このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 56386
Sort Key
5
タイトル(別表記)
An effective case of peroral endoscopic myotomy for esophageal abnormal peristalsis after Heller-Dor myotomy
著者
杉原 雄策 岡山大学病院 消化器内科
原田 馨太 岡山大学病院 消化器内科
加藤 諒 岡山大学病院 消化器内科
山内 健司 岡山大学病院 消化器内科
髙嶋 志保 岡山大学病院 消化器内科
山崎 泰史 岡山大学病院 消化器内科
井口 俊博 岡山大学病院 消化器内科
高原 政宏 岡山大学病院 消化器内科
川野 誠司 岡山大学病院 消化器内科
平岡 佐規子 岡山大学病院 消化器内科
眞部 紀明 川崎医科大学 検査診断学
大塚 文男 岡山大学病院 総合内科
岡田 裕之 岡山大学病院 消化器内科
抄録
Esophageal achalasia is a disorder of the lower esophageal sphincter muscle. Our patient, a Japanese male in his 80's, had been experiencing dysphagia for almost 60 years. He was treated with balloon dilations and Heller-Dor 5 years prior to his present admission. Esophagogastroduodenoscopy, esophageal radiography, and high-myotomy manometry indicated that the symptoms were likely due to abnormal peristalsis. With the patient’s informed consent, we performed a peroral endoscopic myotomy(POEM). The patient was discharged 4 days post-surgery. At the 6-month postoperative examination, no worsening of symptoms or relapse was observed. POEM is an excellent treatment method for esophageal achalasia from the perspective of therapeutic effect. We recommend that POEM be considered as the first-choice treatment for abnormal peristalsis after a Heller-Dor myotomy.
キーワード
POEM(peroral endoscopic myotomy)
食道アカラシア(esophageal achalasia)
備考
症例報告 (Case Report)
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
発行日
2018-08-01
130巻
2号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
67
終了ページ
71
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
関連URL
isVersionOf https://doi.org/10.4044/joma.130.67
OAI-PMH Set
岡山大学
言語
Japanese
著作権者
Copyright (c) 2018 岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI
NAID
Eprints Journal Name
joma