JaLCDOI 10.18926/14995
フルテキストURL 068_115_120.pdf
著者 寺崎 佳代| 石田 三枝子| 吉尾 慶子| 山本 貞枝| 中村 あけみ| 福井 由美| 坂本 香須美|
抄録 入院時の情報収集は患者の苦痛,疲労が最小限になるよう,短時間で聴取でき,適切な問題把握かできることが望ましい。しかし,当院の入院事情と重なり情報収集が円滑に進まず時間を要していた。そこで,入院前にデーターベースを患者に渡し自己記入してもらうことを試みた結果,聴取・記録時間の短縮かでき,問題点のしぼりこみも早くできるようになった。
キーワード データベース 自己記入 時間短縮
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1997-12
68巻
開始ページ 115
終了ページ 120
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308127
JaLCDOI 10.18926/14968
フルテキストURL 069_088_092.pdf
著者 土海 智穂| 寺崎 佳代| 岡本 和代| 山田 修子|
抄録 関節の変形と骨破壊を伴い,排泄動作に支障をきたしている慢性関節リウマチ患者に対し改良パンツの作成を試みた。残存機能に合わせはきなれたパンツを=夫することにより,排泄動作が自立でき満足感が得られた。
キーワード 慢性関節リウマチ 改良衣類 排泄自立 満足感
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1998-12
69巻
開始ページ 88
終了ページ 92
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308379
JaLCDOI 10.18926/14944
タイトル(別表記) Clincal evaluation of spa effects for patients with respiratory disease and chronic pain disease
フルテキストURL 070_088_092.pdf
著者 西村 伸子| 寺崎 佳代| 山本 貞枝| 中村 寿美江|
抄録 1998年1月より12月までの1年間に,温泉療法-主として温泉プール水泳ないし歩行訓練及び鉱泥湿布治療-を受けた158例の入院症例(呼吸器疾患78例,疼痛性疾患64例,その他16例)について退院時に臨床効果を5段階で評価してもらいそれぞれの入院期間との比較検討を行った。対象症例の年齢は70才代が最も多く,次いで60才代,50才代,80才代であった。地域分布では,鳥取県外の入院症例が72.2%を占め,県外である遠隔地としては,岡山県,兵庫県,広島県,大阪府,東京都,神奈川県からの入院が多く見られた。臨床効果は,"非常に良くなった"と,"かなり良くなった"を有効と判定し,その有効率は呼 吸器疾患では78.2%であった。一方,疼痛性疾患では,その有効率は50.0%であったが,"少し良くなった"症例を含めると,95.3%,その他の症例は68.8%であった。入院期間別に検討すると,呼吸器疾患では入院1ケ月で72.7%,2ケ月では81.8%,3ケ月以上では76.5%であった。一方,疼痛性疾患では,入院1ケ月で21.1%,2ケ月で60.0%,3ケ月で64.0%であり,呼吸器疾患と比べ,効果出現までの期間がやヽ長く,入院期間が長くなるほど,その効果は高くなる傾向が見られた。
抄録(別表記) Clinical evaluation of spatherapy, mainly swimming and walk training in a hot spring pool and fango therapy, was performed in 158 patients (78 with respiratory disease, 64 with chronic pain disease, and 16 with other diseases) who were admitted at our hospital to receive spa therapy from January to December in 1998. The number of patients over the age of 70 was largest, and the number of patients outside Tottori prefecture (72.2%) was larger than the number inside Tottori prefecture. Spa efficacy was assessed by 5 steps according to improvement of clinical symptoms; efficacy-marked, moderate,and slight, no efficacy, and worse. Spa therapy was evaluated as effective when their symptoms were markedly or moderately improved. The spa efficacy was 72.2% at 1 month, 81.8% at 2 months, and 76.5% at 3 months after spa therapy in patients with respiratory disease. In contrast, the, efficacy was 21.1% at 1 month, 60.0% at 2 months,and 64.0% at 3 months after the therapy in patients with chronic pain disease. The efficacy was higher as the term of admission was longer in patients with chronic pain disease.
キーワード 温泉療法 (spa therapy) 呼吸器疾患 (respiratory disease) 慢性疼痛性疾患 (chronic pain disease)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1999-12
70巻
開始ページ 88
終了ページ 92
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308358
JaLCDOI 10.18926/14914
タイトル(別表記) Evaiuation of spa therapy by questionnaire. Characteristics of patients from distant areas.
フルテキストURL 071_084_088.pdf
著者 西村 伸子| 寺崎 佳代| 山本 貞枝| 吉尾 慶子| 中村 寿美江| 谷崎 勝朗|
抄録 1999年4月~12月の9ケ月間の遠隔地からの入院患者80名(痔痛性疾患47例,呼吸器疾患33例)を対象に,岡大三朝分院に来院した動機,入院前の状態,温泉療法の効果,薬剤の変化,退院決定の動機等について退院前にアンケート調査を行い検討を加えた。対象症例の年齢は60才以上の高齢者力て多く,入院期間は1ケ月~2ケ月末満が多い傾向であった。入院前の状態では,今までの治療に不満,限界を感じて来院している症例が71例(88.7%)を占めていた。地域別では広島,大阪,京都,兵庫からの来院か多く,その他18都府県に及んでいた。アンケート結果では,疾患別による若干の傾向と,温泉療法に対する評価として症状の改善が見られ,また,使用薬剤の減量の可能性が示唆された。
抄録(別表記) Clinical evaluation of spa therapy was examined in 80 patients with respiratory disease and with joint pain including lumber pain, who came from distant areas (outside Tottori prefecture) and were admitted at Misasa Hospital by questionnaire in relation to a motive of admission, effects of spa therapy, dose of medication, a motive of discharge. In many of these patients, the age was over 60 years and duration of their admission was from two to three months. Seventy-one- (88.7%) of the 80 patients were admitted at our hospital because they were not satisfactory for the treatment of asthma which they had before. The number of patients from Hiroshima, Osaka, Kyoto, and Hyogo, prefectures was larger than the number from other distant areas. The results of the questionnaire suggest that improvement of symptoms and reduction of drugs used are ecpected by spa therapy.
キーワード 遠隔地 (distant area) 温泉療法 (spa therapy) アンケート (questionaire) 呼吸器疾患 (respiratory disease) 疼痛性疾患 (pain disease)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 2001-02-01
71巻
開始ページ 84
終了ページ 88
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308118