JaLCDOI 10.18926/15158
タイトル(別表記) Changes of bone mineral densities in women and prevention and treatment of osteoporosis
フルテキストURL 065_082_086.pdf
著者 小林 靖明| 中桐 善康| 石田 理| 中井 睦郎| 穐山 恒雄|
抄録 当科では3年ほど前よりQCT法を用いて骨塩量測定を行い,骨粗鬆症の管理治療を行っている。264名の測定値について分析をしたところ,40歳頃から60歳にかけて急速に低下すること,肥満度が増すにつれ骨塩量も増加する傾向がみられた。また,閉経前に卵巣を両側摘出した場合ホルモン補充療法を行っているが,卵巣を温存した場合と差がでなかった。治療に結合型エストロゲンを用いた群の12カ月後の骨塩量の増加率は,任用しなかった群にくらべ有意の差があった。
抄録(別表記) Bone mineral density (BMD) was measured in 264 females by QCT. BMD was rapidly decreased between 40's and 60's. There was a tendency for BMD increase in proportion to obesity. HRT was made without bilateral ovaries at operation, then there were no differencis between removal of ovaries and preserve of ovaries. The increase rate of BMD treated by conjugated-estrogens was higher than that of no treated BMD (p<0.05).
キーワード 骨塩量 (Bone mineral density) 骨粗鬆症 (osteoporosis) ホルモン補充療法 (HRT)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1994-09
65巻
開始ページ 82
終了ページ 86
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307221
JaLCDOI 10.18926/15157
タイトル(別表記) Use of danazol in myoma
フルテキストURL 065_077_081.pdf
著者 中桐 善康| 小林 靖明| 石田 理|
抄録 子宮筋腫14症例に対しダナソールを400mg/dayを月経5日目より16週間経口投与した。平均年齢は45.4才で,ダナゾール投与により超音波計測では筋腫核の体積は投与前を100%とすると75%へと縮小した。投与後に赤血球,ヘモグロビンは有意に増加し,s-GOTは平均22.5U/ℓが平均28.8U/ℓ,s-GPTも平均19.4U/ℓが平均34.9U/ℓと有意な上昇が認められたが投与後速やかに正常範囲に戻った。投与により過多月経は92.9%,月経痛80%,腰痛は75%に改善が認められた。投与によりQCT法による骨塩量は平均10.4%の上昇がみられたが,4例には骨塩量の平均5.5%低下がみられた。筋腫核の縮小率は投与前を100%とすると骨塩量低下群では平均51.7%になり,骨塩量増加群では平均84.4%になり,有意に骨塩量低下群に縮小率が高かった。
抄録(別表記) Danazol was administered in 14 cases of myoma for 16 weeks. Mean age was 45.5 y.o. Danazol treatment gived sufficient symptomatic improvement. Uitrasound measurement of uterine myomas following danazol treatment decreased to 25.0% prior to treatment. Bone mineral density measured by QCT increased 214mg/cm(3) to 237mg/cm(3) after danazol treatment. Response in size of decresed bone mineral density group was greater than that of increased bone mineral density group. (p<0.05)
キーワード 子宮筋腫 (myoma) ダナゾール (danazol) 骨塩量 (bone mineral density) 骨粗鬆症 (osteoporosis)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1994-09
65巻
開始ページ 77
終了ページ 81
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307597
JaLCDOI 10.18926/15156
タイトル(別表記) Study on the relatjonship between the bone mineral density mesured by QCT and the osteoporosis therapy.
フルテキストURL 065_069_076.pdf
著者 梶本 和宏| 高田 一郎| 横田 聡| 光延 文裕| 御舩 尚志| 貴谷 光| 谷崎 勝朗| 小林 靖明| 中桐 善康| 中井 睦郎| 穐山 恒雄|
抄録 当院通院あるいは入院中の女性患者54例を対象に骨塩量を経時的に3回測定し検討を行った。54例の骨塩量の平均は3回とも有意差はなく,年次骨塩変化量は-3.1±14.6mg/cm(3)/yearであった。平均骨塩量の年齢別比較では40才台,50才台,60才台の順に有意な減少がみられ,60才台と70才以上との間には差は認めなかった。また50才台及び70才以上の年代で1年当たりの骨塩量の減少が大きい傾向が窺われた。身長と骨塩量との間に有意の正の相関を認めたが,体重との間には有意の相関を認めなかった。血清中Ca,P及びALPと骨塩量との検討ではいずれも有意の相関を認めなかった。骨塩変化量減少群と増加群との比較では,平均骨塩量及び背景因子の間に差を認めなかった。女性,特にステロイド療法を必要とする患者については閉経の時期にあたる40~50才台より積極的に骨粗髭症対策を考える必要性があると考えられた。また運動療法については温泉プール療法自体を再検討するとともに,骨粗髭症に特異的な運動療法の確立が必要と思われた。
抄録(別表記) Bone mineral densities (BMD) were mesured 3 times in 54 females aged 40 to 84 years old to evaluate about relationship between BMD and osteoporosis therapy or patient background factors. BMD decreased 3.1±14.6mg/cm(3) per year, and BMD values were more decreased in subjects with the age of 50's and over 70's than in those with the age of 40's and 60's. In patients with bronchial asthma or rheumatoid arthritis, treated with corticosteroids (predonisolone : 3-7.5mg/day), BMD were sigfnificantly more decreased than in patients without corticosteroid therapy. There was a significant positive correlation between BMD and body height, but no correlation between BMD and body weight, serum Ca, P, or alkaline phosphatase. No differences in background factors were found between subjects with increased BMD and those with decreased BMD. These results indicate that female patients with corticosteroids need active treatments for the prophylaxis of osteoporosis at the age of 40's or 50's.
キーワード 骨粗鬆症 (Osteoporosis) 骨塩量 (Bone mineral density) 運動療法 (Exercise therapy) QCT (quantitative computed tomograpy)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1994-09
65巻
開始ページ 69
終了ページ 76
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307602
JaLCDOI 10.18926/15126
タイトル(別表記) Pelvimetry with smaller radiation field by CC・DR system- An examination on applying to lateral radiography of the pelvis (Guthmann) ―
フルテキストURL 066_062_071.pdf
著者 中井 睦郎| 穐山 恒雄| 中桐 善康| 小林 靖明|
抄録 100万画素CCDカメラを用いたI.I.-DR装置(CC・DRシステム)をX線骨盤計測に適用するため,被曝線量をはじめとするいくつかの点を検討した。照射野内の被曝線量は従来の高感度Screen-Film システムであるG12/HRSと同等以下に抑えることが可能であった。また,CC・DRシステムの9インチ円形照射野は一般的に用いられている大角フィルム面積の1/3であり,胎位の95%を占めるといわれている頭位の撮影においては胎児の生殖腺はもちろん, 赤色骨髄を多く含む脊椎への被曝を大幅に低減できた。また,新たに開発された距離計測ソフトウェアーの正確度は良好で,通常lmm以下の誤差で測定が可能であることを確認した。その他,装置に標準装備されている自動露出機構の特性についても報告し,最後に撮影時の留意点についても検討した。
抄録(別表記) To apply CC・DR system (image intensifier digital radiography system including one million pixel CCD camera)to X-ray pelvimetry, We examined exposure dose of X-ray, radiation field, and accuracy of X-ray pelvimetry by the system. The hazards of radiation by CC・DR system were less than those of radiation by G12/HRS which is high sensitive screen-film system. 9 inch round radiation field by CC・DR system was one third of the area of 14×14 inch film. In cephalic presentation which occurs in about 95% of pregnancies, the damages of radiation by CC・DR system to fetal gonads and spinal bones including bone marrow much were less than those by usual X-ray examination. The accuracy of a distance measuring software devised newly for pelvimetry was reliable, and we could measure diameters with less than 1 mm deviations. Also we report the characteristics of automatic exposure controller annexed to this TV system and enumerate points to which we pay attention on taking a radiograph. Furthermore, It is expected that CC・DR system was useful to apply to superio-interior pelviography (Martius).
キーワード 骨盤計測 (Pelvimetry) グースマン法 (Guthmann Position) デジタルラジオグラフィー (digital radiography) 被曝線量 (exposure dose)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1995-09
66巻
開始ページ 62
終了ページ 71
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307350