このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 16720
Eprint ID
16720
フルテキストURL
Thumnail 93_969.pdf 752 KB
タイトル(別表記)
Imported malaria in Okayama prefecture
著者
安治 敏樹 岡山大学医学部寄生虫学教室
頓宮 廉正 岡山大学医学部寄生虫学教室
頼 俊雄 岡山大学医学部寄生虫学教室
何 黎星 岡山大学医学部寄生虫学教室
下野 國夫 岡山大学医学部寄生虫学教室
稲臣 成一 岡山大学医学部寄生虫学教室
村主 節雄 香川医科大学病理学講座医動物
塩田 哲也 岡山大学医学部第1内科教室
桜井 浩一 岡山協立病院
抄録
Two cases of imported malaria which occurred in Okayama prefecture are reported. One was infected with Plasmodium vivax in India, the other with P. falciparum at Nigeria, Africa. The efficacy of some antimalarial drugs in these cases is discussed. One patient was infected with P. falciparum, despite taking the medicine Daraprim® regularly. The efficacy of Daraprim® for suppressive cure in Nigeria is doutful. The therapy of chloroquine-resistance tropical malaria is also discussed.
キーワード
Imported malaria
Plasmodium vivax
Plasmodium falciparum
Suppressive cure
発行日
1981-12-30
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
93巻
11-12号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
969
終了ページ
976
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/93/11-12/93_11-12_969/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/
言語
Japanese
著作権者
Copyright© 岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma