このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11397
Eprint ID
11397
フルテキストURL
タイトル(別表記)
The Music Educational Function of Lullabies for Fostering Children's Musicality
著者
加藤 晴子 兵庫教育大学大学院連合学校教育学研究科
奥 忍 岡山大学
抄録
本研究は、音楽感覚形成における「こもりうた」の機能について検討したものである。「こもりうた」は、人の成長の過程で最も早い時期に行われる音楽的コミュニケーション活動の一つであると共に、子どもと養育者の間に相互に行われる最も親密なコミュニケーション活動である。音楽的発達の視点からみると、このような「こもりうた」を媒介とした音楽的コミュニケーションは、個々人の音楽感覚の形成、すなわち、音楽的母語の形成に大きな影響を与えるものであるといえる。音楽の学習や理解は、その上に形成されるものである。したがって、音楽学習においては、子どものもつ固有の音楽感覚を認識すると共に、それに基づいた学習計画が作成・実践されることが必要である。
抄録(別表記)
The purpose of this study is to examine the educational function of lullabies to foster musicality from a music education view-point. Lullaby is not only the first musical communication in life stage, but the most intimate musical communication between a baby and his/her care giver. Musical communication is the most important factor for musical development. Therefore, lullabies give a great influence on developing musicality and musical mother tongue which is the foundation of music learning and understanding. It is very necessary to appreciate musical mother tongue of each child, to develop child's musicality on the base of his/her mother tongue from a view-point of music education.
キーワード
音楽感覚形成 (musical development)
音楽的コミュニケーション (musical communication)
音楽的母語 (musical mother tongue)
「こもりうた」 (lullaby)
養育者と乳児の相互関係 (relationship between infant and caregiver)
発行日
2003
出版物タイトル
岡山大学教育実践総合センター紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
3巻
1号
出版者
岡山大学教育学部附属教育実践総合センター
出版者(別表記)
Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
開始ページ
21
終了ページ
28
ISSN
1346-3705
NCID
AA11529614
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
rdc