JaLCDOI 10.18926/14994
タイトル(別表記) Three cases of rheumatoid arthritis with biliary tract cancer
フルテキストURL 068_107_114.pdf
著者 岩垣 尚史| 柘野 浩史| 御舩 尚志| 光延 文裕| 保崎 泰弘| 芦田 耕三| 岡本 誠| 谷崎 勝朗|
抄録 一般的に,慢性関節リウマチには悪性腫瘍の合併は少ないと言われている。特に,消化器系あるいは胆道系悪性腫瘍を合併したという報告は極めて少ない。我々は慢性関節リウマチの経過中,胆道系悪性腫瘍を合併した3例を経験した。3症例はそれぞれ胆嚢癌,肝内胆管癌,乳頭部癌を合併していた。非常に稀な症例であり,文献的考案を含め報告する。
抄録(別表記) The relationships between rheumatoid arthritis and malignant disease have been a focus of controversy for many years. Many studies of patients with rheumatoid arthritis have found no increases in overall cancer rates. Although significant elevations in rates of lymphoma, myeloma and malignant disease in patients treated with immunosuppressive drugs have been reported, it has been considered that gastrointestinal and biliary tract cancer in patients with rheumatoid arthritis is rare. We recently experienced three cases of rheumatoid arthritis with biliary tract cancer. They were gall bladder, cancer, bile duct cancer and cancer of papilla of Vater. Patients with rheumatoid arthritis should be carefully monitored for malignant disease.
キーワード 慢性関節リウマチ (rheumatoid arthritis) 胆道系悪性腫瘍 (biliary tract cancer) 胆嚢癌 (gall bladder cancer) 胆管癌 (bile duct cancer) 乳頭部癌 (cancer of papilla of Vater)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1997-12
68巻
開始ページ 107
終了ページ 114
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308182
JaLCDOI 10.18926/14993
タイトル(別表記) Diet therapy with α-linolenic acid-enriched perilla seed oil on pulmonary emphysema.
フルテキストURL 068_099_106.pdf
著者 柘野 浩史| 芦田 耕三| 光延 文裕| 御舩 尚志| 岡本 誠| 岩垣 尚史| 保崎 泰弘| 辻 孝夫| 谷崎 勝朗|
抄録 症例は67歳,男性。主訴は労作時呼吸困難。【第一回目入院】平成7年9月から12月まで入院し,薬物療法,複合温泉療法を行なった。自覚症状はやや改善がみられたが,呼吸機能検査所見の改善は得られなかった。【第二回目入院】平成8年8月から12月まで入院。n-3系脂肪酸強化食事療法も併用した。自覚症状および,呼吸機能検査上,FVC,FEV(1.0),PEFなどに改善を認めた。n-3系脂肪酸はアラキドン酸代謝を通してロイコトリエン合成に関与すると推定されるが,経過中に白血球のLTB(4)産生能の減少を認めた。この症例は肺気腫に対するn-3系脂肪酸強化食事療法の有用性が示唆され,病態を考える上でも興味深いと考えられたので報告する。
抄録(別表記) An effective treatment of advanced stages of chronic obstructive pulmonary disease (COPD) has not been estadlished yet. We report out recent experience of one patient with pulmonary emphysema treated with dietary supplementation with n-3 fatty acid for two months. He presented improvements in clinical symptoms and pulmonary function, and suppression in generation of leukotriene B(4) (LTB(4) )by peripheral leukocytes. Weconsequently suppose that dietary treatment with n-3 fatty acids (perilla seed oil) may be beneficial for the treatment of pulmonary emphysema by inhibiting the conversion of arachidonic acid (AA) to leukotrienes (LTs) and prostanoids competitively.
キーワード 肺気腫 (pulmonary emphysema) n-3系脂肪酸 (n-3 fatty acid) 食事療法 (diet therapy) ロイコトリエン合成 (leukotriene)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1997-12
68巻
開始ページ 99
終了ページ 106
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308310
JaLCDOI 10.18926/14991
タイトル(別表記) 呼吸器疾患のリハビリテーション.気管支喘息の病態的特徴と関連した温泉療法の効果
フルテキストURL 068_080_093.pdf
著者 谷崎 勝朗| 御舩 尚志| 光延 文裕| 保崎 泰弘| 芦田 耕三| 柘野 浩史| 岡本 誠| 岩垣 尚志| 山本 和彦|
抄録 The number of patients with respiratory disease in the elderly has been increasing in recent years. Pathophysiological characteristic of respiratory diseases in older patients is clearly different from that in younger patients. In this study, rehabilitation for patients with respiratory disease, particularly bronchial asthma, in the elderly was discussed in relation to pathophysiology of asthma. Complex spa therapy has two kinds of actions, direct and indirect actions. Subjective and objective symptoms of patients with asthma are improved by spa therapy for 1-2 months, accompanied with improvement of ventilatory function, and decrease in bronchial hyperresponsiveness and respiratory resistance. In addition to these direct action of spa therapy, increase in strength of respiratory muscle, stability of autonomic nerve syetem, psychical relaxation, and inprovement of suppressed function of adrenocortical glands are observed as indirect action of spa therapy. Regarding clinical asthma type classified by pathophysiological changes of the airways, spa therapy was more effective in patients with hypersecretion and bronchiolar obstruction. These results suggest that complex spa therapy is available as rehabilitation and/or treatment for patients with respiratory disease.
抄録(別表記) 近年老年者の呼吸器疾患が増加しつつある。老年者の呼吸器疾患の病態的特徴は若年者のそれとは明らかに異なっている。本論文では,老年者の呼吸器疾患,なかでも気管支喘息に対する温泉療法を中心としたリ-ビリテ-ションについて,その病態的特徴と関連して若干の知見を述べる。複合温泉療法は2つの作用,すなわち直接作用と間接作用を有している。患者の自,他覚症状は1-2カ月の温泉療法により明らかに改善傾向を示すが,同時に,換気機能の改善,気道過敏性や気道抵抗の低下が観察される。これらの温泉療法の直接作用のはか,呼吸筋の増強,自律神経系の安定化,精神的リラックス,低下した副腎皮質機能の改善,などの間接作用も観察される。気道の病態生理的特徴より分類した喘息の臨床病型に関しては,過分泌や細気管支閉塞を伴うような病 型に対して,温泉療法は有効性が高い。これらの結果は,複合温泉療法が呼吸器疾患の治療ないしリハビリテーションとして有用であることを示している。
キーワード 気管支喘息 (Bronchial asthma) リハビリテーション (rehabilitation) 複合温泉療法 (complex spa therapy) 換気機能 (ventilatory function) 副腎皮質 (adrenocortical glands)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1997-12
68巻
開始ページ 80
終了ページ 93
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308151
JaLCDOI 10.18926/14987
タイトル(別表記) Clinical effect of spa therapy on lumbargo
フルテキストURL 068_051_058.pdf
著者 岡本 誠| 芦田 耕三| 山本 和彦| 岩垣 尚史| 柘野 浩史| 保崎 泰弘| 御舩 尚志| 光延 文裕| 谷崎 勝朗| 多田 慎也| 原田 実根|
抄録 腰痛症患者12例を対象に温泉療法の臨床効果について検討した。臨床効果の判定は,日本整形外科学会の腰痛治療成績判定基準に基づき,自覚症状,他覚症状,及び日常生活動作などの項目を中心に,治療前後で比較検討した。その結果,自覚症状,日常生活動作,総計では,治療前に比べ治療後に有意の改善がみられた。また改善指数や改善率での検討でも温泉療法の有効性が示唆された。年齢別(60才以上と60才未満),入院期間(80日以上と80日未満)別の 検討では,65才未満の症例,80日以上の入院の症例において,改善指数,改善率が,有意差はみられなかったもののより高い傾向がみられた。
抄録(別表記) Clinical effect of spa therapy was evaluated in 12 patients with lumbargo by a scoring system based on the standard judgement of therapy for lumbargo by Japanese Society of Orthopedics. The score for each category of subjective symptoms, objective symptoms, daily life activity, and disorder of urinary bladder, and total score calculated from each score were compared before and after spa therapy. A significant improvement of subjective symptoms, daily life activity, and total score was observed after spa therapy. However objective symptom was not significantly improved. The effects of spa therapy was larger in patients under age of 65, and in those who had long-term spa therapy more than 80 days during their admission. The results suggest that spa therapy IS effective for patients with lumbargo.
キーワード 腰痛症 (lumbargo) 温泉療法 (spa therapy) 腰痛治療判定基準 (scoring system based on the standard judgement of therapy for lumbargo)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1997-12
68巻
開始ページ 51
終了ページ 58
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308321
JaLCDOI 10.18926/14986
タイトル(別表記) 気管支喘息患者における腰椎海綿骨骨塩量と脊椎圧迫骨折の臨床的特徴
フルテキストURL 068_045_050.pdf
著者 柘野 浩史| 中井 睦郎| 岡本 誠| 御舩 尚志| 光延 文裕| 芦田 耕三| 保崎 泰弘| 穐山 恒雄| 辻 孝夫| 谷崎 勝朗|
抄録 Clinical risk factors associated with the development of osteoporosis and vertebral fractures were evaluated in patients with asthma in relation to sex, age, and dose of glucocorticoids (GC). In 75 asthmatic patients including 44 steroid-dependent asthma, the bone mineral density (BMD) of the lumber spines was measured by quantitative computed tomography (QCT). Thirty five patients of them were followed up with radiographs over a period of 0.5 to 4 years (average: 2.6±1.3 years). The BMD was significantly lower in older (p<O.01) or female (p<0.05) patients. All the five patients developing vertebral compression fractures were female and more than 64 y.o., and received systemic glucocorticoid (GC) therapy for more than 3 years with a lot of cumulative gramdosage of GC. No significant correlation was demonstrated between the BMD and the dose of systemic GC per day, but multiple regression analysis demonstrated a significant relationship (p<O.o1) between the BMD and lifetime cumulative gramdosage of GC. Multiple regression analysis also demonstrated significant relationships (p<O.01) between the BMD and clinical factors such as age and sex. These results indicates that the bone loss and vertebral fractures of patients with asthma are influenced by the patient's age, sex, and the lifetime cumulative GC dose.
抄録(別表記) 対象は気管支喘息75症例。このうち44例はステロイド依存性難治症例であった。35症例については,0.5年から4年間(平均:2.6±1.3年間)の経時的観察もおこなわれた。これらの症例の骨塩量に影響を及ぼす因子について検討をおこなった。高齢者,女性に有意な低骨塩量を認めた。重回帰分析にて年齢,性別,経口副腎ステロイド投与総量などの項目に骨塩量と有意な関連が認められた。また,35症例中5例に脊椎圧迫骨折が発生し,いずれも骨塩量が低く,高齢者,女性,長期ステロイド内服例であった。これらのことから気管支喘息患者においては,女性,高齢者,長期ステロイド内服例に骨塩量減少や脊椎圧迫骨折のリスクが高いと考えられた。また,ステロイド続発性骨粗鬆症の発生には,ステロイドの現在の一日内服量よりもこれまでの総積算内服量が重要と考えられた。
キーワード 気管支喘息 (bronchial asthma) 骨粗鬆症 (osteoporosis) 椎体骨折 (vertebral fracture) ステロイド療法 (glucocorticoid therapy)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1997-12
68巻
開始ページ 45
終了ページ 50
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308467
JaLCDOI 10.18926/14985
タイトル(別表記) Dietary supplementation in bronchial asthma. Suppression of the generation of leukotrienes by N-3 fatty acids.
フルテキストURL 068_041_044.pdf
著者 芦田 耕三| 光延 文裕| 御舩 尚志| 保崎 泰弘| 柘野 浩史| 岡本 誠| 岩垣 尚史| 谷崎 勝朗| 辻 孝夫| 山本 純子| 沖田 美佐子|
抄録 N-3系脂肪酸の気管支喘息に対する有用性が示唆されているが,その評価は定まっていない。今回,5人の気管支喘息患者に対しN-3系脂肪酸であるαリノレン酸を豊富に含有するエゴマ油を用いた食事療法を行い,臨床症状,ピークフロー値,末梢白血球からのロイコトリエン産生能,血漿リン脂質中の脂肪酸組成につき検討を行った。2週間の食事療法の前後でピークフロー値は有意な改善を示し(p<0.05),カルシウムイオノファー刺激によるロイコトリエン(LT)産生能は治療前後でLTB4が77.6ng/5×106cellsから41.6ng/5×10(6)cells(p<0.05)に,LTC4は64.0ng/5×10(6)cellsから38・8ng/5×10(6)cells(p<0.05)とともに有意な改善を認めた。また血漿リン脂質中のN-3系脂肪酸(αリノレン酸,エイコサペンタエン酸,ドコサヘキサエン酸)も有意な上昇を認めた。以上よりN-3系脂肪酸(エゴマ油)を用いた食事療法の有用性が示唆された。
抄録(別表記) The therapeutic trials using N-3 fatty acids such as fish oil have been reported in patients with bronchial asthma, while its effect is still controversial. The effects of dietary supplementation with perilla seed oil rich in alpha-linolenic acid (α-LNA), parent n-3 fatty acid, were studied in five patients with asthma. The symptoms of asthma and mean peak flow rates (PFR) both early in the morning and in the evening were improved 2 weeks after the dietary supplementation and the increases of peak flow rates were significant (p<0.05). The generation of leukotriene B4 (LB4) by peripheral leukocytes stimulated with Ca ionophore A23187 was significantly suppressed from 77.6 ng/5×10(6) cells to 41.6ng/5×10(6) cells by the supplementation (P<0.05). The generation of leukotriene C4 (LTC4) by leukocytes was also significantly suppressed from 64.0 ng/5×10(6) cells to 38.8ng/5×10(6) cells after the manipulation with perilla seed oil (P<0.05). The concentration of N-3 fatty acids (such as α-LNA, eicosapentaenoic, and docosahekisaenoic acids) in plasma phospholipid increased significantly after the dietary supplementation (P<0.05). These results suggest that dietary supplementation with perilla seed oil is beneficial for the treatment of asthma.
キーワード シソ油 (perilla seed oil) 気管支喘息 (bronchial asthma) ロイコトリエンB4 (LTB4) ロイコトリエンC4 (LTC4) 脂肪酸 (fatty acids)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1997-12
68巻
開始ページ 41
終了ページ 44
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308166
JaLCDOI 10.18926/14979
タイトル(別表記) 気管支喘息症例における臨床的特徴と鼻腔・副鼻腔のCT所見の関連について
フルテキストURL 068_034_040.pdf
著者 御舩 尚志| 山本 和彦| 岩垣 尚史| 岡本 誠| 柘野 浩史| 芦田 耕三| 光延 文裕| 保崎 泰弘| 谷崎 勝朗| 多田 慎也| 原田 実根|
抄録 Extent of nasal and maxillary mucosa lesion was estimated in 26 asthmatics using computed tomographic scan in relation to clinical features of the disease. 1. No significant differences were present in nasal mucosal thickening between atopic and non-atopic subjects. No significant differences were also present in occupancy rate of mucosa in maxillary sinuses between the two asthma types. 2. Nasal mucosal thickening was not significant different between subjects with steroid-dependent intractable asthma (SDIA) and those without SDIA. Maxillary mucosal lesions were more extensive in subjects with SDIA than in those without SOIA. However, no significant differences were observed in occupancy rate between the two types. 3. No significant differences were observed in nasal mucosal thickenings between in subjects with and without aspirin-induced asthma (AlA). Although maxillary mucosa lesion in subjects with AlA was more extensive than that in those without AlA, the differences was not significant. 4. There was not any correlation between nasal mucosal thickening and amount of expectoration per day. However, significant differences were observed in maxillary sinus lesion between subjects with less amount (<50mℓ/day) and those with large amount of expectoration (100mℓ/day≦)(p<0.002), and between subjects with moderate amount (50-99mℓ/ day) and those with large amount of expectoration (p<0.002). The results might suggest that in asthmatics with large amount of expectoration, sinus diseases affect pathophysiology of asthma, and asthmatics with large amount of expectoration should have therapy for sinus disease to improve asthmatic status.
抄録(別表記) 気管支喘息26症例において喘息の臨床的特徴と,鼻腔・上顎洞のCT所見の関連について検討を加えた。1.鼻腔粘膜肥厚はアトピー症例,非アトピー症例間で有意な差は認められなかった。上顎洞における粘膜肥厚比率(1slice上の上顎洞面積に対し,上顎洞粘膜が占める割合)も,アトピー・非アトピーで差は認められなかった。2.ステロイド依存群・非依存群においても,鼻腔粘膜肥厚・上顎洞粘膜肥厚に有意な差は認められなかった。3.アスピリン喘息症例においては,非アスピリン喘息症例に比べ,上顎洞粘膜肥厚が顕著であっ たが有意ではなかった。鼻腔粘膜肥厚は2群間で差は認められなかった。4.発作時の一日喀痰量との関連では一日喀痰量が100mℓ以上の症例群では,喀痰量が50mℓ以下の群・50-100mℓの群に比較して有意に上顎洞粘膜肥厚比率が高値を示した。鼻腔粘膜比率に関しては3群間で有意な差を認めなかった。以上の結果から,喀痰量の多い気管支喘息症例では,その病態に副鼻腔病変が影響を及ぼしている可能性が考えられ,副鼻腔病変に対する治療により,気管支喘息が改善する可能性が考えられた。
キーワード bronchial asthma sinusitis nasal disease CT scan expectoration
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1997-12
68巻
開始ページ 34
終了ページ 40
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308538
JaLCDOI 10.18926/14978
タイトル(別表記) Effect of spa therapy on peak expiratory flow in patients with bronchial asthma
フルテキストURL 068_028_033.pdf
著者 御舩 尚志| 山本 和彦| 岩垣 尚史| 岡本 誠| 柘野 浩史| 芦田 耕三| 光延 文裕| 保崎 泰弘| 谷崎 勝朗| 多田 慎也| 原田 実根|
抄録 気管支喘息に対する温泉療法の効果をピークフローメーターを用いて継時的(第1週,第5過,第9週)に検討した。1.軽症・中等症では,第5週で有意にピークフロー (PEF)値は上昇した.重症気管支喘息例では第9週に有意な改善を認めた。2.20%以上のPEF値の改善を認めた症例の割合は第5週では,軽症・中等症・重症群で40~50%であったが,第9週では軽症群で80%,重症群で54.5%に増加していた。中等症群では第5週と同等であった。3.第1週のPEFが200(L/m)以下の症例では第5週,第9過とPEFの有意な改善を示したが,200<PEF≦300の症例,300<PEFの症例では有意な改善は認められなかった。4.PEF≦200(L/m)の症例群において,20%以上のPEFの改善を示す症例は,第5週で57%,第9週で69%と高率であった。200<PEF≦300の症群,300PEFの症例群では第9週で40%以上の症例が20%以上のPEFの改善を示した。
抄録(別表記) The aim of this study was to investigate effects of spa therapy on peak expiratory flow (PEF) in patients with bronchial asthma. Morning PEF metry was studied in fifty asthmatics who had spa therapy (swimming training in a hot spring pool, inhalation of iodine salt solution and fango therapy) for 5 - 9 weeks. Mean values of morning PEF at the initial stage, 5 and 9 weeks after spa therapy were assessed. In mild and moderate asthmatics, PEF significantly improved 5 weeks after spa therapy. In severe asthmatics, PEF showed significant increase 9 week. The number of subjects with PEF improvement more over 20%, compared with the intial value of PEF, were 50% at 5 weeks and 80% at 9 weeks after spa therapy in mild asthmatics. In moderate asthmatics, however, the number little changed between 5 (39.3%) and 9 weeks (38.9%) after the therapy. In severe asthmatics, 57.1% at 5 and 68.8% at 9 weeks. In asthmatics with the initial value of PEF<200L/m (low PEF group), the value showed significant increase 5 and 9 weeks after the therapy compared with the initial value. In asthmatics with the initial values of 200≦PEF<300 (middle PEF group) and 300≦PEF (high PEF group), the values showed no significant increase. The number of subjects with PEF improvement more than 20% showed a tendency to increase 9 weeks in low, middle and high PEF group, compared to the value after spa therapy (57.1% to 68.8%, 21.4% to 50% and 35.7% to 42.9%, respectively ).
キーワード bronchial asthma spa therapy peak expiratory flow (PEF)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1997-12
68巻
開始ページ 28
終了ページ 33
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308119
JaLCDOI 10.18926/14975
タイトル(別表記) 気管支喘息におけるHRCTによるLow attenuation area(LAA)と平均CT numberとの関連
フルテキストURL 068_015_021.pdf
著者 光延 文裕| 芦田 耕三| 御舩 尚志| 保崎 泰弘| 柘野 浩史| 岡本 誠| 岩垣 尚志| 山本 和彦| 谷崎 勝朗| 中井 睦郎| 穐山 恒雄| 長谷川 晴巳|
抄録 The maximal percent low attenuation area < -950 HU (% LAA) among three anatomic lung levels on high resolution computed tomography (HRCT) was examined in patients with asthma, classified by the degree of % LAA, in relation to the mean CT number, % FVC of the predicted value, and FEV 1/FVC (FEV1%). 1 . The mean CT number was closely related to the degree of % LAA of the lungs. The mean CT number was significantly lower in patients with high % LAA (mean CT number-915.3HU, % LAA 37.6%) than in those with low % LAA (-852.9HU, 4.7%). 2. The FEV1% value was significantly lower in patients with high % LAA (47.8%) than in those with low % LAA (62.2%)(p<0.05). The % FVC value was also significantly lower in patients with high % LAA (77.1%) compared to the value in those with low % LAA (101.2%). The results suggest that a large volume of LAA<-950HU of the lungs can be observed in patients with asthma, and the % LAA is closely correlated with mean CT number and the values of FEV1% and % FVC.
抄録(別表記) HRCT (high resolution computed tomography)により,-950HU以下のlow attenuation area(LAA)を3つの高さの肺野レベルで観察し,そのなかの最も高い値をmaximal% LAAとして表し,この値と平均CT number, % FVCおよびFEV1.0%の値と比較検討した。1.平均CT numberは,maximal% LAAと密接な関連を示した。そして,平均CT numberは,% LAAが低い症例(% LAA :4.7%, mean CT number:-852.9HU)に比べ,% LAAが高い症例(% LAA :37.6%, mean CT number:-915.3HU)において低い傾向が見られた。2.FEV1.0%値は,% LAA値が低い症例(62.2%)に比べ% LAA値が高い症例(47.8%)において有意に低い値を示した(P<0.05)。% FVC値も同様% LAA値が低い症例(101.2%)に比べ高い症例(77.1%)で低い値を示したが両群間に有意の差は見られなかった。これらの結果より,気管支喘息においも,HRCT上肺野で-950HU以下のLow attenuation area(LAA)を示す症例が見られること,そして,% LAAは,mean CT number,FEV1.0%や% FVC値とある程度関連していることが示唆された。
キーワード bronchial asthma % LAA mean CT number FEV1 FVC
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1997-12
68巻
開始ページ 15
終了ページ 21
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308351
JaLCDOI 10.18926/14974
タイトル(別表記) 気管支喘息におけるCTによる気腫性変化。喫煙症例と非喫煙症例の比較。
フルテキストURL 068_008_014.pdf
著者 谷崎 勝朗| 光延 文裕| 芦田 耕三| 御舩 尚志| 保崎 泰弘| 柘野 浩史| 岡本 誠| 岩垣 尚志| 山本 和彦| 中井 睦郎| 穐山 恒雄|
抄録 The percentage of attenuation area < -950HU (% LAA) on high resolution computed tomography (HRCT) was compared between 17 smoking and 24 nonsmoking patients with asthma. 1. FEV1/FVC value was lower in smoking patients (56.4%) than in nonsmoking patients (66.0%), however, the difference was not significant. 2. The percentage of LAA of the lung was larger in smoking patients compared with that in nonsmoking patients in all the three anatomic levels: the % LAA was 14.4% in nonsmoking and 20.3% in smoking patients at lower lung level (3cm above the top of the diaphragm). However, this was not significant. The maximal % LAA among the three lung levels on HRCT was 21.6±12.5% in smoking, and 15.7±11.9% in nonsmoking patients. This suggested that the maximal % LAA was larger in smoking patients, however, this was not significant. 3. The mean CT number of the lung on HRCT was smaller in smoking patients (-897.3HU) than in nonsmoking patients (-884.7HU). 4. Three of 4 nonsmoking patients whose % LAA was more than 30% had severe intractable asthma with long-term glucocorticoid therapy. The results suggest the possibility that smoking influences the % LAA of the lung on HRCT in asthma. It could be also speculated that % LAA is influenced by severity of asthma.
抄録(別表記) HRCT (high resolution computed tomography)による-950HU以下の肺野のlow attenuation area(LAA)について,17例の喫煙喘息症例と24例の非喫煙喘息症例で比較検討した。1.FEV1.0%値は,喫煙症例(56.4%)で非喫煙症例(66.0%)に比べ低い値が示されたが,両群間に有意の差は見られなかった。2.% LAAは,肺野のいずれの高さにおいても,非喫煙症例に比べ喫煙症例で高い傾向が見られたが,有意の差ではなかった。Maximal % LAAは,喫煙症例で21.6%,非喫煙症例15.7%であり,同様に喫煙症例で高い傾向が見られたが,有意の差は見られなかった。3.平均CT値は,非喫煙症例(-884.7HU)に比べ,喫煙症例(-897.3HU)で低い値であった。4.% LAAが30%以上を示 す4例の非喫煙症例のうち,3例がステロイド依存性の重症難治性喘息であった。これらの結果より,喫煙が肺野の% LAAに影響をあたえる可能性もあるものの,疾患の重症度がより影響が強い可能性が示唆された。
キーワード bronchial asthma FEV1 % LAA mean CT number HRCT
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1997-12
68巻
開始ページ 8
終了ページ 14
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308579
JaLCDOI 10.18926/14972
タイトル(別表記) 気管支喘息におけるアレルギー性鼻炎と花粉抗原に対するIgE抗体
フルテキストURL 068_022_027.pdf
著者 御舩 尚志| 光延 文裕| 保崎 泰弘| 芦田 耕三| 柘野 浩史| 岡本 誠| 岩垣 尚史| 山本 和彦| 谷崎 勝朗| 越智 浩二| 原田 英雄|
抄録 IgE antibodies against inhalant allergens were estimated in 53 patients with bronchial asthma in relation to allergic rhinitis. Of them, 20 patients (37.7%) had allergic rhinitis. 1. Asthma + allergic rhinitis were often observed in patients between the ages of 0 and 39. In contrast, asthma alone in those over age 60. 2. A RAST score was positive in house dust mite (HDm)(50.9%), cockroach(24.5%), and Candida (26.4%) in these patients, and the positive rate was not different between patients with and without allergic rhinitis. 3. The frequency of positive RAST against Japanese cedar and rice plants was higher in patients with allergic rhinitis (42.9% and 18.5%) than in those without allergic rhinitis (28.6 and 3.7%), however, the each positive rate or RAST against the two allergens was not significantly different between those with AR and without AR. 4. The number of patients with AR induced by pollen alone (pollinosis) was not large ( 5/53, 9.4%) in the patients with asthma. It was clarified from the results that allergic rhinitis was often observed in asthma patients, but not pollinosis. and that IgE antibodies against Japanese cedar and rice plants were found even in patients without AR.
抄録(別表記) 気管支喘息53例を対象に,吸入抗原に対するIgE抗体とアレルギー性鼻炎の合併の有無との関連について若干の検討を加えた。対象53例中20例(37.7%)にアレルギー性鼻炎の合併が見られた。 1.喘息+アレルギー性鼻炎の合併は,0-39才の年齢層で最も多い傾向であったが,一方,喘息単独は60才以上の症例に多く見られた。2,IgE抗体の陽性率は,それぞれHDm50.9%,ごきぶり 24.5%,カンジダ26.4%であった。これら抗原のRAST陽性率は,アレルギー性鼻炎合併例と非合併例の問に有意の差は見られなかった。3.スギおよびイネ科の花粉に対するRAST陽性率はアレルギー性鼻炎合併例で(スギ42.9%,イネ科18.5%),非合併例に比べ(28.6%と3.7%)高い傾向が見られたが,両群間に有意の差は見られなかった。4.花粉抗原によるアレルギー性鼻炎(花粉症)の頻度は9.4% (53例中5列)とあまり高くはなかった。以上の結果より,気管支喘息患者でしばしばアレルギー性鼻炎の合併が見られること,(しかし, 花粉症は少ない),そして,スギおよびイネ科の花粉に対するIgE抗体は,アレルギー性鼻炎の合併のない症例においても観察されること,などが明らかにされた。
キーワード bronchial asthma allergic rhinitis IgE antibodies house dust mite Japanese cedar
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1997-12
68巻
開始ページ 22
終了ページ 27
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308327
JaLCDOI 10.18926/14964
タイトル(別表記) The effects of perilla seed oil ointment for atopic dermatitis
フルテキストURL 069_076_081.pdf
著者 宮本 美由紀| 穐山 千晶| 能見 美智代| 高田 純子| 西村 伸子| 中村 寿美江| 川上 恭弘| 岡本 誠| 芦田 耕三| 光延 文裕| 谷崎 勝朗|
抄録 近年アトピー性皮膚炎が増加しており,工ゴマ油を使った食事療法がアレルギー抑制に有用であることが報告されている。そこで今回,エゴマ油を外用剤として使用するため,亜鉛華単軟膏を基剤とした工コマ軟膏を作製し,アトピー性皮膚炎患者3例を対象にその臨床応用を試みた。その結果,掻痒感の軽減に効果がみられ,また皮膚症状では,丘疹.表皮剥離,苔癬化,落屑などの所見が改善される傾向が見られた。
抄録(別表記) The perilla seed oil contains rich α-linolenic acid (α-LNA), parent n-3 fatty acid. The dietary intake of n-3 fatty acid, such as perilla seed oil, has been reported to have some clinical effects in patients with allergic disease. In this report, we prepared the perilla seed oil ointment for atopic dermatitis and the effects of the ointment was evaluated in three patients with atopic dermatitis. This ointment suppressed skin itch, and improved papules, excoriation, lichenification and desquamation of the skin. These results suggest that the perilla seed oil ointment has some effectiveness including suppression of inflammatory changes of the skin in patients with atopic dermatitis.
キーワード アトピー性皮膚炎 エゴマ軟膏 掻痒感
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1998-12
69巻
開始ページ 76
終了ページ 81
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308418
JaLCDOI 10.18926/14963
タイトル(別表記) サーモグラフィーによる体表面温度の測定 2.温水負荷の効果
フルテキストURL 069_068_075.pdf
著者 保崎 泰弘| 高田 真吾| 光延 文裕| 御舩 尚志| 芦田 耕三| 柘野 浩史| 岡本 誠| 原田 誠之| 谷崎 勝朗| 越智 浩二| 原田 英雄| 辻 孝夫|
抄録 The body surface temperature of 41 patients suffering coldness, numbness or pain in their feet was examined using thermography. Thermographic results were analyzed quantitatively by calculating a recovery ratio as: Recovery ratio =[Total counts of thermography (Pixels) over temperature (T) after cold loading] ÷ [Initial counts over T before cold loading] x 100(%). Three different baseline temperatures, 26℃. 27℃ and 28℃, were used in processing the thermographic results into pictures. The recovery ratio was susceptible to temperature, and we recommend a baseline temperature limitation of 27℃ for clinical study. A bi-modal distribution of recovery ratio was observed in 18 patients with diabetes mellitus. One group (6 subjects) had high recovery ratio between 80%-100%, and another group (10 subjects) had a low recovery ratio between 0%-19%. The results of thermography were also influenced by weather. To reduce the effect of outside temperature, we used pre-loading with hot water at 36℃ for 5 min (hot loading). A large difference in recovery ratio between presence and absence of hot loading was observed in 6 of the 30 subjects. The difference was over-estimated in more than 20% of recovery ratio without hot loading as compared with hot loading in these 6 subjects. The effect of drugs on peripheral circulation, such as beraprost sodium and sarpogrelate hydrochloride, was clear and quantified using thermography under these conditions of hot loading.
