JaLCDOI 10.18926/15008
タイトル(別表記) 中高年発症型喘息患者におけるIgE系アレルギー反応の加令による変化
フルテキストURL 067_050_056.pdf
著者 光延 文裕| 御舩 尚志| 保崎 泰弘| 芦田 耕三| 柘野 浩史| 横田 聡| 谷崎 勝朗| 越智 浩二| 原田 英雄|
抄録 Age-related changes in IgE-mediated allergic reaction were examined in patients with late onset asthma, whose asthma occured over the age at onset of 40. 1. The number of patients with a high serum IgE level over 3001U/mℓ was larger in those between the ages at onset of 40 and 49 and over age at onset 60 than in those between the ages at onset 50 and 59. 2. A positive RAST score to Hdm and cockroach allergens was more frequently found in patients between 40 and 49 and over age 60 at onset compared to those between 50 and 59 at onset. In contrast, the number of patients with a positive RAST to Candida was larger in those between 50 and 59 at onset than in those of between 40 and 49 and over 60 at onset. 3. Severe asthma was more frequently and slight asthma was less frequently observed in patients between 50 and 59 at onset than in those of the other age at onset groups. These results suggest that IgE-mediated allergic reaction in patients between the ages at onset of 50 and 59 is different from that in those with early onset asthma, and that the reaction in patients between the ages at onset 40 and 49 and over 60 resembles to the reaction in those with early onset asthma.
抄録(別表記) 発症年令が40才以上の中高年発症型喘息患者におけるIgE系アレルギー反応の加令による変化について検討を加えた。1.発症年令が40から49才と60才以上の患者では,50から59才の患者に比して血清IgE値が300IU/mℓ以上の高値を示す頻度が高い傾向が見られた。2.ダニ,ゴキブリに対するRAST陽性率は発症年令が50から59才の患者に比して,40から49才と60才以上の患者で高値を示した。一方,カンジダに対するRAST陽性率は,発症年令が40から49才と60才以上の患者に比して,50から59才の患者で高値を示した。3.発症年令が50から59才の患者では,他の発症年令の患者に比べて,重症例が多く,軽症例が少ない傾向が見られた。以上の結果から,発症年令が50から59才の患者のIgE系アレルギー反応は若年発症型喘息患者と異なり,発症年令が40から49才と60才以上の患者のIgE系アレルギー反応は若年発症型喘息患者と 類似することが示唆された。
キーワード IgE RAST 吸入抗原 (inhalant Allergen) 気管支喘息 (Bronchial asthma) 加令 (aging)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1996-11
67巻
開始ページ 50
終了ページ 56
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307989
JaLCDOI 10.18926/15041
タイトル(別表記) Alcohol-induced pancreatitis
フルテキストURL 062_052_070.pdf
著者 原田 英雄| 田中 淳太郎| 越智 浩二| 松本 秀次| 妹尾 敏伸| 出石 通博| 谷崎 勝朗|
抄録 膵炎のうちもっとも頻度が高いアルコール性膵炎(AIP)の疫学,臨床像および発生機序に関する従来の知見を総括した。AIPの大多数は慢性膵炎である。通常は長期にわたる多量の飲酒を背景に発症するが,遺伝的素因および食事因子も重要な役割を演じる。発症初期には血中膵酵素の上昇をともなう腹痛が病像を支配するが,進展すると膵外分泌不全による消化吸収障害と膵内分泌不全による糖尿病が病像を支配するようになる。アルコール性慢性膵炎は非アルコール性慢性膵炎にくらべて確診時にすでに進展した症例が多く,合併症が多く,進行が早く,予後が悪い。死亡の主たる原因は癌の併発と糖尿病の合併症で,膵炎の急性増悪発作がこれにつぐ。併発する癌のなかでは膵癌よりもむしろ上部気道および上部消化管の癌が多い。発生機序としてはDuctal-Plug説とToxic-Metabolic説が有力であるが,最近は細 胞内膵酵素活性化説とFree Radical説も注目をあびている。
抄録(別表記) This paper is to review the literature on the epidemiology, clinical pictures and etiopathogenesis of alcohol-induced pancreatitis (AIP). The incidence of AIP has been increasing worldwide, paralleling the increase in alcohol consumption. AIP manifests itself following a longterm consumption of large amounts of alcohol. There is no known threshold value of alcohol consumption in terms of the risk of developing AIP, although the logarithm of the risk of developing AIP is lineally correlated with the amount of alcohol intake. Why some alcoholics develop pancreatitis whereas others with equal consumption of ethanol are spared remains to be explained. Therefore, two additional factors are considered to play important roles in developing AIP : genetic predisposition and diet. The majority of AIP IS chronic pancreatitis (AICP), although a minority can be acute pancreatitis (AIAP). AIAP shows somewhat higher morbidity and mortality than the common variety of acute pancreatitis. If recovered from an attack, AIAP shows morphological and functional restoration. AICP manifests itself with an acute attack of abdominal pain, insidious onset of abdominal pam, or a pain-free variety. An acute attack in AICP resemble that m AIAP ; often these two can be differentiated only by follow-up studies. AICP shows no morphological and functional restoration, and often shows progressive deterioration. Abdominal pain with elevated serum pancreatic enzymes is a predominant clinical picture m the early stage of AICP, whereas in the late stage symptoms and signs deriving from exocrine insufficiency (maldigestion) and endocrine insufficiency (pancreatic diabetes) begin to dominate the clinical pictures. AICP is in the more advanced stage and shows more complications than nonalcoholic chronic pancreatitis at the time of diagnosis. In addition, AICP shows more rapid progress and higher morbidity and mortality. The incidence of microangiopathy in pancreatic diabetes resemble that in primary diabetes, being higher in patients with a longer history of diabetes, those on insulin treatment and those under poorer control. Main causes of death are development of cancer in the upper respiratory and gastrointestinal tract and diabetic complications (hypoglycemic shock, renal failure, and intractable pneumonia), and acute attack of pancreatitis leads to death less frequently. Ductal-Plug theory and classical Toxic-Metabolic theory are most popular to explain the pathogenesis of AIP ; however, increasing evidence has been reported that oxygen free radicals and intracellular activation of zymogens by lysosomal enzymes may be involved in the pathogenesis.
キーワード アルコール性膵炎 (Alcohol-induced pancreatitis) 慢性膵炎 急性膵炎
出版物タイトル 環境病態研報告
発行日 1991-08
62巻
開始ページ 52
終了ページ 70
ISSN 0913-3771
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307918
JaLCDOI 10.18926/15087
タイトル(別表記) 気管支喘息症例に対する鼻腔内ステロイド療法
フルテキストURL 067_057_062.pdf
著者 御舩 尚志| 光延 文裕| 保崎 泰弘| 芦田 耕三| 横田 聡| 柘野 浩史| 竹内 一昭| 名和 由一郎| 谷崎 勝朗| 越智 浩二| 原田 英雄|
抄録 Bronchial asthma is often accompanied with allergic rhinitis or chronic sinusitis. Mucosal abnormalities of sinonasal cavity may influence lower respiratory responses in patients with asthma. We experienced a case of 72-year-old woman with asthma, who had dyspnea on exertion and a large volume of expectoration of more than 100mℓ a day. Furthermore she had nasal symptoms (nasal obstruction and rhinorrea) with prominent post-nasal discharge. Computed tomography (CT) scans of sinonasal cavity revealed marked thickness of nasal mucosa. Although her asthma symptoms such as wheezing and dyspnea improved by administration of bronchodialators, antiallergic agent, and beclomethason di isocyanate (BDI) accompanied with spa therapy after admission, the volume of expectoration revealed no decrease and her peak expiratory flow (PEF) didn't increase. The volume of expectoration and the PEF showed marked improvement after starting of intranasal glucocorticoid therapy. It is suggested from her clinical course that treatment with intranasal glucocorticoids is very important in asthmatic patients with mucosal abnormalities of sinonasal cavity.
抄録(別表記) 気管支喘息症例には,アレルギー性鼻炎や慢性副鼻腔炎の合併が認められる。鼻腔内への吸入ステロイド投与が喘息症状を改善したという報告も存在し,鼻腔病変が下気道の反応に何らかの影響を及ぼしている可能性が考えられる。今回,気管支喘息にて入院した72才の女性の症例を呈示する。労作性呼吸困難と多量の喀痰排出が認められ,入院後の投薬や温泉療法にて呼吸困難は改善したが,喀痰排出は減少せず,ピークフロー値も上昇が認められなかった。明らかな後鼻漏が認められ,CTにて両側鼻腔粘膜の著明な肥厚の所見が見られたため,鼻腔内吸入ステロイド投与を開始した。開始後,喀痰排出量,ピークフロー値は著明な改善を示した。この症例のように,鼻腔あるいは副 鼻腔に対する治療が喘息症状を改善する症例が存在する可能性が考えられた。
キーワード bronchial asthma (気管支喘息) rhinitis (鼻炎) intranasal steroid therapy (鼻腔内吸入ステロイド療法) expectoration (喀痰排出) peak expiratory flow (ピークフロー)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1996-11
67巻
開始ページ 57
終了ページ 62
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307814
JaLCDOI 10.18926/15088
タイトル(別表記) サーモグラフィーによる体表面温度の測定
フルテキストURL 067_063_070.pdf
著者 保崎 泰弘| 名和 由一郎| 竹内 一昭| 柘野 浩史| 芦田 耕三| 横田 聡| 光延 文裕| 御舩 尚志| 谷崎 勝朗| 越智 浩二| 原田 英雄| 池田 敏| 武田 和久|
抄録 Body Surface Temperature was observed by thermography. The surface temperature of a healthy person's lower limbs, after being cooled in a water bath, increased in parallel with time. Patients with Diabetes Mellitus had different patterns in the rate of increase of the surface temperature. After cold loading, one patient had a 99% recovery ratio of surface temperature, the same level as healthy volunteers (83%, and 88%), as calculated by a picture processing program with the computerized thermotracer. However, the recovery ratio of other patients was poorer, ranging from 56% to under 6% recovery. This measurement of elevation of body temperature is useful for the estimation of peripheral blood flow in patients with lower limbcirculation failure.
抄録(別表記) 健常人並びに糖尿病患者を対象にして下肢の体表面温度を測定した。測定にはサーモグラフィーを用い,得られた画像の数値化にはコンピュータを用いた画像処理システムを利用した。健常人を用いた実験では,20℃の水を用いた冷水負荷を5分間行うことにより,冷水負荷後,下肢の体表面温度は時間とともに上昇して30分後に良好な回復を得ることができた。画像処理により28℃以上の体表面温度を呈した下肢の面積を負荷前と比較したところ,回復率は,2名の健常人についてみるとそれぞれ83%,88%であった。27℃で画像処理を行った場合には回復率は93%となり過大評価される可能性があった。また,29℃で画像処理を行ったところに,逆に,64%となり過少評価される可能性があり,28℃が最も良い条件であった。この様な条件下で,糖尿病患者7名について同様に測定を行ったところ,1名は健常人と同じく99%の良好な回復率を呈した。しかし,他の1名は56%であり,残りの,5名は6%以下であった。この様に,糖尿病患者では,下肢の体表面温度の冷水負荷後の回復率に顕著な差を認めた。この差は,糖尿病患者における,末梢循環障害の程度を反映しているものと考えられた。この様にコンピュータを用いた画像処理システムの応用によりサーモグラフィーの画像は数値化することが出来,測定結果はより客観的に据えることが可能となった。画像処理されたサーモグラフィーは下肢の循環障害を持つ患者の末梢血流量の評価に有用な測定方法であると考えられた。
キーワード Thermography (サーモグラフィー) Diabetes Mellitus (糖尿病) Peripheral Circulation (末梢循環) Cold Loading (冷水負荷)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1996-11
67巻
開始ページ 63
終了ページ 70
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307566
JaLCDOI 10.18926/15089
タイトル(別表記) Usefulness of retinol binding protein as a marker for the assessment of nutritional uptake for the preparation of colonosocpy
フルテキストURL 067_071_074.pdf
著者 加藤 匡宏| 蓮岡 英明| 越智 浩二| 水島 孝明| Chowdhury Riaz| 松村 直樹| 山本 良一| 田中 淳太郎| 原田 英雄| 穐山 恒雄| 横田 聡| 光延 文裕| 谷崎 勝朗|
抄録 大腸内視鏡検査の前処置を栄養面から評価する目的で前処置前後にrapid turnover proteinである血中レチノール結合蛋白の変動を検討した。前日に普通食を用い,当日ニフレックを使用した10例,検査1日前に低残渣食を用いた27例,通常の前処置では良好な腸管洗浄が得られないために検査前2日間低残渣食を用いた27例の3群について,前処置開始前と検査終了後に血中レチノール結合蛋白の変動をみたところ,検査前2日間低残渣食服用群で有意の低下を認めた。前日普通食群では検査前後で変化を認めず,1日低残渣食服用群では低下傾向を認めたが,有意差は認めなかった。これまで前処置の成否は腸管洗浄度の面で評価されてきたが,血中レチノール結合蛋白を目標として用いることにより栄養面から評価することができることが考えられた。
抄録(別表記) The objective of this study was to evaluate the usefulness of retinol binding protein (RBP), one of rapid turnover proteins, for the assessment of nutritional aspect of the preparation for colonoscopy. Blood samples were drawed before the preparation and after the colonoscopic examination and serum RBP was determined by laser nephrometory. Group A consisted of 10 patients who were administered intestinal lavage solution (Niflec) without no low residual diet. Group B consisted of 27 patients who were adminstered low residual diet for 1 day. Group C consisted of 27 patients who were administered low residual diet for the two consecutive days before colonosocopic examination with intestinal lavage solution and magnesium citrate because sufficient cleanup of intestine were not expected by using the ordinary preparations. The values of serum RBP significantly decreased in group C after the preparation although no significant changes were observed in group A and Group B. We emphasized in estimating the preparation for the colonoscopy assessment of nutrition using serum RBP was needed as well as colonic cleaning.
キーワード レチノール結合蛋白 (retinol binding protein) 大腸内視鏡 (colonoscopy) 前処置 (preparation) 栄養評価 (nutritional assessment)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1996-11
67巻
開始ページ 71
終了ページ 74
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307681
JaLCDOI 10.18926/15090
タイトル(別表記) Gastro-biliary motility in patients with non-ulcer dyspepsia
フルテキストURL 067_075_078.pdf
著者 水島 孝明| 山本 良一| 松村 直樹| Chowdhury, Riaz| 加藤 匡宏| 越智 浩二| 田中 淳太郎| 原田 英雄| 横田 聡| 光延 文裕| 御舩 尚志| 谷崎 勝朗|
抄録 現在,上腹部不定愁訴の原因は特定されていない。その原因を解明するため,上腹部不定愁訴患者8人と健常対照者10人に対して液体食の胃排出能と,食事負荷による胆嚢収縮能を測定した。胃排出時間,胆嚢収縮能はいずれも両者に有意な差は認められなかった。健常対照者では胃排出時間と胆嚢収縮時間に有意な相関関係が認められたが,上腹部不定愁訴群では相関関係は認められなかった。上腹部不定愁訴の原因として胃・胆嚢協調運動障害の存在が示唆 された。
抄録(別表記) Subjective symptoms are quite similar between cystic duct syndrome (CDS) and non-ulcer dyspepsia (NUD) : epigastralgia, hypochondralgia and vague complaints in the upper part of the abdomen. Recently, there has been several reports suggesting that the cause of these disorders is postprandial dysmotility in the gallbladder and stomach. However, there has been no report suggesting incoordination of postprandial gastrobilialy motility as the cause of tha above mentioned complaints in these disorders. The aim of this study was to define the difference of postprandial gastrobiliary motility between patients with NUD and controls. Eight patients with NUD and 10 controls were studied. Gastric emptying time of liquid meal and gallbladder contraction were measured, simultaneously. There was no significant difference between study patients and controls when gastric emptying time and gallbladder contraction rate were compared in isolation. However, when these two parameters were assessed in combination, gastric emptying time was linearly correlated with minimum ballbladder contraction time in controls but not in patients. We conclude that the incoordination between gastric emptying and minimal gallbladder contraction may be one of the major causes of the symptoms in NUD.
キーワード 胃運動 (Gastric motility) 胆嚢運動 (Biliary motility) 不定愁訴 (indefinite complaint)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1996-11
67巻
開始ページ 75
終了ページ 78
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002308012
JaLCDOI 10.18926/15091
タイトル(別表記) Ⅱ型喘息(細気管支閉塞型)と気管支肺胞洗浄液の好中球数
フルテキストURL 067_079_084.pdf
著者 谷崎 勝朗| 御舩 尚志| 光延 文裕| 保崎 泰弘| 芦田 耕三| 横田 聡| 柘野 浩史| 竹内 一昭| 名和 由一郎| 越智 浩二| 原田 英雄| 池田 敏| 武田 和久|
抄録 Bronchial asthma is classified into three types ; type Ia (Ia-1 and Ia-2), type Ib, and type Ⅱ, by clinical symptoms (clinical diagnosis). Asthma is also classified by clinical findings and examinations (score diagnosis). Both classification systems show that markedly increased proportion of BAL neutrophils and marked decrease in % V25 value are characteristic of type Ⅱ, bronchiolar obstruction, asthma. However, there are some type Ⅱ asthma patients without BAL neutrophilia. In these patients, age is higher compared to those with BAL enutrophlia. Decrease in FEV1.0% value and decrease in the proportion of BAL lympocytes and serum IgG level, are not so remarkable as decrease in those with BAL neutrophilia. It has been suggested that type Ⅱ asthma with BAL neutrophilia correlates with suppression of humoral and cellular immunity, and same type of astma without BAL neutrophilia is in part caused by aging.
抄録(別表記) 気管支喘息は,その臨床症状より,Ia型(Ia-1およびIa-2),Ib型およびⅡ型の3つの病型に分けることができる(臨床分類)。また,同時に臨床所見および検査により分類することができる(スコアー分類)。いずれの分類においても,BAL液中の好中球の著増および高度な% V25値の低下がⅡ細気管支閉塞型の特徴的所見である。しかしながら,BAL液中の好中球の増加をともなわないⅡ型喘息が存在することが明らかにされている。これらの症例では,BAL液 中好中球増加をともなう症例に比べ平均年齢が高い。しかし,FEVl.0% 値、BAL液中リンパ球頻度や血清IgG値などは、好中球増加をともなう症例ほどの低下傾向は見られない。これらの結果はBAL液中好中球増加をともなうⅡ型z喘息の発症機序には、液性および細胞性免疫能の低下が、また、BAL液中好中球増加をともなわないⅡ型喘息では、加齢がある程度関連していることを示 している。
キーワード Asthma classification (喘息分類) BAL lymphocytes (BALリンパ球) BAL neutrophils (BAL好中球) % V25 value Ⅱ型喘息
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1996-11
67巻
開始ページ 79
終了ページ 84
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307924
JaLCDOI 10.18926/15093
タイトル(別表記) 気管支喘息に対する複合温泉療法の作用機序 1.温泉療法の評価方法との関連
フルテキストURL 067_085_091.pdf
著者 光延 文裕| 御舩 尚志| 保崎 泰弘| 芦田 耕三| 横田 聡| 柘野 浩史| 竹内 一昭| 名和 由一郎| 谷崎 勝朗| 越智 浩二| 原田 英雄|
抄録 Action mechanisms of complex spa therapy (swimming training in a hot spring pool, inhalation with iodine salt solution, and fango therapy) were studied in relation to patient age, clinical asthma type, and airway inflammation. Actions of spa therapy were observed by two clinical effects : direct and indirect effects. Improvement of subjective symptoms, ventilatory function, and bronchial hyperresponsiveness was observed as direct effects of spa therapy, and improvement of suppressed function of adrenocortical glands as indirect effects of the therapy. The clinical effects of spa therapy were higher in patients over the age of 40. Regarding clinical asthma type, the effects were larger in patients with type Ib and type II asthma than in those with type Ia. The efficacy of spa therapy was closely related with airway inflammation in patients with type Ib and type II asthma.
抄録(別表記) 複合温泉療法(温泉プール水泳訓練,ヨードゾル吸入,鉱泥湿布療法)の作用機序が,年齢,臨床病型,気道炎症反応との関連のもとに検討された。温泉療法の作用機序は,2種類の臨床効果,すなわち,直接効果と間接効果により観察された。自,他覚症状の改善,換気機能の改善,そして,気道過敏性の改善などが,温泉療法の直接効果として,また,副腎皮質機能の改善が間接効果とし て観察された。温泉療法の臨床効果は,40才以上の症例においてより有効であり,また,臨床病型別では、Ia型に比べ,Ib型およびⅡ型においてより有効であった。Ib型やⅡ型の気管支喘息では,温泉療法の作用機序と気道炎症反応との間に密接な関連が認められた。
キーワード complex spa therapy (複合温泉療法) clinical asthma type (臨床病型) ventilatory function (換気機能) bronchial hyperresponsiveness (気道過敏性) adrenocortical glands (副腎皮質)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1996-11
67巻
開始ページ 85
終了ページ 91
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307192
JaLCDOI 10.18926/15095
タイトル(別表記) Mechanisms of pancreatic fibrosis
フルテキストURL 067_115_120.pdf
著者 越智 浩二| Chowdhury, Riaz| 一村 光子| 松村 直樹| 田中 淳太郎| 水島 孝明| 山本 良一| 原田 英雄| 横田 聡| 光延 文裕| 保崎 泰弘| 谷崎 勝朗|
抄録 膵の線維化は慢性膵炎に特徴的な病理組織所見の一つであるが,その発生機序については不明な点か多い。慢性膵炎はいったん発症すれば,進行性かつ非可逆性であるとされるが,その非可逆性に膵の線維化が関与するとされる。膵の線維化の発生機序を明らかにし,線維化に対する根本的な治療法の確立が望まれるところである。そこで,本稿では今後の膵の線維化の研究課題を明らかにする目的で,現在までの膵臓線維化の発生機序に関する知見を整理した。
抄録(別表記) Pancreatic fibrosis is an outstanding morphological feature in chronic pancreatis although it is seen in pancreatic cancer and convalescent stage of acute pancreatitis. Progressive fibrosis in chronic pancreatitis leads to the destruction and contributes to irreversiblity of chronic pancreatitis. Exact mechanisms of pancreatic fibrosis is not yet unclear, although advances in molecular biology have revealed possible roles of cytokines and growth factors in it. We summarized our understanding of pancreatic fibrosis in the revIew.
キーワード 膵臓 (pancreas) 線維化 (fibrosis) サイトカイン (cytokine) 慢性膵炎 (chronic pancreatitis)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1996-11
67巻
開始ページ 115
終了ページ 120
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307876
JaLCDOI 10.18926/15096
タイトル(別表記) 気管支喘息に対する複合温泉療法の作用機序 3.気道炎症反応との関連
フルテキストURL 067_099_106.pdf
著者 保崎 泰弘| 御舩 尚志| 光延 文裕| 芦田 耕三| 横田 聡| 柘野 浩史| 竹内 一昭| 名和 由一郎| 谷崎 勝朗| 越智 浩二| 原田 英雄|
抄録 The degree and characteristic of airway inflammation were evaluated by the proportions of bronchoalveolar lavage (BAL) cells. Clinical asthma types such as Ia. simple bronchoconstriction, Ib. bronchoconstriction + hypersecretion, and Ⅱ. bronchiolar obstruction correlate with airway inflammation. The increased proportion BAL neutrophils is characteristic of type Ⅱ asthma, and increase in BAL eosinophil count is often observed in type Ib asthma. Bronchial hyperresponsiveness also correlates with airway inflammation. Action of spa therapy has been speculated to be related to airway inflammation, since the therapy has no action inhibiting IgE-mediated allergic reaction. In fact, spa therapy is more effective in patients with type Ib and type Ⅱ than in those with type Ia showing slight degree of airway inflammation. Bronchial hyperresponsiveness is also improved by spa therapy. From a point of view, the direct action of spa therapy may be to clean airways and improve damaged mucous membrane of the airways, leading to suppression of airway inflammation.
抄録(別表記) 気道炎症反応の程度や特徴が,気管支肺胞洗浄液(BAL)中の細胞成分によって評価された。Ia.単純性気管支攣縮型,Ib.気管支攣縮+過分泌型,Ⅱ.細気管支閉塞型などの各臨床病型は気道炎症反応と関連している。BAL液中好中球増多は,Ⅱ型喘息の特徴的所見であり,また好酸球増多はIb型喘息でしばしば観察される。気道過敏性もまた気道炎症反応と関連している。温泉療法の作用機序としては,温泉療法にIgEにmediateされるアレルギー反応(液性因子相)を抑制する作用がないことから,気道炎症反応(細胞性因子相)の抑制が推測されている。実際,温泉療法は,気道炎症反応が軽度なIa型喘息に比べ,Ib型やⅡ型などの明らかに気道炎症反応をともなう病型に対してより有効である。気道過敏性もまた温泉療法により改善される。これらの 結果から,温泉療法は,気道を清浄化し,気道粘膜を正常化することによって,気道炎症反応を抑制していくものと考えられる。
キーワード Spa therapy (温泉療法) Airway inflammation (気道炎症反応) BAL eosinophilia (BAL好酸球増多) BAL neutrophilia (BAL好中球増多) Bronchial asthma (気管支喘息)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1996-11
67巻
開始ページ 99
終了ページ 106
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307894
JaLCDOI 10.18926/15109
タイトル(別表記) A case of multiple pancreatic cysts with K-ras point mutation in pure pancreatic juice
フルテキストURL 067_121_125.pdf
著者 山本 良一| 越智 浩二| 松村 直樹| 田中 淳太郎| 加藤 匡宏| 水島 孝明| Chowdhury Riaz| 原田 英雄| 蓮岡 英明| 横田 聡| 谷崎 勝朗|
抄録 膵癌の早期診断を行うために,最近の進歩の著しい遺伝子診断を用いて,膵液中のK-ras遺伝子の点突然変異の検討がなされている。われわれは膵液の細胞診は陰性であるが,K-ras遺伝子の点突然変異を認め,膵全体に多発する膵嚢胞の1例を経験した。本例は悪性であるとの確診が得られないことや切除するとなれば膵全摘となることなどのために,経過観察を行っているが,18カ月後の現在,嚢胞の増大など認めていない。膵癌の遺伝子診断の文献的考察を含め,報告する。
抄録(別表記) Pancreatic cancer is the one of the leading causes of death among cancer deaths and the early diagnosis is one of the main topics of pancreatic research. Mutation of K-ras oncogene at codon 12 has been reported in pancreatic adenoma, hyperplasia of the pancreatic duct, and also in pancreatic cancer, Recently, detection of K-ras point mutation in pure pancreatic juice is underinvestigation as a potential tool of early diagnosis of pancreatic cancer by setting a certain cut-off value. We recently experienced a case of multiple pancreatic cysts without any malignant cells in pancreatic juice, but with a positve point mutation of K-ras oncogene. Operation was deferred after obtaining informed consent from the family, because the lesions were so multiple and extensive as to require total pancreatectomy. Eighteen months follow-up studies did not reveal any deterioration in imaging tests as well as clinical picture.
キーワード 膵嚢胞 (pancreatic cyst) 膵液 (pancreatic juice) K-ras遺伝子 (K-ras oncogene) 点突然変異 (point mutation) 細胞診 (cytology)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1996-11
67巻
開始ページ 121
終了ページ 125
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307457
JaLCDOI 10.18926/15117
タイトル(別表記) ダニ喘息における気道遊走細胞からのヒスタミン遊離の加齢による減少
フルテキストURL 066_001_007.pdf
著者 谷崎 勝朗| 御舩 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 保﨑 泰弘| 横田 聡| 越智 浩二| 原田 英雄| 池田 敏| 武田 和久|
抄録 Histamine release from bronchoalveolar cells induced by house dust mite (HDm) was compared in patients with atopic asthma sensitive to HDm in relation to age. 1. Total cell number in bronchoalveolar lavage (BAL) fluid was larger in patients over the age of 40 years (9.10×10(6)) than in those aged between 20 and 39 years (6.25×10(6)), however, this was not significant. 2. Number of BAL eosinophils was not significantly different between the two age groups. 3. Number of BAL basophilic cells was significantly higher in younger patients (20-39 years) (1.85±1.03×10(2)/mℓ) than in older patients (40+ years) (0.39±0.24×10(2)/mℓ) (p<0.001). 4. Histamine release from BAL cells induced by HDm was significantly higher in younger patients (38.1±24.8%) than in older patients (0%) (p<0.001). These results suggest that histamine release from BAL cells in patients with HDm allergy decreases with aging.
抄録(別表記) ダニ喘息14例を対象に,ハウスダストエキスによる気道遊走細胞からのヒスタミン遊離と加齢との関連について検討を加えた。1.気管支肺胞洗浄液(BALF)中の総細胞数は,20-39才の症例群(6.25×10(6)) に比べ,40才以 上の症例群(9.1×10(6)) でやや多い傾向が見られたが,推計学的には有意差は見られなかった。2.BALF中好酸球数は,20-39才と40才以上の症例群間に差は見られなかった。3.BALF中好塩基性細胞数は,40才以上の症例群(0.39±0.24×10(2)/mℓ)に比べ,20-39才の症例群(1.85±1.03×10(2)/mℓ)において有意に多い傾向が見られた(P<0.001)。4.ハウスダストエキスによるBALF中細胞からのヒスタミン遊離は,40才以上の症例群(0%) に比べ20-39才の症例群(38.1±24.8%)において有意に高い結果が得られた(P<0.001)。これらの結果より,ダニ喘息(アトピー型喘息)における気道遊走細胞からのヒスタミン遊離は,加齢とともに減少することが示唆された。
キーワード Bronchial asthma House dust allergy Histamine release Bronchoalveolar cells
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1995-09
66巻
開始ページ 1
終了ページ 7
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307845
JaLCDOI 10.18926/15119
タイトル(別表記) 気管支喘息患者の気管支肺胞細胞からのヒスタミンとロイコトリエンC4遊離 ―アトピー性喘息におけるヒスタミンの役割について―
フルテキストURL 066_014_020.pdf
著者 光延 文裕| 御舩 尚志| 梶本 和宏| 保﨑 泰弘| 横田 聡| 谷崎 勝朗| 越智 浩二| 原田 英雄|
抄録 To clarify the main humoral triggering factor (histamine and/or leukotriene) of the early stage of asthma attacks, the release of histamine and leukotriene C4 (LTC4) from bronchoalveolar lavage (BAL) cells stimulated with Ca ionophore A23187 was examined in 7 patients with atopic asthma, and the results were compared to those in 7 nonatopic asthma patients. 1. The proportion of BAL basophilic cells was significantly higher in atopic patients than in nonatopic patients (p<0.05). 2. The content of histamine in BAL fluid was significantly higher in atopic (2.3mcg/mℓ) comparted to that in nonatopic patients (0mcg/mℓ)(p<0.001). The content of LTC4 was high in nonatopic (2.4ng/mℓ) than in atopic patients (0.5ng/ mℓ), however, this was not significant. 3. The release of histamine from BAL cells was 32.6% in atopic and 0% in nonatopic patients, and this was significant (p<0.001). The release of LTC4 from BAL cells was significantly higher in nonatopic (11.3ng/10(6)cell) than in atopic (3.5ng/10(6)cell)(p<0.02). The results demonstrate that histamine play more important role in atopic patients as a main triggering factor of attacks than LTC4. In contrast, in nonatopic patients, LTC4 is more predominant than histamine during early stage of asthma attacks.
抄録(別表記) 気管支喘息発作初期に関与する液性因子(ヒスタミン,ロイコトリエン)の役割を明らかにするために,気管支肺胞洗浄(BAL)細胞からのカルシウムイオノフォアA23187によるヒスタミンとロイコトリエンC4 (LTC4)遊離の検討を行った。対象はアトピー性喘息患者7名,非アトピー性喘息患者7名とした。1.BAL液中の好塩基性細胞の比率は,アトピー性喘息患者において有意に高値を示した。2.BAL液中ヒスタミン濃度は非アトピー性喘息患者(0mcg/mℓ)に比して,アトピー性喘息患者(2.3mcg/mℓ)において有意に高値を示した。一方,BAL液中LTC4濃度は,アトピー性喘息患者(0.5ng/mℓ)に比し て非アトピー性喘息患者(2.4ng/mℓ)において,高値を示したが,有意差は見られなかった。3.BAL細胞からのヒスタミン遊離は非アトピー性喘息患者(0%)に比して,アトピー性喘息患者(32.6%)において有意に高値を示した。LTC4遊離はアトピー性瑞息患者(3.5ng/10(6)胞)に比して,非アトピー性喘息患者(ll.3ng/10(6)細胞)において有意に高値を示した。以上より,喘息発作初期に関与する液性因子としては,アトピー性喘息患者においてはヒスタミンが重要であり,非アトピー性喘息患者においてはLTC4が,重要であることが,明らかになった。
キーワード Histamine LTC4 BAL cells atopic asthma
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1995-09
66巻
開始ページ 14
終了ページ 20
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307251
JaLCDOI 10.18926/15120
タイトル(別表記) 老年者気管支喘息の各臨床病型における換気機能の特徴
フルテキストURL 066_021_029.pdf
著者 保﨑 泰弘| 御舩 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 横田 聡| 谷崎 勝朗| 越智 浩二| 原田 英雄| 池田 敏| 武田 和久|
抄録 Ventilatory function was examined in 55 patients with asthma (25 older patients over the age of 60 and 30 younger patients under the age of 59) in relation to four clinical types classified by clinical symptoms and signs. 1. Regarding cellular composition of bronchoalveolar lavage (BAL) fluid, number of BAL neutrophils was significantly increased in type II, bronchiolar obstruction type, of older and younger patients compared to that in type la-1 and type la-2 of same patients. In contrast, BAL eosinophilia was observed in type la-2 of both older and younger patients and in type Ib of younger patients. 2. The values of % FVC, FEV(1.0%) and % PEFR were not significantly different among four clinical types of asthma and between older and younger patients, although the values of these ventilatory parameters in type II asthma showed a tendency to be lower compared to other clinical types. 3. The values of % MMF, % V(50), and % V(25), showing ventilatory dysfunction of small airways, were lowest in type II asthma of both older and younger patients among four clinical types. A significant difference in these ventilatory parameters of type II asthma compared to type la-1 asthma was observed in younger patients, but not in older patients. These results show that ventilatory dysfunction of small airways is related to clinical asthma types in younger patients, and to aging rather than asthma types in older patients.
抄録(別表記) 気管支喘息55例(老年症例-65才以上-25例,若年症例-59才以下-30例)における換気機能の特徴について,各臨床病型別に検討を加えた。1.まず対象症例の臨床病型の病態的特徴を,気管支肺胞洗浄(BAL)液中の細胞成分で検討 すると,Ⅱの細気管支閉塞型の症例では,好中球の増加が,またIa-2やIbの過分泌型の症例では好酸球の増加が特徴的であった。2.% FVC,FEVL(1.0%),% PEFRなどの換気パラメーターは,Ⅱ型において他の病型に比べ低値を示す傾向は見られたが,各病型間に有意差は見られなかった。3.% MMF,% V(50),% V(25)などのどちらかと言えば小ないし細気管支領域の換気障害を示す換気パラメーターの値は,老年および若年症例ともⅡ型(細気管支閉塞型)において最も低い値が示された。そして,若年症例では,Ⅱ型の症例においてこれからの換気パラメーターの値は,Ia-1型(単純性気管支攣縮型)に比べ有意に低い値を示した。しかし,老年症例ではⅡ型におけるこれらの換気パラメータ-の値は,他の臨床病型との問に有意の差は見られなかった。
キーワード Ventilatory function (換気機能) Clinical asthma type (臨床病型) BAL cells (BAL細胞) aging (加齢)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1995-09
66巻
開始ページ 21
終了ページ 29
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002308008
JaLCDOI 10.18926/15121
タイトル(別表記) 気管支喘息患者の血清コーチゾール値について. 副腎皮質ホルモン投与および年齢との関連
フルテキストURL 066_030_036.pdf
著者 保﨑 泰弘| 御舩 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 横田 聡| 谷崎 勝朗| 越智 浩二| 原田 英雄| 池田 敏| 武田 和久|
抄録 Serum cortisol levels were examined in 94 patients with bronchial asthma in relation to dose of glucocorticoids and age. 1. The level of serum cortisol was significantly lower in group A patients, treated with glucocorticoids (prednisolone of 5mg/day or more) for more than 2 years, (2.4±1.2mcg/㎗) than in group B, treated with glucocorticoids (prednisolone of 5mg or less) for less than 2 years, (6.8±3.7mcg/㎗) (p<0.001) and in group C, treated without glucocorticoids, (12.6±3.9mcg/㎗) (p<0.001). The serum cortisol level was also significantly lower in group B than in group C (p<0.001). 2. The level of serum cortisol was significantly lower in patients over the age of 70 compared to that in those aged between 0 and 39 years (p<0.01) and those between 40 and 49 (p<0.05), and those between 50 and 59 (p<0.02). The level was also lower in patients between 60 and 69 compared to that in those between 0 and 39, however, this was not significant. These results demonstrate that the level of serum cortisol decreases by long-term glucocorticoid regimen and with aging.
