このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 46875
フルテキストURL
タイトル(別表記)
A transmission electron microscopic study of LLCMK 2 cells infected with Japanese encephalitis virus
著者
赤塚 和也 岡山大学医学部ウイルス学教室
宇野 文夫 岡山大学医学部ウイルス学教室
宇野 直道 岡山大学医学部ウイルス学教室
黒木 郁代 岡山大学医学部ウイルス学教室
山西 重機 岡山大学医学部ウイルス学教室
冨永 晃 岡山大学医学部ウイルス学教室
筒井 潔 岡山大学医学部ウイルス学教室
新居 志郎 岡山大学医学部ウイルス学教室
抄録
LLCMK2 cells infected with Japanese encephalitis virus were studied by transmission electron microscopy, with a special consideration on the nature of white round granules of 0.4-1.3 μm dIameter with a scanning electron microscope. Virus particles were detected in cytoplasmic vacuoles with smooth-surfaced membranes, in those with rough-surfaced membranes and also in the perinuclear space. Besides the virus-enclosing vacuolar structures many lipid droplets were observed in the cytoplasm of infected cells, although they were few in control non-infected cells. These droplets were supposed to correspond to the white granules observed by a scanning electron microscope.
備考
日本脳炎特集号 XXII (岡山大学脳炎委員会)
発行日
1981-02-28
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
93巻
1-2 suppl号
出版者
岡山医学会
開始ページ
23
終了ページ
27
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
Copyright© 岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma