このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 11360
Eprint ID
11360
フルテキストURL
タイトル(別表記)
A Study of Consciousness of Music and Musical Behavior of Present Young People
著者
川西 孝依 岡山大学
奥 忍 岡山大学
抄録
本研究は、現代の若者の音楽嗜好や音楽に対する意識の実態を明らかにするため、中学生、高校生、大学生を対象に実態調査を行ったものである。調査は次の2つの仮設に基づいて行われた。仮設1.ほとんどの若者がポピュラー音楽を好む。仮設2.複数の音楽メディアを利用して音楽を聴く。調査結果については、約20年前に全国規模で実施されたNHK放送世論調査所による「現代人の音楽」との比較を含めて考察した。分析・考察の結果、「音楽が好き」と答えた92.4%のうち87.7%がポピュラー音楽を好んでいることが明らかになった。また、様々なメディア機器が存在する中で、若者が音楽聴取に用いるものは、「CD,MD,テープ」など、よりパーソナルなメディアに移行しており、「テレビ」「ラジオ」など他のメディア機器に対する絶対的優位性が見られた。
抄録(別表記)
The purpose of this study is to make clear on present young people's consciousness on music and their musical behavior. The subjects were students in a junior high, a senior high and university in Okayama prefecture. I examined the following two hypotheses. 1) Most present young people are fond of popular music. 2) Most present young people use multiple media for listening to music. The results were analyzed and compared with the one by NHK Broadcast Public Research Center in 1981. Regarding hypothesis 1), the amount of popular music lovers was outstanding. Regarding hypothesis 2), they use mostly personal media such as CD, MD and tape. they seldom use other media such as TV and radio, which were mostly used in NHK research.
キーワード
現代の若者 (present young people)
ポピュラー音楽 (popular music)
音楽メディア機器 (music media ; personal media)
発行日
2004
出版物タイトル
岡山大学教育実践総合センター紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
4巻
1号
出版者
岡山大学教育学部附属教育実践総合センター
出版者(別表記)
Research and Development Center for Educational Practice, Okayama University
開始ページ
43
終了ページ
53
ISSN
1346-3705
NCID
AA11529614
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
rdc