抄録(別表記) 下肢に冷感ならびにしびれ感または疼痛を訴える患者41症例についてサーモグラフィーを用いて体表面温度を測定した。測定で得られた結果は回復率として数量化して表示された。回復率の算出方法は回復率=[冷水負荷後の特定温度T℃以上の体表面温度のサーモグラフィーのPixelの総数]÷[温水負荷前の特定温度T℃以上の体表面温度のサーモグラフィーのPixelの総数]× 100%で求めた。サーモグラフィーで得られた結果と画像処理の過程で用いられた,26℃,27℃,28℃の3つの異なる特定温度T℃ との関連について検討を行なった。その結果,回復率は特定温度T℃に影響を受けやすいことが明らかとなった。下肢の体表面温度の低い臨床症例においては27℃の条件が適当と考えられた。前述の41症例中の18症例の糖尿病患者について検討を行なった。そのサーモグラフィーの結果は,比較的回復率の高い(80%~100%)群の6症例と比較的回復率の低い(0%~19%)群の10症例の2群に別れた。わずかに残り2症例が20%から79%の間であった。下肢の症状が気温の低い時期に出親しやすいためにサーモグラフィーの検査を冬期に行なう必要性が高まった。しかし,天候の影響を受けやすいために冷水負荷前の測定領域の下肢が冷えすぎているために20℃の室温に15分間の安静時間では体表面温度が十分に暖まることが出来ず,27℃以上の領域として測定範囲全体を観察できない 問題に直面した。この間温点を解決する手段として36℃の温水に5分間下肢を入れて暖める温水負荷を加えることにした。そこで, 温水負荷を行なった症例30症例について,温水負荷を行なう前(室温)の回復率と温水負荷を行なった後の回復率について比較検討を行なったところ,20%にあたる6症例において温水負荷を行なわなかった場合に20%以上の回復率の過剰評価が認めら れた。温水負荷を行なうことにより年間を通じて天候の影響を最小限にすることが可能となり,この結果,長期間の内服薬の末梢循環に及ぼす影響の測 定を行なった場合に,季節の影響を最小限にしてサーモグラフィーにより回復率を用いて数値化された測定結果を検討することが可能となった。具体的に末梢循環の改善に薬効が有ると言われている薬剤であるベラプロストおよびサルポグレラートを3ヵ月間内服した場合の前後のサーモグラフィーで得られた回復率について検討を行なった。その結果はベラプロストにおいては,6.9%から41.9%に上昇または回復率の6.1倍の上昇を認めた。サルポグレラートにおいては,1.9%から17.3%に上昇または回復率の9.1倍の上昇を認めた。以上より,温水負荷を加えたサーモグラフィーの測定結果の数値化は下肢に症状の有る患者の末梢循環の評価ならびに薬効の評価の比較に有用であることが表わされた。
キーワード サーモグラフィー (thermography) 糖尿病 (diabetes mellitus) 末梢循環 (peripheral circulation) 冷水負荷 (cold loading) 温水負荷 (hot loading)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1998-12
69巻
開始ページ 68
終了ページ 75
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308316
JaLCDOI 10.18926/14962
タイトル(別表記) ステロイド依存性重症難治性気管支喘息症例における胃粘膜病変の検討
フルテキストURL 069_063_067.pdf
著者 御舩 尚志| 光延 文裕| 保崎 泰弘| 芦田 耕三| 柘野 浩史| 原田 誠之| 岡本 誠| 湯本 英一朗| 高田 真吾| 谷崎 勝朗|
抄録 Recently, we experienced two asthmatic patients with advanced gastric cancer. The two patients had steroid-dependent intractable asthma (SDIA) who had been on administration of corticosteroids for more than 2 years. To determine the influence of pathophysiology of SDIA on stomach mucous lesion, gastroscopic examinations and immunological examinations were performed in eight patients with SDIA, compared with 25 patient with non-SDIA. In patients with SDIA, gastric cancer, its precursor condition and immunosuppressive state were observed. These results suggest that the immunosuppressive state in SDIA induced by the long-term administration of corticosteroids may lead to the risk of gastric cancer development.
抄録(別表記) 最近,進行胃癌を合併した気管支喘息症例を2例経験した。2症例ともにステロイド依存性重症難治性喘息(SDIA)症例であり,SDIAが胃悪性腫瘍に関与している可能性が考えられた。今回,SDIA症例における胃粘膜病変の臨床像および背景因子を検討する目的で,8例のSDIA症例における胃内視鏡検査,末梢血液分画,免疫グロブリン定量を行い,非SDIA症例と比較検討を行った。SDIA症例においては胃癌・前癌状態が認められたが,非SDIA例では認められなかった。SDIA群において,末梢血白血球は有意に増加し,リンパ球分画・IgGは有意に減少していた。これらの結果より,ステロイド依存性重症難治性気管 支喘息症例においては免疫状態が抑制され,胃悪性腫瘍が発生する危険性があるものと考えられた。
キーワード ステロイド依存性重症難治性 (steroid-dependent intractable asthma (SDIA)) 胃癌 (gastric cancer) 免疫抑制 (immunosuppression) リンパ球 (lymphocytes) IgG
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1998-12
69巻
開始ページ 63
終了ページ 67
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308665
JaLCDOI 10.18926/14961
タイトル(別表記) 鼻腔・副鼻腔疾患を合併する気管支喘息症例に対するクラリスロマイシン投与の効果
フルテキストURL 069_057_062.pdf
著者 御舩 尚志| 光延 文裕| 保崎 泰弘| 芦田 耕三| 柘野 浩史| 原田 誠之| 岡本 誠| 湯本 英一朗| 高田 真吾| 谷崎 勝朗|
抄録 We experienced a case of 59-year-old woman with intractable asthma, who had aspirin intolerance. Despite various treatments including systemic corticosteroid administration, she was often admitted due to severe asthma attacks. Furthermore, she had allergic rhinitis and sinusitis. Computed tomography (CT) scans of sinonasal cavity revealed marked thickness of nasal mucosa and air-fluid level in maxillary sinuses. Although her asthma symptoms such as wheezing and dyspnea were improved by administration of bronchodilator, systemic corticosteroids and beclomethasone diisoccyanate (BDI) accompanied with spa therapy, her peak expiratory flow (PEF) showed no improvement. After readmission due to asthma attacks, clarithromycin (CAM) administration for sinonasal disorders was started. The PEF value showed marked improvement after starting CAM administration, and pulmonary functions and bronchial hyperresponsiveness were also improved. It is suggested from her clinical course that CAM may have beneficial effects in asthmatic patients with sinonasal disorders.
抄録(別表記) 気管支喘息にアレルギー性鼻炎や副鼻腔炎を合併する症例は頻回に経験される。副鼻腔炎症状の増悪が喘息症状の増悪を引き起こす症例も存在し,鼻腔・副鼻腔における炎症が気管支喘息の病態と何らかの関係を持っていることが考えられる。今回,59才の難治性アスピリン喘息症例を呈示する。副腎皮質ホルモンの全身投与を含めた様々な治療にも関わらず頻回に重篤な喘息発作を呈し,入退院を繰り返している症例である。アレルギー性鼻炎も合併し,CTでは著明な鼻粘膜肥厚と上顎洞の鏡面形成が認められた。入院後の投薬や温泉療法によって呼吸困難は改善したが,ピークフロー値は上昇が認められないまま退院となった。再入院後,副鼻腔炎に対しクラリスリマイシン投与を開始したところ、ピークフロー値は著明に改善を示し,肺機能・気道過敏性も改善した。この症例のように,鼻腔・副鼻腔疾患を合併する気管支喘息症例に対しては,クラリスロマイシン投与が有効である可能性が考えられた。
キーワード bronchial asthma allergic rhinitis sinusitis clarithromycin peak expiratory flow (PEF)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1998-12
69巻
開始ページ 57
終了ページ 62
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308388
JaLCDOI 10.18926/14960
タイトル(別表記) n-3系脂肪散を強化した食事療法が有効と考えられた肺気腫の一例
フルテキストURL 069_049_056.pdf
著者 柘野 浩史| 芦田 耕三| 光延 文裕| 御舩 尚志| 岡本 誠| 保崎 泰弘| 谷崎 勝朗| 辻 孝夫|
抄録 An effective treatment for the advanced stages of chronic obstructive pulmonary disease (COPD) has not been established yet. We report our recent experience of one patient with pulmonary emphysema treated by dietary supplementation of n-3 fatty acid for two months. He presented improvements in clinical symptoms and pulmonary function, and suppression of leukotriene B(4) generation by peripheral leukocytes. We consequently suppose that dietary treatment with n-3 fatty acids (perilla seed oil) may offer benefits for the treatment of pulmonary emphysema by competitively inhiabiting the conversion of arachidonicacid to leukotrienes and prostanoids.
抄録(別表記) 今回我々は,肺気腫の症例に対してn-3系脂肪酸を強化した食事療法をおこない,臨床症状,呼吸機能検査所見ともに速やかに改善を認め,同時に白血球のロイコトリエンB4産生能が著明に減少した一例を経験したので報告する。 症例は67歳,男性。主訴は労作時呼吸困難。【第一回目入院】3カ月間入院し,薬物療法,温泉を用いた理学療法を行った。自覚症状はやや改善が見られたが,呼吸機能検査所見の改善は得られなかった。【第二回目入院】1年後に再入院。n-3系脂肪酸強化食事療法も併用した。自覚症状および,呼吸機能検査上,FVC,FEV1.0,PEFなどに改善を認めた。n-3系脂肪酸はアラキドン酸代謝を通してロイコトリエン合成に関与すると推定されるが,経渦中に白血球のLTB4産生能の減少を認めた。この症例は肺気腫に対するn-3系脂肪酸強化食 事療法の有用性が示唆され,病態を考える上でも興味深いと考えられた。
キーワード pulmonary emphysema n-3 fatty acid leukotriene diet therapy
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1998-12
69巻
開始ページ 49
終了ページ 56
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308253
JaLCDOI 10.18926/14959
タイトル(別表記) n-3系脂肪酸食の気管支喘息に対する臨床効果:n-6系脂肪酸との比較
フルテキストURL 069_040_048.pdf
著者 岡本 誠| 芦田 耕三| 光延 文裕| 御舩 尚志| 保崎 泰弘| 柘野 浩史| 原田 誠之| 湯本 英一朗| 高田 真吾| 谷崎 勝朗| 片岡 幹男| 原田 実根|
抄録 N-3 fatty acids, such as fish oil, have been reported to have some beneficial effects in patients with bronchial asthma by suppressing leukocyte function, followed by reduction of the need for pharmacologic agents. To examine the effects of dietary supplementation with perilla seed oil rich in α-linolenic acid (ALA), 23 patients with asthma took corn oil rich in linoleic acid (LA) for the former two weeks, perilla seed oil for the later two weeks. The asthmatic patients were classified into two groups by the changes of the generation of leukotrienes B4 (LTB4), C4 (LTC4), and B5 (LTB5) during the two courses of dietary modification: one was sensitive to dietary modification, and the other was insensitive to dietary supplementation. We compared the two groups in clinical characteristics. Significant differences were observed in peak flow (PEF), forced expiratory volume in one second (FEV1.0), IgE, sex, obesity index (OI), concentration of serum total cholesterol, albumin, low density lipoprotein {LDL)-cholesterol, β-lipoprotein and phospholipids between two groups. This study indicated that these factors influence the generation of LTB4, C4 and B5 of asthmatic patients in dietary supplementation.
抄録(別表記) 気道への炎症性白血球の集合が気管支喘息の病態に関わっている。魚油などのn-3系脂肪酸が白血球の機能を抑制することにより気管支喘息患者に良好な効果をもたらし,薬剤の必要性を減じたとの報告がなされている。α-リレノン酸を豊富に含有するエゴマ油食の効果を調べるため,気管支喘息患者23名に2コースの食事-リノール酸の豊富なコーン油食を2週間摂取後,エゴマ油食を2週間-を摂取してもらった。喘息患者は2コースの食事間のロイコトリエンB4(LTB4),CA(LTC4),B5(LTB5)の変化から2群-1群は食事に対し感受性のある群,もう1つは感受性の無い群-に分類した。我々はこの2群を臨床的に検討したところ,ピークフロー(PEF),1秒量(FEV10),IgE,性別,肥満率(OⅠ),血清総コレステロール,アルブミン,低比重リポ蛋白(LDL)-コレステロール,β-リポ蛋白,リン脂質において2群間に有意差が認められた。今回の研究から,これらの因子が,喘息患者において,LTB4,LTC4,LTB5の産生に対する食事療法の効果に影響を及ぼしていることが示唆された。
キーワード n-3系脂肪酸 (n-3 fatty acids) エゴマ油 (perilla seed oil) 気管支喘息 (bronchial asthma) LTB4 LTC4
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1998-12
69巻
開始ページ 40
終了ページ 48
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308199
JaLCDOI 10.18926/14956
タイトル(別表記) MR-angiographyで経過を観察しえた慢性関節リウマチに合併した巨細胞動脈炎の1例
フルテキストURL 069_035_039.pdf
著者 原田 誠之| 光延 文裕| 兒玉 富美子| 保崎 泰弘| 御舩 尚志| 柘野 浩史| 岡本 誠| 湯本 英一朗| 高田 真吾| 谷崎 勝朗|
抄録 We report a patient who developed giant cell (temporal) arteritis during treatment of rheumatoid arthritis. The patient was a 57-year-old Japanese woman and had been well controlled with anti-rheumatic drugs, when she presented to our hospital with severe bitemporal headaches and marked fatigue. An exclusive diagnosis was rapidly made and she was diagnosed as having giant cell arteritis based on the classification criteria by American College of Reumatology. Additionally, magnetic resonance (MR) angiography was performed, from which stenotic change in the bilateral superficial temporal arteries was strongly suspected and then corticosteroid therapy was quickly started. The patient followed an uneventful course without developing any complications such as visual dysfunctions. Therapeutic effect was confirmed by MR-angiographic findings obtained 4 weeks after the initiation of therapy.
