JaLCDOI 10.18926/11908
タイトル(別表記) Probrems and needs on elderly patients after discharge from hospital - Analysis from the interview records of their patients -
フルテキストURL 005_023_027.pdf
著者 池田 敏子| 中西 代志子| 高田 節子| 近藤 益子| 太田 にわ| 猪下 光| 小島 操子|
抄録 高齢者人口の増加に伴い慢性疾患をもつ老人が増え在宅医療の必要性が叫ばれているが、一旦入院すると症状が軽快しても自宅への退院は困難とする事例が多い。そこで、高齢者の在宅医療がスムーズに行われるための退院指導のあり方、継続看護の方向性を得るために患者が自宅退院を迎える時どのような問題を持ち、どのような援助を希望しているかを質問紙を用い面接調査した。70歳以上の患者が自宅へ退院する時の心配なこと、医療従事者に相談したいことは1、健康面で病気のこと、2、日常生活面で食事のことが多かった。退院後、困る事では1、健康面の事が多く、次いで2、日常生活面、3、精神面の順であった。援助の希望では1、日常生活面が最も多く次いで2、健康面、3、精神面であった。このような心配事、ニーズが退院後どのように変化しているのか調査中である。
抄録(別表記) The population of the aged people with the chronic disease is increasing. It produces demands for the home health care. We focused on the home health care for the aged above 70 and interviewed with a questionnaire to them who were ready to discharge. We also have been investigating every three months how problems and needs were changing after discharge. In this paper, we report on results of this interview and discuss problems and needs they have to provide our better nursing care for them.
キーワード 高齢者 退院指導 在宅看護 退院時心配事 退院時ニーズ
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1995-01-31
5巻
開始ページ 23
終了ページ 27
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313456
JaLCDOI 10.18926/11774
タイトル(別表記) The health and daily-life problems of the elderly living in their own homes for six months after being discharged from the hospital
フルテキストURL 007_1_041_047.pdf
著者 太田 にわ| 猪下 光| 池田 敏子| 中西 代志子| 近藤 益子| 高田 節子| 小島 操子|
抄録 病院を退院した高齢者の療養上の問題を把握することは、退院指導や継続看護を進める上でも重要である。著者らは退院時、退院後3か月、6か月、1年のそれぞれの時点で、在宅での看護上の問題について調査研究を行い、すでにこれらの一部は報告した。今回は退院後6ヵ月を経過した高齢者の在宅療養時の健康及び日常生活の問題について報告する。総合病院に入院していた70歳以上の高齢者で、退院時に調査を行った93名のうち、退院後6ヵ月の時点で回答を得た60名(64.5%)について分析した。調査は郵送法により、調査内容は健康状態、自立度、困っていること等で、結果は退院時の状態と比較・検討した。退院6か月後の日常生活の自立度がよい者の割合は退院時より8.4%増加し、体の調子が「良くなった」とする者は50%を越えた。しかし、困っていることとして「健康面」の問題をあげた者は23.3%と高く、退院時の2倍になっていた。また退院時の問題点の70%はなお持続しており、食事療法・移動動作・下肢痛・視聴覚障害・排泄障害・気管支炎等の順に多かった。6ヶ月後の新たな問題として注目すべきものとしては人間関係やコミュニケションの障害が認められた。
抄録(別表記) The purpose of this study is to investigate the medical care problems of the elderly living in their own homes for six months after being discharged from the hospital. Analysis was done on the health and daily-life problems of 60 elderly people who responded to a survey which was mailed. The results are as follows ; 34 persons (56.7%) answered that their health had improved compared to the time of their discharge and the health condition of 16 persons (26.7%) had improved to the point where they were able to work. Nevertheless, 14 persons (23.3%) had health problems and 4 persons had problems in their daily life, 3 persons had mental problems and 2 persons had economic problems. Some of them still had problems such as diet, disability in moving, arthralgia and low back pain.
キーワード 高齢者 (the elderly) 自宅退院 6か月後 (six months after discharge from the hospital) 健康問題 (health) 日常生活 (daily-life problems)
出版物タイトル 岡山大学医療技術短期大学部紀要
発行日 1996-09-30
7巻
1号
開始ページ 41
終了ページ 47
ISSN 0917-4494
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313479