このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 817
Eprint ID
817
フルテキストURL
タイトル(別表記)
グラヤノトキシンD環の化学修飾
著者
岩佐 順吉 岡山大学
川西 徹朗 Technical R & D Division, Terumo Co.
飯田 聡 Niigata Refinery, Showa Shell Sekiyu Co.
鎌野 秀樹 Central Research Laboratories, Idemitsu Kosan Co.
山本 真吾 岡山大学
岡本 学 岡山大学
竹田 典正 Tondabayashi High School
中村 幹彦 Kao Institute for Fundamental Research, Kao Co.
桝谷 哲也 Chemical Division, Daikin Industries Co.
城 始勇 Shionogi Reserch Laboratries, Shionogi & Co. Ltd.
中島 修平 岡山大学
馬場 直道 岡山大学
瀬山 一正 School of Medicine, Hiroshima University
抄録
Grayanotoxin (GTX), one of the lipid-soluble Na+ channel openers, contains four rings (A, B, C and D) and the chemical groups essential for the pharmacological action are located on the A- and B-rings. To study the biological significance of functional groups on the D-ring, 51 new derivatives were prepared from α-dihydro GTX- 11 . These new compounds and the previously prepared GTXS ere directly applied to the intracellular phase of internally perfused squid giant axons.
発行日
1992
出版物タイトル
岡山大学農学部学術報告
出版物タイトル(別表記)
Scientific Reports of the Faculty of Agriculture Okayama University
79巻
1号
出版者
岡山大学農学部
出版者(別表記)
Faculty of Agriculture, Okayama University
開始ページ
1
終了ページ
35
ISSN
0474-0254
NCID
AN00033029
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
srfa