このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 52706
Sort Key
10
タイトル(別表記)
Fermented persimmon extract (kaki-shibu) is useful as a standard for component analyses of persimmon phytobezoars
フルテキストURL
Thumnail 126_127.pdf 1.88 MB
著者
岩室 雅也 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器・肝臓内科学 ORCID Kaken ID
岡本 裕子 井原市立井原市民病院 内科
村田 年弘 尾道市立市民病院 外科
河合 良成 尾道市立市民病院 消化器内科
白羽 英則 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器・肝臓内科学
岡田 裕之 岡山大学病院 光学医療診療部 Kaken ID researchmap
山本 和秀 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器・肝臓内科学
抄録
The definite diagnosis of persimmon phytobezoar (i.e., diospyrobezoar) is often accomplished by a component analysis using infrared spectroscopy. However, no studies have been conducted to investigate which substance is the best as a standard for the component analysis. Here we analyzed tannic acid, Japanese persimmon (kaki), fermented persimmon extract (kaki-shibu), conventional dried persimmon, and dried persimmon smoked in sulfur (ampo-kaki) by infrared spectroscopy to determine which would be optimal as a component analysis standard. The spectrum between 1,600 to 600cm-1 of a persimmon phytobezoar was quite similar to the spectrum of kaki-shibu rather than that of tannic acid. Consequently, we conclude that kaki-shibu should be used as a standard for infrared spectroscopy analyses of persimmon phytobezoars.
キーワード
柿胃石(gastric phytobezoar)
タンニン酸(tannic acid)
消化管異物(gastrointestinal foreign body)
成分分析(component analysis)
備考
原著 (Original Papers)
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
発行日
2014-08-01
126巻
2号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
127
終了ページ
131
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
著作権者
Copyright (c) 2014 岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI
NAID
Eprints Journal Name
joma