JaLCDOI 10.18926/56589
タイトル(別表記) Conditions and Issues on Kuwanoki International Student Dormitory at Okayama University: As an Educational Resource
フルテキストURL biess_3_031_050.pdf
著者 宇塚 万里子| 岡 益巳| 藤本 真澄|
抄録  スーパーグローバル大学の指標の一つに受入留学生数の増加が掲げられているが、留学生受入に不可欠な留学生寮の整備は、以前からの長年の課題であった。安心して留学生活を送るための基盤でもある寮の管理・運営は、毎日の生活と密接な関係があり、文化背景や言語が異なる学生が共同生活を営む寮では、大小様々なトラブルがつきものである。  この状況を少しでも改善するため、岡山学では2014 年にレジデントアシスタント(RA)制度の導入を皮切りに、日本人学生との混住化を推進してきた。従来の留学生支援という観点にとどまらず、1)「一住人」から自治意識をもった寮生への成長、2)留学生、日本人学生双方の日本・日本文化・異文化理解の促進、という教育的要素を加えた新しい国際寮の在り方を模索してきたといえる。その結果、支援の充実や教育的効果も見られた一方で、教育資源として寮を活用するには管理・運営だけではなく、積極的な学生指導の姿勢が肝要であることが分かった。混住化から4 年経ち、導入初期の段階を終えた岡山大学では新たな局面を迎えている。
キーワード 留学生受入 混住寮 レジデントアシスタント(RA) 異文化理解
出版物タイトル 岡山大学全学教育・学生支援機構教育研究紀要
発行日 2018-12-30
3巻
開始ページ 31
終了ページ 50
ISSN 2432-9665
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/OER/56084
フルテキストURL oer_050_1_057_070.pdf
著者 岡 益巳| 廣田 陽子| 宇塚 万里子|
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2018-07-02
50巻
1号
開始ページ 57
終了ページ 70
ISSN 2433-4146
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2018 岡山大学経済学会
論文のバージョン publisher
NAID 120006484390
JaLCDOI 10.18926/OER/55742
タイトル(別表記) An Analysis of Inquiries to the International Students Advisory Office at Okayama University from Organizations/Individuals Outside the University
フルテキストURL oer_049_3_001_018.pdf
著者 岡 益巳| 宇塚 万里子| 廣田 陽子|
抄録   In this paper, the authors examine the reasons why outsiders such as the staff of public and private sector organizations as well as individuals made contact with the International Students Advisory Office( ISAO) at Okayama University during the period from November 1999 to March 201₇. At ISAO 80% of the visitors are the students, staff and faculty of Okayama University, and the rest, 20%, are non-university people. Because of its name, people assume that ISAO visitors are only university-related people. However, advising and supporting international students cannot be done only on-campus, but also requires support and help from people outside of the university. The purpose of this paper is to focus on this 20% of ISAO visitors and to analyze the reasons for and frequencies of their inquiries.  A total number of ₆,808 queries were made from outside the campus during the 1₇ year and ₅ month period under study. ₇8% of these were from Japanese and 22% were from foreigners. ₇₆% were residents of Okayama Prefecture.  As for their affiliation, ₃9% were individuals; 20%, the staff of educational institutions; 18%, NPO’s and other private groups; 1₇%, government officials; ₆%, company workers and managers. As for the reasons for contacting the office, the majority, ₅1%, were related to exchange/support; while 2₇%, daily life-related matters; 8%, information exchange with other students advisors; ₆%, study-related matters; and ₅%, university admission related.  In the discussion, the authors examine the inquiries by other universities, foreign governments and mass media, and analyze their meaning and characteristics. The authors also point out the typical problems pertaining to“ cultural exchanges” with schools. Finally, they look at issues related to the alumni and alumna who return as continuous users of ISAO.
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2018-03-19
49巻
3号
開始ページ 1
終了ページ 18
ISSN 2433-4146
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2018 岡山大学経済学会
論文のバージョン publisher
NAID 120006414151
JaLCDOI 10.18926/55721
タイトル(別表記) An Empirical Study on International Students' Traffic-Related Issues and the Measures to be Taken Against Them
フルテキストURL biess_2_117_134.pdf
著者 藤本 真澄| 宇塚 万里子| 岡 益巳|
抄録  本研究では、2000 年1 月から2017 年3 月にかけて、岡山大学に在籍する留学生が遭遇した交通関連領域の事案121 件のデータを整理分類し、その実態を明らかにした。交通関連の問題は大きく3 つに分類することができる。すなわち、①交通事故、②違法行為、③その他である。交通事故が全体の65%を占めるが、事故の形態に着目すると、留学生が自転車を運転中に発生した事故が交通事故全体の4 分の3 を占める。この事実から留学生に対して自転車の安全な乗り方に関する教育を実施する必要があると判断される。本稿では留学生の自転車マナー向上に関する対策についても言及する。また、留学生が事故の被害者であるケースが40 件存在する一方、加害者であるケースも15 件存在し、留学生が一方的に事故の被害者ではないという事実も明らかになった。
キーワード 留学生 交通事故 違法行為 自転車 安全対策
出版物タイトル 岡山大学全学教育・学生支援機構教育研究紀要
発行日 2017-12-30
2巻
開始ページ 117
終了ページ 134
ISSN 2432-9665
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/55713
タイトル(別表記) An Empirical Study of Housing-Related Issues Brought to the International Students Advisory Office, Okayama University
フルテキストURL biess_2_015_034.pdf
著者 宇塚 万里子| 岡 益巳| 藤本 真澄|
抄録  1999 年11 月から2017 年3 月にかけて、留学生相談室が関与した住居関連の事案が264 件発生し、275 人の留学生がこれらの事案に関わった。264 件の事案のうち、129 件が民間住宅に関わる事案、128 件が大学宿舎に関わる事案、7 件がその他(公営住宅、他大学宿舎)に関わる事案であった。民間住宅に関わる事案で最も多かったのは、家主・不動産屋とのトラブル44 件である。44 件中、明らかに留学生側に問題があった事案は23 件、家主・不動産屋側に非があった事案は10 件で、残りの11 件はコミュニケーション不足による誤解が招いたトラブルである。大学宿舎に関わる事案で最も多かったのは、環境・設備・備品への苦情31 件であるが、近年の改修工事により宿舎の住環境が大幅に改善された。
キーワード 留学生 留学生宿舎 民間住宅 留学生相談室 住居関連領域
出版物タイトル 岡山大学全学教育・学生支援機構教育研究紀要
発行日 2017-12-30
2巻
開始ページ 15
終了ページ 34
ISSN 2432-9665
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
JaLCDOI 10.18926/OER/55674
タイトル(別表記) The Current Situation and the Issues Concerning Tutoring for International Students by WAWA Volunteer Tutors : Based on the Results of the Questionnaire for Volunteer Tutors
フルテキストURL oer_049_2_017_034.pdf
著者 宇塚 万里子| 廣田 陽子| 岡 益巳| 深田 博己|
抄録 Uzuka and Oka (2016) studied the result of the questionnaire for international students who had tutorials by International Student Support Volunteer Group, WAWA during the period from April 2007 to March 2015 and clarified some issues such as the necessity of regular tutoring, demand to accommodate a wide variety of situations, enhancing the quality of volunteer tutors and so on. Meanwhile, a questionnaire survey for volunteer tutors was also conducted. In this paper, the authors examine the situation and the issues of tutoring for international students based on the results of this tutor survey.  A total of 113 volunteer tutors (a response rate 77.9%) responded to the survey. Research has found that periodicity, frequency and the number of items covered by tutoring are the three factors that are related to tutor satisfaction. Authors recognize statistical difficulties that there can be a mutual influence relationship among the three factors and the satisfaction of the tutors and the data used in this study are irregular repeated measurements. Based on these points of consideration, the results of this survey targeting tutors revealed that the satisfaction level of tutors who conducted periodic tutoring was significantly higher than those who did not. In addition, it was confirmed that the degree of satisfaction of tutors with more frequent tutoring was significantly higher than those with less frequent one and the satisfaction of tutors who accommodated more items was significantly higher than those who did less. Therefore, the result shows that it is the most important tasks for WAWA staff and advising teachers to build a tutoring system that can conduct periodic tutoring which offer multiple services including various living support along with Japanese language learning support at least once a week for four months.
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2018-02-26
49巻
2号
開始ページ 17
終了ページ 34
ISSN 2433-4146
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2018 岡山大学経済学会
論文のバージョン publisher
NAID 120006398873
JaLCDOI 10.18926/55373
タイトル(別表記) The Current Situation and Issues Surrounding Volunteer Tutoring: Based on a Survey of International Students
フルテキストURL biess_1_133.pdf
著者 宇塚 万里子| 岡 益巳|
抄録  ボランティアによるチュータリングをテーマとした先行研究は極めて少なく、庄司(1996)、岡・坂野(2006,2008)のみである。本稿では、2007 年度から2015 年度にかけて、留学生を対象にチュータリングに関する質問紙調査を実施し、回答のあった81 人のデータを分析した結果、①定期的なチュータリングを受けた者の満足度がそうでない者より有意に高いこと、②チュータリングの内容項目が多いほど満足度が高いことを明らかにした。また、ゆとり教育世代の入学、文科省の大使館推薦国費留学生配置方針の転換、English cafe 等の創設、留学生寮へのレジデント・アシスタントの配置などがWAWA スタッフによるチューター活動に影響を及ぼしている点も指摘した。
キーワード ボランティアチューター WAWA チューティ 日本語研修生 日韓予備教育 学生
出版物タイトル 岡山大学全学教育・学生支援機構教育研究紀要
発行日 2016-12-30
1巻
開始ページ 133
終了ページ 152
ISSN 2432-9665
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120006348275
JaLCDOI 10.18926/OER/54160
タイトル(別表記) Collaboration between the International Student Advisor's Room of the International Center and a Lecturer in Charge of International Students in the Faculty of Economics: April 2000 - March 2015
フルテキストURL oer_047_3_065_081.pdf
著者 岡 益巳| 廣田 陽子|
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2016-03-19
47巻
3号
開始ページ 65
終了ページ 81
ISSN 0386-3069
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2016 岡山大学経済学会
論文のバージョン publisher
NAID 120005740498
JaLCDOI 10.18926/OER/54152
タイトル(別表記) Looking Back on the History of International Student Support Network Peach(The Second Half) −For Further Improvements of the Short-term Homestay Programme−
フルテキストURL oer_047_2_205_226.pdf
著者 廣田 陽子| 岡 益巳|
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
発行日 2016-02-23
47巻
2号
開始ページ 205
終了ページ 226
ISSN 0386-3069
言語 Japanese
著作権者 Copyright © 2016 岡山大学経済学会
論文のバージョン publisher
NAID 120005740492
著者 宇塚 万里子| 岡 益巳|
発行日 2014-12
出版物タイトル 大学教育研究紀要
10巻
資料タイプ 紀要論文
著者 岡 益巳|
発行日 2014-03-26
出版物タイトル 文化共生学研究
13巻
資料タイプ 紀要論文
著者 岡 益巳|
発行日 1992-02-26
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
23巻
4号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 岡 益巳|
発行日 1993-03-25
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
24巻
4号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 岡 益巳|
発行日 1992-11-25
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
24巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 岡 益巳| 深田 博己|
発行日 1994-03-10
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
25巻
4号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 岡 益巳|
発行日 1994-02-25
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
25巻
3号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 岡 益巳|
発行日 1993-05-25
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
25巻
1-2号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 岡 益巳|
発行日 1995-03-10
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
26巻
3-4号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 岡 益巳|
発行日 1994-09-01
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
26巻
2号
資料タイプ 学術雑誌論文
著者 岡 益巳| 深田 博己|
発行日 1994-06-24
出版物タイトル 岡山大学経済学会雑誌
26巻
1号
資料タイプ 学術雑誌論文