このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 17515
Eprint ID
17515
フルテキストURL
Thumnail 90_1551.pdf 987 KB
タイトル(別表記)
A cardiovascular epidemiologic survey in three different areas in Okayama prefecture (Sakuto-Cho, Sanyo-Cho and Osahune-Cho) during the period from 1966 to 1976 I. Sequental changes of blood pressure and ECG
著者
原岡 昭一 岡山大学医学部第一内科教室
斉藤 大治 岡山大学医学部第一内科教室
上田 稔 岡山大学医学部第一内科教室
荻野 泰洋 岡山大学医学部第一内科教室
楠原 俊一 岡山大学医学部第一内科教室
吉田 英紀 岡山大学医学部第一内科教室
川崎 智子 岡山大学医学部第一内科教室
宮阪 実 岡山大学医学部第一内科教室
吉岡 信彦 岡山大学医学部第一内科教室
生長 豊健 岡山大学医学部第一内科教室
草地 省蔵 岡山大学医学部第一内科教室
十河 泰司 岡山大学医学部第一内科教室
山田 信行 岡山大学医学部第一内科教室
西山 修 岡山大学医学部第一内科教室
安原 耕一郎 岡山大学医学部第一内科教室
久松 三生 岡山大学医学部第一内科教室
額田 要 岡山県衛生部
今田 格郎 岡山県衛生部
平田 孝子 岡山県衛生部
嘉数 佳子 岡山県衛生部
抄録
わが国の死因の第一位が脳卒中であり,第三位に心臓疾患が挙げられることは周知のことである.また虚血性心疾患に関しては,欧米で多くの研究がなされ,DawberらによるFramingham Study,Keysらによる七ケ国協同研究などによって,脂質代謝異常,高血圧,心電図異常と虚血性心疾患との関連が明らかにされてきた.ところで心電図の判定は,集団検診の持つ性格から所見の客観化,定量化が必要となり,W.H.O(1))ではミネソタコードを採用し,本邦でも日本循環器管理研究協議会がミネソタコードの一部を改変して使用している(2)).脳卒中に関しても多くの研究がたされているが,本邦における脳卒中死亡は,諸外国に比して明らかに高い(3)4))ことが報告されている.さらに,本邦では脳卒中,虚血性心疾患ともに高血圧が最も重要なRisk Factorとしてとり挙げられているが,特に前者では,その意義が強調されている(5)).著者らは昭和41年以来岡山県,関係保健所および町村との協力のもとに,岡山県下の平坦地,中間地,山間地の三地区計1,906名を対象として,血圧および心電図を中心に循環器疫学調査を行っているが,今回は血圧と心電図の経年的変化について成績を述べる.
抄録(別表記)
A cardiovascular epidemiologic survey was performed in three different areas in Okayama prefecture since 1966 with follow-up until 1976 regarding to blood pressure and ECG (Minnesota Code). A total of 1906 subjects, 789 male and 1117 female, with an age-range of 35-65 years were studied and the following results were obtained: 1) The blood pressure was well controled by adequate antihypertensive therapy, especially in diastolic pressure. 2) By the Minnesota Code classification, most individuals with Code 1-0 in the initial examination, especially with normal blood pressure, maintained the same ECG code, while a Code 3 subcategory alone in the initial examination changed frequently to other codes without direct relation to blood pressure. 3) Such alterations to other codes were rare in those who had shown Code 3 combined with Code 4 or 5 initially. 4) There were little or no changes in ECG code of individuals with an initial rating of Code 4. 5) Code 5 was found more frequently in female, and restoration of the code to normal ECG occurred in a considerable population during the follow-up.
発行日
1978-12-30
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
90巻
11-12号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
1551
終了ページ
1566
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/90/11-12/90_11-12_1551/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/index.html
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma