このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14847
Eprint ID
14847
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Elucidation of the liquid-liquid distribution behavior of ion associates of metal-halogeno complex anions with quaternary ammonium counter cations and its application to separation and analysis
著者
山本 幸市 米子工業高等専門学校物質工学科
本水 昌二 岡山大学理学部化学科
抄録
第四級アンモニウムイオンを対イオンとする一価, 二価金属ハロゲノ錯陰イオンのイオン会合抽出挙動を把握し, 分離・分析的応用を図るために, 炭素数及び形状の異なる第四級アンモニウム陽イオンを用いて, 水-各種抽出溶媒 {1,2-ジクロロエタン, クロロホルム (CF), クロロベンゼン (Cl-B), ベンゼン (B), トルエン (T) 及び四塩化炭素 (CTC)} 系での抽出定数を求めた. 得られた抽出定数から次の知見を得た. (1) 配位子の抽出性に及ぼす影響 : 配位子がCl-, Br-, I-と変わるにつれ, この順に抽出性は良くなる. (2) 配位子数の影響 : 配位子数が多くなるに従い, 抽出性も良くなる. (3) 中心金属の影響 : 配位子数が同じ場合には, 抽出性はほぼ中心金属イオンの大きさの順となる. (4) 金属錯陰イオンの電荷の影響 : 一般に二価陰イオンよりも一価陰イオンのほうが抽出されやすい. (5) 対陽イオンのアルキル鎖のメチレン基の寄与 : メチレン基一つ当たり, 大体0.4~0.8の抽出定数 (log K(ex)) の増大となる. (6) 抽出溶媒の影響 : 抽出溶媒の抽出能は次の順となる : CTC
抄録(別表記)
The distribution behavior of ion associates of both monovalent and divalent metal-halogeno complex anions with various quaternary ammonium cations between the aqueous phase and several organic phases {1,2-dichloroethane, chloroform (CF), chlorobenzene (Cl-B), benzene (B), toluene (T) and carbon tetrachloride (CTC)} was examined, and the extraction constants (log Kex) were determined. The larger is the size of the ligand (Cl-
キーワード
liquid-liquid distribution
metal-halogeno complex anion
quaternary ammonium ion
ion association
solvent extraction
発行日
2001
出版物タイトル
分析化学
出版物タイトル(別表記)
Bunseki Kagaku
50巻
1号
出版者
日本分析化学会
出版者(別表記)
The Japan Society for Analytical Chemistry
開始ページ
31
終了ページ
46
ISSN
0525-1931
NCID
AN00222633
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
http://dx.doi.org/10.2116/bunsekikagaku.50.31
言語
Japanese
著作権者
The Japan Society for Analytical Chemistry
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI