このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 16770
Eprint ID
16770
フルテキストURL
Thumnail 91_17.pdf 3.3 MB
タイトル(別表記)
A case of primary pulmonary hypertension treated with yearlong administration of oral phenoxybenzamine
著者
原岡 昭一 岡山大学医学部第一内科教室
上田 稔 岡山大学医学部第一内科教室
安原 耕一郎 岡山大学医学部第一内科教室
生長 豊健 岡山大学医学部第一内科教室
宮阪 実 岡山大学医学部第一内科教室
吉岡 信彦 岡山大学医学部第一内科教室
川崎 智子 岡山大学医学部第一内科教室
前 律夫 岡山大学医学部第一内科教室
抄録
A 26 year old woman with primary pulmonary hypertension received oral phenoxybenzamine, 15-30 mg daily, over a year without serious side effects. The patient was discharged after phenoxybenzamine therapy for 6 months, because her subjective complaints improved gradually with reduction of the Cardiac Thoracic Ration of chest X-ray films from 60% to 54% . However, she was readmitted for right heart failure precipitated by a common cold. It is suggested that oral phenoxybenzamine for primary pulmonary hypertension is effective in alleviating subjective complaints, but the effects may only be temporary.
キーワード
primary pulmonary hypertension
phenoxybenzamine
yearlong administration
tolazoline
発行日
1979-02-28
出版物タイトル
岡山医学会雑誌
出版物タイトル(別表記)
Journal of Okayama Medical Association
91巻
1-2号
出版者
岡山医学会
出版者(別表記)
Okayama Medical Association
開始ページ
17
終了ページ
24
ISSN
0030-1558
NCID
AN00032489
資料タイプ
学術雑誌論文
オフィシャル URL
https://www.jstage.jst.go.jp/article/joma1947/91/1-2/91_1-2_17/_article/-char/ja/
関連URL
http://www.okayama-u.ac.jp/user/oma/index.html
言語
Japanese
著作権者
岡山医学会
論文のバージョン
publisher
査読
有り
Eprints Journal Name
joma