JaLCDOI 10.18926/15311
タイトル(別表記) 抗原および Ca ionophore A23187 刺激時におけるアトピー型気管支喘息末梢血好塩基球の運動能
フルテキストURL 064_043_051.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御船 尚志| 光延 文裕| 越智 浩二| 原田 英雄| 中川 二郎| 宗田 良| 高橋 清| 木村 郁郎|
抄録 We examined histamine release and morphological changes in basophilic granulocytes from atopic subjects, in response to stimulation with antigen and Ca ionophore A23187. 1. Histamine release and a reduction in the rumber of basophils were more rapid and greater in extent at an early stage of antigen stimulation compared with Ca ionophore A23187 stimulation. 2. Morphological changes in basophils, represented by increased motility, in terms of an increased ratio of short to long axis diameter (L/S ratio), as well as the increased frequency of basophils with localized granules and those with pseudopods, were more often observed antigen stimulation than with Ca ionophore A23187 stimulation. In contrast, morphogical changes in which basophils appeared swollen, showing an increased mean cell diameter and an increased frequency of cells with 5 vacuoles or more were more predominant with Ca ionophore A23187 than with antigen stimulation. The results obtained here show that bridging of IgE receptors is essential to activate basophils and induce increased motility in these cells.
抄録(別表記) アトピー型気管支喘息末梢血好塩基球を用い,抗原および Ca ionophore A23187 刺激時のヒスタミン遊離およびその形態的変化について比較検討した。1.抗原刺激時には, Ca ionophore A23187 刺激時に比べ,好塩基球からのヒスタミン遊離および好塩基球数の減少の程度は,より急激でかつ高度であった。2.好塩基球の形態的変化,すなわち,長経/短経比の増大,限局性顆粒あるいは偽足を有する好塩基球の出現頻度の増加などの運動能の亢進を示唆する好塩基球の形態的変化は, Ca ionophore A23187 に比べ抗原刺激時により高度であった。一方,平均直径の増大,5個以上の空砲を有する好塩基球の出現頻度の増加などの,むしろ膨化傾向を示唆する好塩基球の形態的変化は,抗原刺激時に比べ, Co ionophore A23187 刺激時により高度であった。これらの結果より,抗原刺激によるIgE受容体のbridgingが,好塩基球を活性化し,運動能の亢進をひき起こすものと判断された。
キーワード histamine release (ヒスタミン遊離) increased basophil motility (好塩基球の運動能の亢進) bridging of IgE receptors (LgE 受容体) antigen (抗原) Ca ionophore A23187
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 43
終了ページ 51
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307677
JaLCDOI 10.18926/15308
タイトル(別表記) 老年者気管支喘息における液性および細胞性免疫反応について
フルテキストURL 064_075_082.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御船 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 杉本 啓介| 横田 聡| 平松 順一| 瓦屋 正志| 越智 浩二| 原田 英雄| 多田 慎也| 木村 郁郎|
抄録 Humoral and cellular immune responses in bronchial asthma were examined by comparing the results of older asthmatics (group OA) with those of older healthy subjects (group OH) and of younger asthmatics (group YA). In humoral immune response, IgE-mediated immune system expressed by elevated serum IgE levels and IgE antibodies for house dust mite (HDm) and/or Candida albicans was clearly found in older asthmatics, while there was no finding showing the presence of IgE-mediated immune response in older healthy subjects. There was no significant difference in levels of serum IgG and IgA among the three groups. However, the serum IgM level was significantly lower in older asthmatics than in younger asthmatics. IgE antibodies to HDm and/or Candida albicans were more frequently found in older asthmatics compared with older healthy subjects. In contrast, IgG(4) antibodies to HDm were not different among the three groups. IgG(4) antibodies to Candida albicans were significantly higher in both older groups than in younger group. However, there was no significant difference between asthmatic and healthy subjects in the elderly. Delayed skin reaction to PPD was significantly more decreased in older asthmatics. These results show that bronchial asthma in the elderly is characterized by the presence of IgE-mediated immune response and by the changes of immune response with aging.
抄録(別表記) 気管支喘息における液性および細胞性免疫反応について,老年者気管支喘息,老年者健常人,および若年者気管支喘息の間で比較検討を行った。1.まず,液性免疫では,血清IgE値高値,ハウスダストやカンジダに対するIgE抗体陽性などのIgE系反応は,老年者気管支喘息においては明らかに観察されたが,老年者健常人では全く観察されなかった。血清IgGおよびIgA値には3者間に有意の差は見られなかったが,血清IgMは,若年者喘息に比べ老年者喘息で有意に低い値を示した。2.ハウスダストやカンジダに対するIgE抗体は老年者喘息において老年者健常人に比べより高い頻度で陽性であったが,一方,ハウスダストに対するIgG(4)抗体は3者聞に有意の差は見られなかった。また,カンジダに対するIgG(4)抗体は,老年者喘息および健常人において,若年者喘息に比べ有意の高値を示した。しかし,老年者の喘息と健常人との間には有意の差は見られなかった。3.PPDによる遅延型皮膚反応は,若年者喘息に比べ老年者喘息において有意の減弱傾向を示した。これらの結果は,老年者喘息はIgE系反応を有していること,そして,加齢による免疫反応の変化の影響を受けること,を示している。
キーワード IgE IgG(4) Immunoglobulings (免疫グロブリン) PPD Bronchial asthma (気管支喘息) 加齢
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 75
終了ページ 82
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307261
JaLCDOI 10.18926/15307
タイトル(別表記) 気管支喘息におけるハウスダストアレルギー. 血清IgE値とIgE抗体価と年齢との関連
フルテキストURL 064_031_035.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御船 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 杉本 啓介| 横田 聡| 平松 順一| 越智 浩二| 原田 英雄| 多田 慎也| 木村 郁郎|
抄録 Serum IgE levels and IgE antibody values in relation to patient age were examined in 50 patients with house dust mite (HDm) sensitive asthma, 1. IgE antibody values to HDm were highest in patients between the ages of 10 and 19, and the values generally low in those over the age of 40. 2. High IgE antibody values to HDm were accompanied by high serum IgE levels in patients between 10 and 19. IgE antibody values and serum IgE levels were in general low in patients over age 40. In patient under age 9, serum IgE levels were less than 500 IU/ml in 5 of the 10 subjects despite an increased value of IgE antibodies to HDm. These results suggest that an increased production of IgE antibodies to HDm is usually accompanied by an increased production of total IgE in younger subjects. However, an increase in production of IgE antibodies is not always related to an increase in production of total IgE in patients under age 9. The results also show that production of IgE antibodies to HDm and total IgE is in general low in older patients despite the hyperreactivity to HDm.
抄録(別表記) ハウスダストが原因抗原であるアトピー型気管支喘息50例を対象に,血清IgE値とIgE抗体価を年齢との関連のもとに検討した。1.IgE抗体価は10-19才の年齢層の症例において最も高く,一方40才以上の症例では全般的に低い傾向が見られた。2.10-19才の年齢層の症例では,IgE抗体価の高値と同時に血清IgE値も高い値を示したが,40才以上の症例では,IgE抗休価および血清IgE値いずれも10-19才の症例に比べ全般的に低い値を示した。9才以下の症例では,IgE抗体価の高値にもかかわらず,血清IgE値は比較的低く,500IU/ml以下を示した症例が10例中5例に観察された。これらの結果は,若年症例では,IgE抗体の産生亢進と総IgEの産生亢進が同時に見られること が多いが,9才以下ではIgE抗体産生亢進に総IgE産生亢進が必ずしもともなわない場合があることを示している。また,40才以上の症例では,ハウスダストに対する過敏性は有しているものの,IgE抗体価および血清IgEは全般的に低い値を示す傾向が示唆された。
キーワード Serum IgE (血清IgE) IgE antibodies (IgE抗体) house dust mite (ダニ) bronchial asthma (気管支喘息)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 31
終了ページ 35
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307674
JaLCDOI 10.18926/15305
タイトル(別表記) 気管支喘息における気道炎症反応の臨床的意義。慢性閉塞性細気管支炎との比較検討
フルテキストURL 064_024_030.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御船 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 杉本 啓介| 横田 聡| 平松 順一| 瓦屋 正志| 越智 浩二| 原田 英雄| 多田 慎也| 木村 郁郎|
抄録 Clinical significanoce of airway inflammation was assessed in 28 patients with bronchial asthma, and the results were compared with those in 9 patients with chronic obstructive bronchiolitis (COB). 1. Total cell number in bronchoalveolar lavage(BAL) fluid was markedly increased in patients with COB (51.0×10(6)), which was significantly greater than that in those with bronchial asthma (9.6×10(6) ). 2. The proportion of BAL macrophages was significantly higher in patients with bronchial asthma than in those with COB. However, the, absolute number of BAL macrophages was not significantly different between them. 3. The proportion of BAL lymphocytes was higher in patients with bronchial asthma than in those with COB, but this difference was not signifcant. In contrast, the absolute number of BAL lymphocytes was significantly greater in patients with COB than in those with bronchial asthma. 4. The proportion and the number of BAL neutrophils were markedly increased in patients with COB compared to those with bronchial asthma. 5. The proportion and the number of BAL eosinophils were higher in patients with bronchial asthma than in those with COB, although these defferences were not significant. The results suggest that airway inflammation in bronchial asthma is not so intensive as that in COB.
抄録(別表記) 気管支喘息28例および慢性閉塞性細気管支炎9例を対象に,気道炎症反応の臨床的意義について検討を加えた。1.気管支肺胞洗浄(BAL)液中の総細胞数は,慢性閉塞性細気管支炎において著明に増加しており(51.0×10(6)),気管支喘息(9.6×10(6))との間に有意の差が見られた。2.BAL液中マクロファージの頻度は気管支喘息において,慢性閉塞性細気管支炎に比べ有意に高い値を示したが,絶対数での比較では両疾患群間に有意の差は見られなかった。 3.BAL液中リンパ球の頻度は,気管支喘息においてやや高い傾向が見られたが,絶対数の比較では慢性閉塞性細気管支炎において有意に高い値であった。 4.BAL液中の好中球は,その頻度および絶対数とも慢性閉塞性細気管支炎において著明に増加しており,これは気管支喘息と比べ有意に高い値であった。 5.BAL液中好酸球の頻度および絶対数は,気管支喘息においてやや高い値であったが,両疾患群間に有意の差は見られなかった。以上の結果より,気管支喘息における気道炎症反応は,慢性閉塞性細気管支炎ほど高度ではない ことが明らかにされた。
キーワード airway inflammation (気道炎症反応) bronchial asthma (気管支喘息) chronic obstructive bronchiolitis (慢性閉塞性細気管支炎) lymphocytes (リンパ球) neutrophils (好中球)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 24
終了ページ 30
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307730
JaLCDOI 10.18926/15303
タイトル(別表記) 気管支喘息におけるActivated Tリンパ球について,喘息発作との関連
フルテキストURL 064_011_016.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御船 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 杉本 啓介| 横田 聡| 平松 順一| 瓦屋 正志| 原田 英雄| 多田 慎也| 木村 郁郎|
抄録 The number of CD4(+) T-Iymphocytes, CD4/CD8 ratio, and the number of IL2R(+) T-Iymphocytes (CD25) were examined in 14 patients with bronchial asthma, and the results were compared in three different asthma stages : symptom-free stage, wheeze stage, and attack stage. 1. The proportion of blood CD4(+) T-lymphocytes was more decreased in patients with asthma attacks than in those without symptoms. The CD4/CD8 ratio was also more decreased in patients with attacks than in those without symptoms. However, these differences were not significant. 2. The proportion of blood activated T cells (IL2R(+) cells, CD25) was significantly increased in patients with attacks than in those without symptoms. The proportion of activated T cells in 5 asthma patients was 2.9±0.8% in symptom-free stage and 6.6±1.1% in attack stage(p<0.001). These findings show that numbers of activated T-lymphocytes in peripheral blood were increased during asthma attacks, and this increase suggests the participation of activated T cells in the pathogenesis of asthma.
抄録(別表記) 気管支喘息14例を対象に,末梢血CD4(+)リンパ球の頻度,CD4/CD8比およびIL2R(+)Tリンパ球の頻度について,喘息発作との関連のもとに検討を加えた。1.CD4(+)リンパ球の頻度は,非発作時の症例で最も高く,喘鳴のみの症例,発作の見られる症例へと順次低くなる傾向が見られたが,推計学的には有意の差は見られなかった。CD4/CD8比も同様に,非発作時に最も高く,発作を有する症例では非発作時に比べ低い値を示したが,推計学的には有意の差は見られなかった。2.IL2R(+)Tリンパ球(activated Tリンパ球)の頻度は,非発作時の症例で最も低く(3.5±1.1%),喘鳴のみをともなう症例(3.8±1.1%),発作の見られる症例(5.8±1.9%)へと順次高くなる傾向を示し,発作のある症例では,非発作および喘鳴のみの症例に比べ有意に高い値 を示した。また,非発作時と発作のある時期にIL2R(+)Tリンパ球を観察し得た5症例では,非発作時2.9±0.8%,発作のある時期6.6±1.1%であり,発作のある時期に有意の高値を示した(p<0.001)。これらの結果は,発作のある時期にはactivated Tリンパ球の頻度が増加すること,そして,この増加はactivated Tリンパ球が喘息発作の病態と密接な関連を有していることを示唆するものと考えられた。
キーワード CD4(+) T cells (CD4(+)リンパ球) CD4/CD8 ratio (CD4/CD8比) IL2R(+) T cells (IL2R(+)Tリンパ球) bronchial asthma (気管支喘息)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 11
終了ページ 16
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307394
JaLCDOI 10.18926/15301
タイトル(別表記) 気管支喘息における副腎皮質ホルモン長期投与による免疫抑制と気管支肺胞洗浄液中好中球増多との関連
フルテキストURL 064_017_023.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御船 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 杉本 啓介| 横田 聡| 平松 順一| 瓦屋 正志| 原田 英雄| 木村 郁郎|
抄録 Cellular composition of bronchoalveolar lavage (BAL) fluid was compared between two age-matched steroid-dependent intractable asthma (SDIA) groups : 17 group A patients (serum IgG level < 1000mg/dℓ) whose immunity was regarded as being suppressed by long-term glucocorticoid therapy and 17 group B patients (serum IgG level > 1200mg/dℓ). 1. The levels of serum IgA and IgM were significantly decreased in group A compared to the levels in group B patients. 2. The number of blood lymphocytes was also significantly lower in group A than in group B patients. However, the number of blood neutrophils was not different between the two asthma groups. 3.The number of BAL lymphocytes was significantly lower in group A than in group B patients. 4. BAL neutrophilia (more than 1.5×10 (4)/mℓ) was observed in 6 of the 17(35.3%) patients in group A, but not observed in any patients in group B. The number of BAL neutrophils was significantly greater in group A than in group B patients. These results suggest that there is a correlation between immunosuppression by glucocorticoids and BAL neutrophilia in patients with bronchial asthma.
抄録(別表記) ステロイド依存性重症難治性喘息を,免疫抑制の見られる症例(血清IgG値1000mg/dℓ以下)(グループA)と抑制の見られない症例(血清IgG値1200mg/dℓ以上)(グループB)の2群に分け,気管支肺胞洗浄液中の細胞成分について比較検討した。1.血清IgAおよびIgM値は,グループBに比べ免疫抑制の見られるグループAにおいて有意に低い値であった。2.末梢血リンパ球数は,グループAにおいて,グループBに比べ有意に少ない傾向が見られた。しかし,末梢血好中球数は両群間に有意の差は見られなかった。3.BAL液中リンパ球数は,グループBに比べ免疫抑制の見られるグループAにおいて有意に少 ない数であった。4.BAL液中好中球増多(1.5×10(4)/mℓ以上)を示す症例は, グループAの17例中6例(35.3%)に見られたが,グループBでは全く 見られなかった。また,BAL液中好中球数は,グループAにおいてグループBに比べ有意に多い数であった。以上の結果により,副腎皮質ホルモン長期投与 による免疫抑制とBAL液中好中球増多とはある程度関連があることが明らかにされた。
キーワード immunosuppression (免疫抑制) BAL neutrophilia (BAL好中球増多) glucocorticoids (副腎皮質ホルモン) bronchial asthma (気管支喘息)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 17
終了ページ 23
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307882
JaLCDOI 10.18926/15320
タイトル(別表記) 気管支喘息における気道の反応性および炎症反応におよぼす加齢の影響について
フルテキストURL 064_089_096.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御船 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 杉本 啓介| 原田 英雄| 木村 郁郎|
抄録 Ventilatory function, cellular composition in bronchoalveolar lavage (BAL) fluid and release of chemical mediators from leucocytes were examined in 25 older asthmatics (mean age 66.7 years) and 25 younger asthmatics (mean age 45.1 years) in relation to clinical asthma types. 1. Ventilatory function tests showed that the values of ventilatory parameters such as % MMF, % V(50) and % V(25) were lower in older subjects than in younger subjects, and a significant difference was found in the % V(50) value between the two age groups. Regarding clinical asthma types, the values of % MMF, % V(50), and V(25) were significantly lower in both younger and older subjects with type II. 2. In analysis of cellular composition in BAL fluid, the proportion of BAL lymphocytes was significantly lower in type II older subjects than in younger subjects with the same type. A significantly increased proportion of BAL neutrophils was observed in both younger and older subjects with type II. 3. The release of leukotriene C(4) (LTC(4)) from leucocytes was significantly lower in type II older subjects than in younger subjects with the same type, and LTC(4) release in patients with type II was also significantly lower than that in those with other asthma types in both younger and older subjects. The release of histamine and leukotriene B(4) (LTB(4)) from leucocytes was not significantly different between the two age groups. These results demonstrate that ventilatory function, cellular composition in BAL fluid, and the release of chemical mediators from leucocytes are affected by aging and clinical asthma types.
抄録(別表記) 25例の老年者気管支喘息と25例の若壮年者喘息症例を対象に,換気機能,気道内細胞成分の頻度,白血球からの化学伝達物質遊離などの気道反応と関連した要素について,喘息の臨床病型との関連のもとに検討を加えた。 1. % MMF, % V(50), % V(25)などの換気パラメーターは老年症例において全般的に低く, % V(50)では若壮年症例に比べ有意の低値を示した。臨床病型別では,II型喘息において,両年齢群とも他の病型に比べ% MMF, % V(50)及び% V(25)値は有意に低い傾向が見られた。 2. 気管支肺胞洗浄(BAL)液中のリンパ球頻度は,II型の老年症例において若壮年症例に比べ有意に低い値を示した。BAL液中好中球頻度は,いずれの年齢群においても,他の病型に比べ有意に高い値を示した。 3. 白血球からのLTC(4)遊離は,II型の老年症例において若壮年症例に比べ,また他の臨床病型に比べ有意に低い値を示した。ヒスタミンおよびLTB(4)遊離には両年歯群間に有意の差は見られなかった。これらの結果は,換気機能,気道内細胞成分の頻度,白血球からの化学伝達物質遊離などが,加齢や臨床病態により影響を受けることをある程度示しているものと考えられた。
キーワード Ventilatory function (換気機能) Cellular composition in BAL fluid (気道内細胞成分) chemical mediators (化学伝達物質) aging (加齢) clinical asthma type (臨床病型)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 89
終了ページ 96
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307744
JaLCDOI 10.18926/15317
タイトル(別表記) Diagonosis of pancreatic cyst using post-ERCP CT examination.
フルテキストURL 064_065_070.pdf
著者 越智 浩二| 原田 英雄| 松本 秀次| 妹尾 敏伸| 田中 淳太郎| Riaz Chowdhury| 水島 孝明| 杉本 啓介| 光延 文裕| 谷崎 勝朗| 中井 睦郎| 穐山 恒雄| 蓮岡 英明|
抄録 ERCP直後にCTを撮影するERCP後CTはERCPの際に膵内に注入された造影剤をCTで検出するため,ERCPでは得られない情報が得られる利点がある。われわれはERCP後CTが診断や治療方針の決定に有用であった膵嚢胞の4例を経験した。膵嚢胞では主膵管との連絡,嚢胞の部位,性状診断にERCP後CTは有用な検査法であり,文献的考察を含めて報告した。
抄録(別表記) Post-ERCP CT (computed tomography (CT) examination performed immediately after endoscopic retrograde cholangiopancreatography) detects the contrast medium injected into the pancreatic duct and cystic lesions at the time of ERCP and, therefore, has the advantage of obtaining information which cannot be obtained by ERCP alone. We have experienced four cases of pancreatic cysts in which post-ERCP CT was useful for diagnosis and in deciding on treatment plans. The post-ERCP CT was proved to be a useful method for examining the site and characteristics of the cysts which communicated with the main pancreatic duct.
キーワード ERCP (Endoscopic retrograde cholangiopancreatography) CT (Computed tomography) 膵嚢胞 (pancreatic cyst)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1993-06
64巻
開始ページ 65
終了ページ 70
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307547
JaLCDOI 10.18926/15161
タイトル(別表記) Clinical studies on polypoid lesions of the colon.
フルテキストURL 065_101_106.pdf
著者 高田 一郎| 貴谷 光| 御舩 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 松村 正| 横田 聡| 谷崎 勝朗| 越智 浩二| 原田 英雄| 穐山 恒雄| 中井 睦郎|
抄録 1990年4月より1994年3月末までの間に岡山大学医学部附属病院三朝分院で経験した早期大腸癌を含む大腸ポリープ88例を対象に,病理組織診断,性別,年齢構成,存在部位,精査動機について検討を行い,以下の成績を得た。(1)ポリープの69.2%は腺腫,13.2%は腺癌(早期癌)であった。(2)男女とも加齢による大腸ポリープ及び大腸癌の頻度の増加がみられた。(3)50歳未満の若年者では右側結腸にポリープが発見されることは稀であったが50歳以上では6.5%に認められ,高齢者における積極的なtotal colonoscopyによる観葉が重要であることが再確認された。(4)精査動機では便潜血陽性が最多を占め,便潜血は大腸ポリープのスクリーニングにおいて有用であることが示された。またフォローアップ目的に大腸ファイバーを施行しポリープや早期癌を発見した例も多く,フォローアップの必要性が示唆された。
抄録(別表記) Polypoid lesions, taken by a colon fiberscope, were examined in 88 patients with polyp, who were admitted to Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School for last 4 years. (1) Pathohistological examination of the polypoid lesions resulted in 69.2% of adenoma and 13.2% of adenocarcinoma (early cancer) ; (2) 35.5% of the polypoid lesions was detected in the sigmoid colon, 32.7% in the rectum, 16.8% in the transverse colon, 4.7% in the descending colon, 3.7% in the caecum, 1.9% in the ascending colon ; (3) The number of patients with polypoid lesion or colon cancer was increased with aging ; (4) Patients with the age under 50 years did not have polypoid lesion in the right hemicolon, while 6.5% of elder patients over age 50 has polypoid lesions in the right hemicolon ; (5) Occult blood in stool was the most popular motivation for receiving colonoscopic examinations ; (6) The second popular motivation for colonoscopy was for follow up after previous examinations. These results suggest that patients with age over 50 should be examined more carefully by total colonoscopy, and a hemoccult test in stool is an effective method for screening colonic polypoid lesions and after detection of polypoid lesions or polypectomy, reexamination by total colonoscopy is important at regular intervals.
キーワード 大腸ポリープ (Polyp of the colon) 大腸早期癌 (Early cancer of the colon) 便潜血 (Occult blood in stool)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1994-09
65巻
開始ページ 101
終了ページ 106
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307396
JaLCDOI 10.18926/15147
タイトル(別表記) 気管支喘息における複合温泉療法と気道炎症反応
フルテキストURL 065_001_008.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御舩 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 横田 聡| 高田 一郎| 越智 浩二| 原田 英雄| 多田 慎也| 原田 実根|
抄録 Efficacy of complex spa therapy was studied in 55 patients with bronchial asthma. Complex spa therapy was effective in 47 (85.5%) of the 55 patients with bronchial asthma : marked efficacy was observed in 15 (27.3%), moderate in 32 (58.2%), slight in 6 (10.9%) and no efficacy in 2 patients (3.6%). Improvement of clinical symptoms and findings by complex spa therapy was more clearly observed in patients with an increased proportion of BAL lymphocytes, neutrophils and eosinophils. These findings suggest that complex spa therapy more affects cell infiltration in the airways than bronchoconstriction induced by chemical mediators. Improvement of ventilatory function represented by FEV1.0% value was higher in patients with a low proportion of BAL neutrophils, suggesting that patients with increased number of BAL neutrophils require longer complex spa therapy than those without BAL neutrophilia.
抄録(別表記) 気管支喘息55例を対象に,複合温泉療法(温泉プール水泳訓練+ヨードゾル吸入+鉱泥湿布療法)を試み,その臨床効果と気道炎症反応との関連について,若干の検討を加えた。1.複合温泉療法の臨床効果では,著効15例(27.3%),有効32例(58.2%),やや有効6例,無効2例であり,明らかに有効と判断された症 例は,55例中47例(85.5%)であった。2.複合温泉療法は,気管支肺胞洗浄液(BALF)中の細胞成分(リンパ球,好中球,好酸球など)が多い症例,すなわち気道炎症反応がより強い症例により有効であった。このことは,複合温泉療法が,単純性の(化学伝達物質による)気管支攣縮よりも,気道炎症反応をともなった病態により強く影響を及ぼすことを示している。3.複合温泉療法による換気機能の改善(1秒量)は,BAL液中の好中球数が少ない症例においてより高度であった。このことは,BAL液中に高度な好中球増多が見られる症例に対しては,より長期的な複合温泉療法が必要であることを示しているものと考えられた。
キーワード complex spa therapy (複合温泉療法) airway inflammation (気道炎症反応) bronchial asthma (気管支喘息)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1994-09
65巻
開始ページ 1
終了ページ 8
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307726
JaLCDOI 10.18926/15148
タイトル(別表記) 気管支喘息における末梢血白血球および気管支肺胞洗浄液中の細胞からのヒスタミンおよびロイコトリエンC(4),B(4)遊離と気道過敏性
フルテキストURL 065_009_016.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御舩 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 横田 聡| 高田 一郎| 越智 浩二| 原田 英雄| 多田 慎也| 原田 実根|
抄録 The proportions of cells in bronchoalveolar lavage (BAL) fluid, the release of histamine, leukotrienes C(4) and B(4) from leucocytes and BAL cells, and bronchial reactivity to methacholine were examined in 40 patients with asthma in relation to patient age. 1. The proportions of lymphocytes and neutrophils in BAL fluid were higher in older patients over age 60 than in younger patients between 20 and 49. The proportions of eosinophils and basophilic cells in BAL fluid were higher in younger patients than in older patients, and the difference in the proportion of BAL basophilic cells was significant between the two groups (p<0.05). 2. The release of histamine from BAL cells was significantly higher in younger patients than in older patients (p<0.001). The release of LTC(4) from BAL cells was higher in older patients compared to younger patients. 3. Bronchial reactivity to methacholine was higher in younger patients than in older patients. The number of patients reactive to low concentration of methacholine (390μg/mℓ or less) was larger in younger patients (12/16 ; 75.0%) than in older patients (5/14 ; 35.7%). These results suggest that bronchial hyperresponsiveness changes with aging, accompanied by changes in the release of chemical mediators from BAL cells and in the proportion of BAL cells.
抄録(別表記) 気管支喘息を対象に,気管支肺胞洗浄(BAL)液中の細胞の出現頻度,末梢血白血球およびBAL細胞からのヒスタミン,ロイコトリエンC(4),B(4)遊離,気道過敏性などについて,患者年齢との関連のもとに検討を加えた。1.BAL液中のリンパ球および好中球頻度は,60才以上の老齢症例で,20-49才の若青年症例に比べやや高い傾向が見られたが,推計学的には有意の差は見られなかった。BAL液中の好酸球,好塩基細胞の頻度は,若青年症例で,老年症例に比べて高く,特に好塩基性細胞の頻度には両症例群間に有意の差が見られ(P<0.05)。 2.BAL細胞からのヒスタミン遊離は,若青年症例で,老年症例に比べ有意に多い傾向が見られた(P<0.001)。一方,BAL細胞からのロイコトリエンC(4)遊離は,若青年症例に比べ,老年症例で多い傾向が見られたが,両症例群間に有意の差は見られなかった。3.メサコリンに対する気道の反応性は,全般的に若青年症例で,老年症例に比べより強い傾向を示した。そして,390μg/mℓまたはそれ以下の低濃度のメサコリンに反応を示す症例は,若青年症例では16例中12例(75.0%),老年症例では14例中5例(35.7%)であった。以上の結果より,気道過敏性は,BAL細胞からの化学伝達物質遊離の変化やBAL細胞の頻度の変化とともに,加齢の影響を受けることが明らかとなった。
キーワード BAL cells (BAL細胞) histamine (ヒスタミン) leukotrienes (ロイコトリエン) bronchial hyperresponsiveness (気道過敏性) asthma (気管支喘息)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1994-09
65巻
開始ページ 9
終了ページ 16
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307646
JaLCDOI 10.18926/15150
タイトル(別表記) Study of the preparation with sodium picosulfate and PEG intestinal lavage solution for total colonoscopy.
フルテキストURL 065_022_026.pdf
著者 越智 浩二| 原田 英雄| Chowdhury, Riaz| 田中 淳太郎| 松本 秀次| 妹尾 敏伸| 水島 孝明| 光延 文裕| 谷崎 勝朗| 穐山 恒雄| 中井 睦郎| 蓮岡 英明| 加藤 匡宏|
抄録 Total colonoscopyの前処置における被検者の負担軽減と良好な腸管洗浄を得る目的で,50例の大腸内視鏡検査において,前日の食事制限せず, sodium picosulfate 20mℓ前夜服用,検査当日PEG腸管洗浄液1ℓ以上服用する前処置法の有用性について検討した。本前処置法によってPEG腸管洗浄液平均1230mℓの服用により,50例中48例で観察可能な腸管洗浄が得られ,PEG腸管洗浄液の服用量の減量が可能であった。腹痛,嘔気,腹鳴などの症状出現例は認めたが,重篤な副作用は認めなかった。腸管洗浄度の点で,高齢者の大腸内視鏡検査の前処置として有用である。以上よりSodium Picosulfate 20mℓをPEG腸管洗浄液と併用することにより,優れた腸管洗浄度を得られると同時にPEG腸管洗浄液服用量の減量か可能であり,total colonoscopyの前処置として有用であることが示された。
抄録(別表記) The following results were obtained from a total colonoscopic study of 50 patients who received preparation with 20mℓ of sodium picosulfate (Laxoberon®) and PEG intestinal lavage solution (Niflec®) prior to the examination. (l) The present method in combination with a mean of 1230mℓ of PEG intestinal lavage solution allowed colonic cleaning for which observation was available in 48 of 50 patients. (2) With this method. no adverse reactions were observed except for mild abdominal pain, nausea, and rugitus in a few patients. (3) This method was particularly as a preparation for colonoscopic examination in elderly patients. Thus, we conclude that preparation with 20mℓ of sodium picosulfate and PEG intestinal lavage solution is useful for colonoscopic examination.
キーワード 大腸内視鏡検査 (colonoscopy) 前処置 (preparation)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1994-09
65巻
開始ページ 22
終了ページ 26
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307186
JaLCDOI 10.18926/15151
フルテキストURL 065_027_039.pdf
著者 Chowdhury, Riaz| 越智 浩二| 田中 淳太郎| 松本 秀次| 妹尾 敏伸| 原田 英雄| 水島 孝明| 谷崎 勝朗|
抄録 Tropical calcific pancreatitis is a nonalcoholic type of chronic pancreatitis affecting the childrens and young adults characterized clinically by recurrent abdominal pain in childhood, diabetes in adolescent and death in early childhood. Although the exact etiology is not known, malnutrition and chronic cassava toxicity either singly or in combination are presumed to be the prime factor in pancreatic injury unopposed by detoxification of free radical. Moreover micronutrients deficiency, oxidant stress and antioxidant deficiency might play substantial role. Diabetes secondary to tropical calcific pancreatitis is a distinctive and frequent problem, being named by W.H.O. study group as 'fibrocalculous pancreatic diabetes (FCPD) and classified as one of the variant of the so-called malnutrition related diabetes mellitus (MRDM).
抄録(別表記) 熱帯地方の貧困層の小児や若干成人にみられる非アルコール性の慢性膵炎で,小児期に反復する腹痛で発症し,10~20歳で膵性糖尿病になり,20~ 30歳で死亡する類似の病像を示す症例をTropical calcific pancreatitis(熱帯性石灰化慢性膵炎)という。高率に膵石を伴う。成因は乳幼児期からの熱量,蛋白貰,micronutrients(亜鉛,銅,セレニウム)の摂取不足に加えて食事中シアン産生物質や環境中oxidantsなど複合因子によると推測されている。病理像は世界各国にみられる慢性膵炎典型例に類似する。最近は,生活環境や医療事情の改善により,全身栄養障害の減少や生存期間 の延長など病像が変貌しっつある。糖尿病を重視する立場からはFibrocalculous pancreatic diabetesと呼ばれ,同一地域にみられるProtein-deficient pancreatic diabetesと合わせてMalnutrition-related diabetes mellitus(MRDM)と総称し,糖尿病の一亜型に分類されている。
キーワード Tropical calcific pancreatitis (TCP) malnutrition cassava diabetes abdominal pain
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1994-09
65巻
開始ページ 27
終了ページ 39
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307678
JaLCDOI 10.18926/15152
タイトル(別表記) ステロイド依存性重症難治性喘息における気道反応の特徴
フルテキストURL 065_040_047.pdf
著者 御船 尚志| 貴谷 光| 光延 文裕| 梶本 和宏| 横田 聡| 高田 一郎| 谷崎 勝朗| 越智 浩二| 原田 英雄| 多田 慎也| 原田 実根|
抄録 Characteristics of airway response in steroid-dependent intractable asthma (SDIA) were examined in 86 asthma patients (43 with SDIA and 43 with non-SDIA) divided into three age groups: 20-39, 40-59 and 60+ years, by observing cellular composition of bronchoalveolar lavage (BAL) fluid and ventilatory function. 1. The level of serum cortisol was significantly lower in patients with SDIA than in those with non-SDIA in all age groups. 2. The proportion of lymphocytes in BAL fluid was significantly decreased in patients with SDIA compared to results in non-SDIA patients in the age between 40-59, and over 60+ years, While BAL neutrophils were significantly increased in SDIA patients compared to results in non-SDIA patients in the age group over 60 years. 3. Of ventilatory parameters, the values of % FVC, FEV(1.0%), % MMF and % V(25) were significantly lower in SDIA patients over the age of 60 compared with non-SDIA subjects of the same age group. These results show that in SDIA patients the proportion of BAL lymphocytes decreases and the proportion of BAL neutrophils increases with aging, and that ventilatory function in SDIA patients also decreases with aging compared to non-SDIA patients.
抄録(別表記) 年齢により3群(20-39才,40-59才,60才以上)に分類された気管支喘息86例(ステロイド依存性重症難治性喘息:SDIA;43例,非SDIA;43例)を対象に,気管支肺胞洗浄液(BALF)中の細胞成分および換気機能よりSDIAにおける気 道反応の特徴を検討した。1.血清コーチゾ-ル値は,SDIA症例において, 非SDIA症例に比べいずれの年齢層においても有意の低値を示した。2.BALF中リンパ球頻度は,40-59才および60才以上のSDIA症例において,同年齢の非SDIA症例に比べ有意の低値を示した。一方,BALF中好中球頻度は,60才以上のSDIA症例で,同年齢層の非SDIA症例に比べ有意に高い値を示 した。また,BALF中好酸球頻度は,いずれの年齢層においても,SDIAと非SDIA症例の間に有意の差は見られなかった。3.換気機能では,% FVC, FEV1.0%,% MMF, % V(25)などの換気パラメーターは,60才以上の SDIA症例において,同年齢層の非SDIA症例に比べて有意の低値を示した。 これらの結果は,40-59才あるいは60才以上のSDIA症例では,非SDIA症例に比べ,BALF中リンパ球頻度の低下,好中球頻度の増加,換気パラメーター値の低下などがより高度に見られることを示している。
キーワード bronchial asthma (気管支喘息) bronchoalveolar cells (気管支肺胞洗浄液中の細胞) ventilatory function (換気機能) glucocorticoids (グルココーチコイド) serum cortiosol levels (血清コーチゾール値)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1994-09
65巻
開始ページ 40
終了ページ 47
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307402
JaLCDOI 10.18926/15154
タイトル(別表記) 気管支喘息における血清免疫グロブリン値,末梢血リンパ球数と気管支肺胞洗浄液中の細胞成分との関連
フルテキストURL 065_055_061.pdf
著者 光延 文裕| 貴谷 光| 御舩 尚志| 梶本 和宏| 横田 聡| 高田 一郎| 谷崎 勝朗| 越智 浩二| 原田 英雄| 多田 慎也| 原田 実根|
抄録 Changes in airway inflammation by glucocorticoids were examined in 26 patients with bronchial asthma, divided into two age groups ; 20-59 and 60+ years, in relation to serum immunoglobulin levels and peripheral lymphocyte count. 1. The levels of IgG, IgA and IgM were significantly lower in patients with steroid-dependent intractable asthma (SDIA) of age over 60 years than in those with non-SDIA of the same age group. In patients between the ages of 20 and 59, only serum IgG level was significantly lower in SDIA than in non-SDIA patients. 2. Peripheral lymphocyte count was significantly decreased in SDIA patients than in non-SDIA patients in age group over 60, but not in age group between 20 and 59. 3. Number of lymphocytes in bronchoalveolar lavage (BAL) fluid was significantly lower and number of BAL neutrophils was significantly higher in SDIA patients than in non-SDIA patients in age group over 60, but not in age group between 20 and 59. These results suggest that levels of IgG, IgA and IgM, and peripheral lymphocyte count were significantly suppressed in SDIA patients of age over 60, accompanied with decrease of BAL lymphocytes and increase of BAL neutrophils.
抄録(別表記) 気管支喘息26例(ステロイド依存性重症難治性喘息,SDIA 13例,非SDIA 13例)を対象に,血清免疫グロブリン,IgG,IgAおよびIgM値,および末梢血リンパ球数との関連のもとに,副腎皮質ホルモン長期投与による気道炎症細胞の出現頻度の変化について検討を加えた。なお,年齢による影響を観察する目的で,SDIAおよび非SDIA各13例を,20-59才と60才以上の2群に分けて,それ ぞれのグループの特徴について検討した。1.血清IgG,IgAおよびIgM値は,60才以上の症例において,いずれも非SDIA症例に比べ,SDIA症例で有意に低い値を示した。一方,20-59才の症例群においては,IgG値のみSDIA症例で有意の低下傾向が見られた。2.末梢血リンパ球数は,60才以上の症例では,SDIA症例で,非SDIA症例に比べ有意の低値を示したが,20-59才の症例では両群間に有意の差は見られなかった。3.気管支肺胞洗浄(BAL)液中のリンパ球数 は,60才以上のSDIA症例で,非SDIA症例に比べ有意に少なく,また同時にこれらの症例ではBAL液中好中球が有意に多い傾向が観察された。しかし,20-59才の症例群では,SDIAと非SDIAの間にいずれも有意の差は見られなかっ た。これらの結果より,60才以上の症例では,20-59才の症例群に比べ,副腎皮質ホルモンの長期投与により,血清IgG,IgAおよびIgM値,末梢血リンパ球数の減少とともに,BAL液中のリンパ球減少,好中球増加をきたしやすいことが明らかにされた。
キーワード serum immunoglobulin levels (血清免疫グロブリン値) lymphocytes (リンパ球) neutrophils (好中球) bronchial asthma (気管支喘息) glucocorticoids (副腎皮質ホルモン)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1994-09
65巻
開始ページ 55
終了ページ 61
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307607
JaLCDOI 10.18926/15121
タイトル(別表記) 気管支喘息患者の血清コーチゾール値について. 副腎皮質ホルモン投与および年齢との関連
フルテキストURL 066_030_036.pdf
著者 保﨑 泰弘| 御舩 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 横田 聡| 谷崎 勝朗| 越智 浩二| 原田 英雄| 池田 敏| 武田 和久|
抄録 Serum cortisol levels were examined in 94 patients with bronchial asthma in relation to dose of glucocorticoids and age. 1. The level of serum cortisol was significantly lower in group A patients, treated with glucocorticoids (prednisolone of 5mg/day or more) for more than 2 years, (2.4±1.2mcg/㎗) than in group B, treated with glucocorticoids (prednisolone of 5mg or less) for less than 2 years, (6.8±3.7mcg/㎗) (p<0.001) and in group C, treated without glucocorticoids, (12.6±3.9mcg/㎗) (p<0.001). The serum cortisol level was also significantly lower in group B than in group C (p<0.001). 2. The level of serum cortisol was significantly lower in patients over the age of 70 compared to that in those aged between 0 and 39 years (p<0.01) and those between 40 and 49 (p<0.05), and those between 50 and 59 (p<0.02). The level was also lower in patients between 60 and 69 compared to that in those between 0 and 39, however, this was not significant. These results demonstrate that the level of serum cortisol decreases by long-term glucocorticoid regimen and with aging.
抄録(別表記) 気管支喘息94例を対象に,副腎皮質ホルモン投与および年齢との関連のもとに,血清コーチゾール値の変動を観察した。まず副腎皮質ホルモンの投与量および投与期間により以下の3群に分けて検討した。グループA :副腎皮質ホルモン,プレドニソロンに換算して1日5mg以上を2年間以上にわたり使用している症例,グループB:プレドニソロン1日5mg以下で2年間以内の使用症例, グループC:副腎皮質ホルモンを全く使用していない症例。その結果,グループAの血清コーチゾ-ル値(2.4±1.2mcg/㎗)は,グループB (6.8±3.7mcg/㎗)(p 0.01)やC(12.6±3.9mcg/㎗)(p 0.001)に比べ有意に低い値であった。2、グループCでは,70才以上の症例の血清コーチゾ-ル値は,0-39才の症例(p 0.0l),40-49才の症例(p 0.05),そして,50-59才の症例(p 0.02)に比べ有意に低い値であった。これらの結果は,血清コーチゾール値は,副腎 皮質ホルモンの投与量や投与期間以外にも、加齢による影響を受ける可能性を示唆している。
キーワード serum cortisol level (血清コーチゾール) bronchial asthma (気管支喘息) clinical asthma type (臨床病型) glucocorticoids (副腎皮質ホルモン) aging (加齢)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1995-09
66巻
開始ページ 30
終了ページ 36
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307345
JaLCDOI 10.18926/15127
タイトル(別表記) Spa therapy and quality of life in patients with bronchial asthma
フルテキストURL 066_072_077.pdf
著者 谷崎 勝朗| 御舩 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 保﨑 泰弘| 横田 聡| 越智 浩二| 原田 英雄| 池田 敏| 武田 和久|
抄録 気管支喘息のなかでも,ステロイド依存性重症難治性喘息では,気管支拡張薬その他の抗喘息薬のみでは発作のコントロ-ルが極めて困難であり,したがって副腎皮質ホルモンの長期投与を余儀なくされる。そして,投与薬剤,特に気管支拡張薬の心臓刺激作用や副腎皮質ホルモンの副作用,さらには運動誘発喘息がひき起こされやすいなどの理由により,体動制限が加えられることが多い。このことが,また精神活動の低下へとつながる。したがって,重症難治性喘息患者のQuality of life (QOL)を高めるためには,薬剤の副作用をできるだけ低くするための投与薬剤の減量をはかるとともに,十分な運動のもとに治療を行い全身状態の改善,それにともなう精神活動の活性化をはかる必要がある。かかる観点からすれば,温泉療法は最も理想的な治療法であり,その直接作用(気道への作用:気道浄化作用,気道粘膜正常化作用)により,白,他覚症状の改善,換気機能の改善,気道過敏性の低下などが観察される。また,間接作用(気道以外への作用)により,全身状態の改善,自律神経系の安定化作用,副腎皮質機能の改善作用などが見られる。すなわち,重症難治性喘息に対する温泉療法では,十分な運動のもとに,精神活動の活性化をともなった喘息症状の改善がはかられるため,患者のQOLをより一層高めることができると判断される。
抄録(別表記) Bronchial asthma is in qeneral a disease with good prognosis and can be controlled with usual antiasthmatic drugs. However, there are some patients whose asthma attacks can be controlled only with use of qlucocorticoids. In these patients, adverse side effects of many kinds of drugs containing bronchodilators and qlucocorticoids, and exercise-induced asthma attacks are often observed. Thus, the patients have to keep limitation of exercise during treatment of their asthma attacks, leading to decrease psychical activity. Complex spa therapy for bronchial asthma consists of swimming training in a hot spring pool (exercise), inhalation of iodine salt solution and fango therapy. Spa therapy has two kinds of actions : direct action to airways and indirect action to other organs except airways. The direct action of spa therapy improves subjective and objective symptoms, and ventilatory function, and suppress bronchial hyperresponsiveness. In contrast, improvemment of suppressed function of adrenocortical glands, of mental activity, and of autonomic nerve system is observed as indirect action of spa therapy. These actions play an important role for improvement of QOL of patients with bronchial asthma.
キーワード 温泉療法 (spa therapy) 重症難治性喘息 (lntractable asthma) 運動 (exercise) 精神活動 (phychical activity) QOL
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1995-09
66巻
開始ページ 72
終了ページ 77
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307919
JaLCDOI 10.18926/15128
タイトル(別表記) Collagen degradation and in the pathogenesis of dieseases
フルテキストURL 066_078_084.pdf
著者 越智 浩二| 原田 英雄| Chowdhury Riaz| 山下 晴弘| 一村 光子| 田中 淳太郎| 妹尾 敏伸| 松本 秀次| 水島 孝明| 横田 聡| 光延 文裕| 谷崎 勝朗|
抄録 組織のコラーゲン沈着にはコラーゲン合成系と分解系の不均衡によって生ずる。従来,主としてコラーゲン合成系が注目されていたが,最近の研究の進歩により,コラーゲン分解系が重要な役割を演ずることが明らかになってきた。コラーゲンの分解系には細胞内と細胞外の二つの経路が存在する。それぞれcollagenolytic cathepsinおよびmatrix metalloproteinases( MMP)がコラーゲン分解能を有する重要な酵素である。その調節因子については細胞外の経路についての解明か進んでいる。MMPの遺伝子の発現にはサイトカインや成長因子が関与し,IL-1やTNF-αは強力な誘導因子である。一旦,遺伝子か発現すれば,MMPは合成され,細胞外に不活性型(latent form)で分泌される。不活性型のMMPが活性化する過程にはplasminogen activator inhibitorやtissue inhibitors of metalloproteinases(TIMP)などの阻害因子が存在し,MMP活性を調節する。TIMPの遺伝子の発現にもサイトカインや成長因子が関与する。MMPがTIMPを上回るような病態では組織破壊が,逆にTIMPがMMPを上回るような病態では綿維化が生ずる。コラーゲン分解能の障害が線維化の維持や不可逆性に関与することが推察される。
抄録(別表記) Fibrosis is the result of net accumulation of collagen in the organ. This may occur as a consequence of alterations in the synthesis of collagen, their degradation, or both. Recent investigations revealed that a decrease in collagen degradation plays a crucial role in fibrogenesis. Two pathways exist in collagen degradation : extracellular and intracellular. Each pathway has an important enzyme; that is, matrix metalloproteinases (MMP) and collagenolytic cathepsin, respectively. Collagenolytic activity is regulated at several levels. Expression of MMP and tissue inhibitors of metalloproteinase (TIMP), which act as inhibitors of MMP, is regulated independently by a number of cytokines and growth factors. MMP, which is synthesized in the cell, is secreted in a latent form. Activation of the latent MMP is controlled by TIMP and plasminogen activator inhibitor. TIMP also inhibits activated MMP which can degrade connective tissue matrices including collagens. In the condition where TIMP is predominant over MMP, activity of collagen breakdown is reduced, and consequently collagen deposition occurrs.
キーワード 線維化 (Fibrosis) コラーゲン (Collagen) TIMP (tissue inhibitor of metalloproteinase) MMP (matrix metalloproteinase)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1995-09
66巻
開始ページ 78
終了ページ 84
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307516
JaLCDOI 10.18926/15129
フルテキストURL 066_085_091.pdf
著者 Chowdhury Riaz| 越智 浩二| 原田 英雄| 田中 淳太郎| 水島 孝明| 松本 秀次| 妹尾 敏伸| 一村 光子| 穐山 恒雄| 横田 聡|
抄録 Experimental model of pancreatitis is mandatory for elucidating the pathobiology of the disease and also to see the response of a novel treatment. In addition, the need for an animal model of chronic pancreatitis is further strengthened by the relative inaccessibility and paucity of the human pancreatitis tissue. Whereas various models of acute pancreatitis and also of exocrine pancreatic tumor have been described, chronic pancr-eatitis has not been consistently reproduced in experimental animals. Many researchers attempted to establish an experimental model of chronic pancreatitis either by partially obstructing the drainage of pancreatic secretion in dogs and cats or by feeding alcohol to dogs and rats with and without temporary occlusion of the biliopancreatic duct or by surgically inducing ischaemia in the pancreas of the dogs. But, none of these models is identical with human disease. A consistently reproducible model of human chronic pancr-eatitis probably does not exist. In this expanding era of molecular biology which promises us to enhance greatly our understanding of this disease, a right experimental model of chronic pancreatitis is still in progress.
抄録(別表記) 疾患の実験モデルの作成は,その疾患の病因,病態の解明,さらに治療法の開発のために重要である。筆者らの一人は厚生省難治性膵疾患調査研究班の班員として,慢性膵炎の病態の解明や治療法の開発に関する研究を行っており,その研究の一環として,慢性膵炎の実験モデルの作成を現在行っている。そこで,これまで報告されている慢性膵炎の実験モデルについて概要を報告した。種々の動物や方法でヒト慢性膵炎に病因,病態,組織像が類似するモデルの作成が試みられてきたが,そのすべてが合致するような慢性膵炎モデルは確 立されてはいない。近年の分子生物学的研究の進歩は著しく,実験モデルへの応用が種々なされている現在,より簡便で再現性のある慢性膵炎モデルの作成が望まれるところである。
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1995-09
66巻
開始ページ 85
終了ページ 91
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307190
JaLCDOI 10.18926/15117
タイトル(別表記) ダニ喘息における気道遊走細胞からのヒスタミン遊離の加齢による減少
フルテキストURL 066_001_007.pdf
著者 谷崎 勝朗| 御舩 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 保﨑 泰弘| 横田 聡| 越智 浩二| 原田 英雄| 池田 敏| 武田 和久|
抄録 Histamine release from bronchoalveolar cells induced by house dust mite (HDm) was compared in patients with atopic asthma sensitive to HDm in relation to age. 1. Total cell number in bronchoalveolar lavage (BAL) fluid was larger in patients over the age of 40 years (9.10×10(6)) than in those aged between 20 and 39 years (6.25×10(6)), however, this was not significant. 2. Number of BAL eosinophils was not significantly different between the two age groups. 3. Number of BAL basophilic cells was significantly higher in younger patients (20-39 years) (1.85±1.03×10(2)/mℓ) than in older patients (40+ years) (0.39±0.24×10(2)/mℓ) (p<0.001). 4. Histamine release from BAL cells induced by HDm was significantly higher in younger patients (38.1±24.8%) than in older patients (0%) (p<0.001). These results suggest that histamine release from BAL cells in patients with HDm allergy decreases with aging.
抄録(別表記) ダニ喘息14例を対象に,ハウスダストエキスによる気道遊走細胞からのヒスタミン遊離と加齢との関連について検討を加えた。1.気管支肺胞洗浄液(BALF)中の総細胞数は,20-39才の症例群(6.25×10(6)) に比べ,40才以 上の症例群(9.1×10(6)) でやや多い傾向が見られたが,推計学的には有意差は見られなかった。2.BALF中好酸球数は,20-39才と40才以上の症例群間に差は見られなかった。3.BALF中好塩基性細胞数は,40才以上の症例群(0.39±0.24×10(2)/mℓ)に比べ,20-39才の症例群(1.85±1.03×10(2)/mℓ)において有意に多い傾向が見られた(P<0.001)。4.ハウスダストエキスによるBALF中細胞からのヒスタミン遊離は,40才以上の症例群(0%) に比べ20-39才の症例群(38.1±24.8%)において有意に高い結果が得られた(P<0.001)。これらの結果より,ダニ喘息(アトピー型喘息)における気道遊走細胞からのヒスタミン遊離は,加齢とともに減少することが示唆された。
キーワード Bronchial asthma House dust allergy Histamine release Bronchoalveolar cells
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1995-09
66巻
開始ページ 1
終了ページ 7
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307845