このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11361
Eprint ID
11361
フルテキストURL
タイトル(別表記)
A Basic Study of 3-Dimensional Sense by Colors on VDT Working
著者
山口 有美 岡山大学
山口 晴久 岡山大学
抄録
本研究は、VDT(Visual Display Terminals)における人間の学習メディア提示形態に関する基礎的研究としてディスプレー上に描かれた図形を立体として認識する立体感効果に関して、空間構成と色彩調和効果をパラメータとして視認実験を被験者に行わせた。そして、人間の距離感認知に対して立体面と色彩提示方法の違いが学習者の距離認知心理にどの様な影響を及ぼすかを比較分析した。簡単な立体感を構成する図形の壁面色を基準とした対人実験の結果から、距離感、立体感の認識には個人差が大きいこと、それらはいくつかにグルーピングされることなどを統計分析し、実験空間における距離感に関する実験式を導出した。
抄録(別表記)
In this paper, we describes the cognitive experiments to the students on acknuwledgment of 3-dimensional materials in 2-dimensional sights in VDT working. A model cube whose wall was constructed on the 4 primary colors under various combination was shown to the subjects and the distance from the front wall to the back wall were measured by appearance. And, some human acknowledgmental tendency of 3-dimensional materials on 2-dimensional sights in VDT working was classified into 4-types by the statistical analysis. And experimental expression on the distance from the front wall to the back wall of the model cube was formularized.
キーワード
メディア (Media)
立体感 (Solidity)
VDT (Virtual Display Terminal)
4原色 (Trichromatics)
色彩調和 (Color Harmony)
壁面構成 (Construction of Walls)
発行日
2001
出版物タイトル
岡山大学教育実践総合センター紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
1巻
1号
出版者
岡山大学教育学部附属教育実践総合センター
出版者(別表記)
Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
開始ページ
69
終了ページ
76
ISSN
1346-3705
NCID
AA11529614
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
rdc