このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 48580
フルテキストURL
Thumnail 124_145.pdf 8.12 MB
タイトル(別表記)
A case of esophageal carcinosarcoma with a component of small cell carcinoma
著者
田辺 俊介 岡山大学病院 消化管外科
白川 靖博 岡山大学病院 消化管外科
前田 直見 岡山大学病院 消化管外科
大原 利章 岡山大学病院 消化管外科
野間 和広 岡山大学病院 消化管外科 科研費研究者番号
櫻間 教文 岡山大学病院 消化管外科
柳井 広之 岡山大学病院 病理診断科
山辻 知樹 川崎医科大学 総合外科学
猶本 良夫 川崎医科大学 総合外科学
藤原 俊義 岡山大学病院 消化管外科 ORCID 科研費研究者番号
抄録
We experienced a case of esophageal carcinosarcoma with a component of small cell carcinoma. The patient was a 73-year-old man. We administered chemotherapy of CDDP+VP-16, and performed an operation after 2 courses of this chemotherapy. Subtotal esophagectomy and reconstruction with the small intestine was performed. More than three years after resection, he remains alive and recurrence-free. There are few cases of esophageal carcinosarcoma and small cell carcinoma. We report this rare case herein.
キーワード
食道癌肉腫(esophageal carcinosarcoma)
小細胞癌(small cell carcinoma)
食道(esophagus)
備考
症例報告(Case Report)
発行日
2012-08-01
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
124巻
2号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
145
終了ページ
148
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
Copyright (c) 2012 岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
DOI
Eprints Journal Name
joma