このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 16115
Eprint ID
16115
フルテキストURL
Thumnail 100_1129.pdf 9.08 MB
タイトル(別表記)
Treatment combining embolization and external irradiation in 2 patients with spontaneous carotid-caverous fistula
著者
高島 均 香川医科大学放射線医学教室
大川 元臣 香川医科大学放射線医学教室
児島 完治 香川医科大学放射線医学教室
佐藤 功 香川医科大学放射線医学教室
水川 帰一郎 香川医科大学放射線医学教室
日野 一郎 香川医科大学放射線医学教室
瀬尾 裕之 香川医科大学放射線医学教室
松野 慎介 香川医科大学放射線医学教室
玉井 豊理 香川医科大学放射線医学教室
田邉 正忠 香川医科大学放射線医学教室
三野 章呉 香川医科大学脳外科学教室
植田 清隆 香川医科大学脳外科学教室
大本 尭史 香川医科大学脳外科学教室
抄録
After super-selective embolization of the external carotid arterial branch, some improvement in the symptoms of two patients (63-year-old female, 68-year-old female) were observed, but some symptoms continued after the embolization. One month after the embolization, external irradiation (10MeV X ray, 2Gy/day, 5fr/W, total 30Gy) was administered to the region of the fistula. An angiogram after completion of the irradiation showed complete disappearance of CCF, and almost complete improvement of symptoms was observed. For three years following the completion of irradiation, neither recurrence of sympoms nor side effects were noted.
キーワード
CCF
塞栓術
放射線治療
発行日
1988
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
100巻
11-12号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
1129
終了ページ
1136
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/100/11-12/100_11-12_1129/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/index.html
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma