浸漬していた剖検材料(肝臓癌)のパラフィン包埋後の組織切片を用いて、ホルマリンの固定作用により失活したPCNAの免疫反応性の回復にマイクロウェーブ(MW)及びオートクレーブ(AC)による熱処理とその時用いる処理溶液が、どのような影響を与えるかについて検討した。その結果、同等の免疫反応性を回復するのには、AC処理の方がMW照射より短時間でよいことが解った。しかし、MW照射による免疫反応性回復では、処理時間による影響がAC処理に比べて少なく、安定した結果が得られた。また、PCNAの染色所見については、AC処理の方が濃く染まる傾向が見られた。しかし、処理時間が長くなるとバックグラウンドの染色性が高くなる、核の周囲ににじみ現象が見られる等の所見があり判定に困難をきたした。一方、処理溶液についてはクエン酸(0.01M pH6.0)、チオシアン酸鉛飽和溶液、蒸留水について検討を行った結果、PCNAの回復には差は認められなかったが、バックグラウンドの染色については蒸留水が最も少なかった。以上の結果により、ホルマリン固定により失活したPCNAの免疫反応性を回復するには、MW照射の方がAC処理より処理時間に関係なく安定した染色性が得られ、なおかつバックグラウンドの染色性が少ない等の点で優れていることが示唆された。
キーワード
PCNA
microwave (マイクロウェーブ)
autoclave (オートクレーブ)
immunohistological staining (免疫組織染色)
formalin fixation (ホルマリン固定)
出版物タイトル
岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日
1996-09-30
7巻
1号
出版者
岡山大学医療技術短期大学部
出版者(別表記)
School of Health Sciences Okayama University
開始ページ
9
終了ページ
15
ISSN
0917-4494
NCID
AN10355371
資料タイプ
紀要論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
English
論文のバージョン
publisher
NAID
Eprints Journal Name
fhs