抄録(別表記) 慢性関節リウマチ治療経過中に巨細胞動脈炎(側頭動脈炎)を合併した1例を報告した。症例は抗リウマチ剤投与で良好にコントロールされていた慢性関節リウマチの57歳の女性で,強い両側頭部痛と全身倦怠感を主訴に来院した。アメリカリウマチ学会(ACR)の分類基準に基づき巨細胞動脈炎と診断し,MR-アンギオグラフィーで両側浅側頭動脈の狭窄性変化を強く疑い,発症 早期よりステロイド投与を開始した。眼合併症等を来すことなく良好な経過をとり,治療開始4週間後のMR-アンギオグラフィー再検でその治療効果を確認し得た。MR-アンギオグラフィーで巨細胞動脈炎病変部を観察しえた報告は極めて少なく,文献的考察を加え報告する。
キーワード 巨細胞動脈炎 (giant cell arteritis) 側頭動脈炎 (temporal arteritis) 慢性関節リウマチ (rheumatoid arthritis) MRアンギオグラフィー (MR-angiography)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1998-12
69巻
開始ページ 35
終了ページ 39
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308121
JaLCDOI 10.18926/14954
タイトル(別表記) 肺気腫患者における吸入抗原に対するIgE抗体
フルテキストURL 069_021_027.pdf
著者 光延 文裕| 御舩 尚志| 保崎 泰弘| 芦田 耕三| 柘野 浩史| 岡本 誠| 原田 誠之| 湯本 英一郎| 高田 真吾| 谷崎 勝朗| 越智 浩二| 原田 英雄| 長谷川 晴巳|
抄録 To analyze the pathophysiological changes ot the airways in emphysema, bronchial responsiveness and the generation of leukotrienes B4 (LTB4) and C4 (LTC4) by peripheral leucocytes were examined in 22 patients with emphysema. The subjects were divided into two groups according to the presence or absence of IgE antibodies against inhalant allergens; RAST positive group and RAST negative group. 1. Smoking history, mean CT number and mean maximum % low attenuation area (% LAA) <-950HU of the lung on high resolution computed tomography (HRCT), and DLco value suggested that there were emphysematous changes of the lung in all subjects. However, these findings were not different between the two groups. 2. The level of serum IgE was significantly higher in RAST positive group than in RAST negative group. 3. The mean % increase in FEV1.0 after inhalation of β-agonists was higher in RAST positive group than in RAST negative group. The % increase more than 15% was found in 4 of the 9 subjects (44.4%) in RAST positive group and 2 of the 12 (16.7%) in RAST negative group. 4. The generation of LTC4 by leucocytes was significantly higher in RAST positive group than in RAST negative group (p<0.01). The generation of LTB4 was not significantly different between the two groups. The results suggest that IgE-mediated allergy participates in the bronchial responsiveness of patients with emphysema.
抄録(別表記) 肺気腫患者の気道病変を解析する目的で,22例の肺気腫患者を対象に,その気道反応および白血球のロイコトリエンB4,C4産生能について検討を加えた。この際対象症例はIgE抗体の有無によってRAST陽性症例RAST陰性症例に分類された。1.喫煙歴,平均CT値,high resolution computed tomography(HRCT)上の-950HU以下の% low attenuation area(% LAA),DLcoなどの値は,いずれも対象症例が高度な気腫化病変を有してい ることを示した。2.血清IgE値は,RAST陽性例で陰性例に比べ有意の高値を示した。3.β受容体刺激薬吸入後のFEV1.0の増加は,RAST陽性例で陰性例に比べ高度であった。そして,吸入後のFEV1.0が15%以上の増加を示した症例は,RAST陽性例では9例中4例(44.4%),陰性例では12例中2例(16,7%)であった。4.白血球のLTC4産生量は,RAST陽性例で陰性例に比べ有意に高い値であったが,LTB4産生は両者間に有意の差は見られなかった。以上の結果より,IgEにmediateされるアレルギー反応が,肺気腫患者 の気道反応に関与している可能性が示唆された。
キーワード emphysema bronchial responsiveness FEV1.0 LTB4 LTC4
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1998-12
69巻
開始ページ 21
終了ページ 27
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308178
JaLCDOI 10.18926/14953
タイトル(別表記) 肺気腫患者におけるロイコトリエンB4,C4産生能と高分解能CTによる平均CT値との関連
フルテキストURL 069_015_020.pdf
著者 光延 文裕| 御舩 尚志| 保崎 泰弘| 芦田 耕三| 柘野 浩史| 岡本 誠| 原田 誠之| 湯本 英一郎| 高田 真吾| 越智 浩二| 原田 英雄| 長谷川 晴巳|
抄録 The generation of leukotrienes B4 (LTB4) and C4 (LTC4) by peripheral leukocytes stimulated with Ca ionophore A23187 was examined in 17 patients with pulmonary emphysema. They were divided into three groups according to the mean CT number; A (<-940 HU), B (-940 ≦, <-930 HU), and C (-930 HU ≦ ).1. The values of FVC (% predicted), FEV1.0% and DLco (% predicted) showed a tendency to decrease as the mean CT number was smaller. The value of % FVC was significantly lower in patients with group A than in those with group C (p<0.05). 2. The generation of both LTB4 and LTC4 was significantly higher in patients with emphysema compared to the generation in healthy subjects (LTB4;p<0.05, LTC4;P<0.05). 3. The generation of LTB4 and LTC4 in patients with emphysema was higher as the mean CT number was larger (severity of the disease become less). The LTC4 production was significantly higher in patients with group C(mild or moderate type of emphysema) than in those with group A(advanced type of emphysema). These results suggest that the generation of LTB4 and LTC4 is higher in patients with mild or moderate type of emphysema than in those with advanced type of the disease.
抄録(別表記) 肺気腫患者17名を対象として,カルシウムイオノフォアA23187による末梢血白血球からのロイコトリエンB4(LTB4), ロイコトリエンC4(LTC4)の産生能の検討を行った。対象は高分解能CTによる平均CT値によってA(<940HU), B(-940≦,<-930HU),C(-930HU≦)の3群に分類した。1.% FVC,FEV1.0%,% DLcoが低下するにつれて平均CT値が低下する傾向が見られた。% FVC値はC群に比較して,A群において有意に低値を示した(p<0.05)。2.LTB4とLTC4の産生能は健常人に比較して,肺気腫患者において有意に高値を示した(LTB4;p<0.05,LTC4;p<0.05)。3.肺気腫患者におけるLTB4とLTC4の産生能は平均CT値が上昇するにつれて(軽症症例ほど)高値を示した。またLTC4産生能はC群(早期肺気腫症例)においてA群(進行肺気腫症例)に比して有意に高値を示した。以上より肺気腫におけるLTB4,LTC4産生能は進行例に比較すると,軽・中等症例において高値であることが示唆された。
キーワード emphysema mean CT number LTB4 LTC4
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1998-12
69巻
開始ページ 15
終了ページ 20
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308094