このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 56197
タイトル(別表記)
Effects of Perioperative Management Training Program on the Awareness of Team Medicine among Trainee Dentists
フルテキストURL
著者
山中 玲子 岡山大学病院医療支援歯科治療部
曽我 賢彦 岡山大学病院医療支援歯科治療部
吉冨 愛子 岡山大学病院医療支援歯科治療部
白井 肇 岡山大学病院総合歯科
鈴木 康司 岡山大学病院総合歯科
河野 隆幸 岡山大学病院総合歯科
鳥井 康弘 岡山大学病院総合歯科
森田 学 岡山大学病院医療支援歯科治療部
抄録
 質が高く、安心・安全な医療を実現していくために、チーム医療の促進は重要な課題であり、チーム医療を担う医療人の育成が必要とされている。岡山大学病院歯科医師臨床研修では、平成23年度から周術期管理センターを研修の場とする「チーム医療研修プログラム」を開始した。本報告では、研修歯科医のプログラムに対する関心とチーム医療に関する理解に与えた効果をアンケート調査によって検討することを目的とした。対象は平成23年度本学病院研修歯科医44名とし、医師、看護師、薬剤師、理学療法士、管理栄養士など多職種によって行われる周術期管理チーム医療を体験させた。受講前には本プログラムに対する期待度を、受講後には満足度、有意義度について質問し、研修歯科医のプログラムに対する関心度を評価した。また、プログラム受講前後に周術期チーム医療に関する用語や職種について質問し、チーム医療に関する理解度を評価した。90.9%の研修歯科医がプログラムに対して期待し、受講後は88.6%が満足だった、84.1%が有意義だったと回答した。さらに、周術期管理に関する用語について主観的理解度が向上し、チーム医療にかかわる職種についての理解が深まった。歯科医師臨床研修におけるチーム医療教育の方法として、周術期管理チーム医療の現場に実際に関与させるプログラムは、研修歯科医の関心が高く、研修歯科医の周術期管理チーム医療に対する理解を深めることが示唆された。
キーワード
研修歯科医
歯科医師臨床研修
チーム医療
周術期管理
発行日
2012-08-20
出版物タイトル
日本歯科医学教育学会雑誌
28巻
2号
出版者
日本歯科医学教育学会
開始ページ
76
終了ページ
84
ISSN
09145133
NCID
AN10042831
資料タイプ
学術雑誌論文
言語
Japanese
OAI-PMH Set
岡山大学
論文のバージョン
author
NAID