抄録(別表記) 気管支喘息94例を対象に,副腎皮質ホルモン投与および年齢との関連のもとに,血清コーチゾール値の変動を観察した。まず副腎皮質ホルモンの投与量および投与期間により以下の3群に分けて検討した。グループA :副腎皮質ホルモン,プレドニソロンに換算して1日5mg以上を2年間以上にわたり使用している症例,グループB:プレドニソロン1日5mg以下で2年間以内の使用症例, グループC:副腎皮質ホルモンを全く使用していない症例。その結果,グループAの血清コーチゾ-ル値(2.4±1.2mcg/㎗)は,グループB (6.8±3.7mcg/㎗)(p 0.01)やC(12.6±3.9mcg/㎗)(p 0.001)に比べ有意に低い値であった。2、グループCでは,70才以上の症例の血清コーチゾ-ル値は,0-39才の症例(p 0.0l),40-49才の症例(p 0.05),そして,50-59才の症例(p 0.02)に比べ有意に低い値であった。これらの結果は,血清コーチゾール値は,副腎 皮質ホルモンの投与量や投与期間以外にも、加齢による影響を受ける可能性を示唆している。
キーワード serum cortisol level (血清コーチゾール) bronchial asthma (気管支喘息) clinical asthma type (臨床病型) glucocorticoids (副腎皮質ホルモン) aging (加齢)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1995-09
66巻
開始ページ 30
終了ページ 36
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307345
JaLCDOI 10.18926/15127
タイトル(別表記) Spa therapy and quality of life in patients with bronchial asthma
フルテキストURL 066_072_077.pdf
著者 谷崎 勝朗| 御舩 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 保﨑 泰弘| 横田 聡| 越智 浩二| 原田 英雄| 池田 敏| 武田 和久|
抄録 気管支喘息のなかでも,ステロイド依存性重症難治性喘息では,気管支拡張薬その他の抗喘息薬のみでは発作のコントロ-ルが極めて困難であり,したがって副腎皮質ホルモンの長期投与を余儀なくされる。そして,投与薬剤,特に気管支拡張薬の心臓刺激作用や副腎皮質ホルモンの副作用,さらには運動誘発喘息がひき起こされやすいなどの理由により,体動制限が加えられることが多い。このことが,また精神活動の低下へとつながる。したがって,重症難治性喘息患者のQuality of life (QOL)を高めるためには,薬剤の副作用をできるだけ低くするための投与薬剤の減量をはかるとともに,十分な運動のもとに治療を行い全身状態の改善,それにともなう精神活動の活性化をはかる必要がある。かかる観点からすれば,温泉療法は最も理想的な治療法であり,その直接作用(気道への作用:気道浄化作用,気道粘膜正常化作用)により,白,他覚症状の改善,換気機能の改善,気道過敏性の低下などが観察される。また,間接作用(気道以外への作用)により,全身状態の改善,自律神経系の安定化作用,副腎皮質機能の改善作用などが見られる。すなわち,重症難治性喘息に対する温泉療法では,十分な運動のもとに,精神活動の活性化をともなった喘息症状の改善がはかられるため,患者のQOLをより一層高めることができると判断される。
抄録(別表記) Bronchial asthma is in qeneral a disease with good prognosis and can be controlled with usual antiasthmatic drugs. However, there are some patients whose asthma attacks can be controlled only with use of qlucocorticoids. In these patients, adverse side effects of many kinds of drugs containing bronchodilators and qlucocorticoids, and exercise-induced asthma attacks are often observed. Thus, the patients have to keep limitation of exercise during treatment of their asthma attacks, leading to decrease psychical activity. Complex spa therapy for bronchial asthma consists of swimming training in a hot spring pool (exercise), inhalation of iodine salt solution and fango therapy. Spa therapy has two kinds of actions : direct action to airways and indirect action to other organs except airways. The direct action of spa therapy improves subjective and objective symptoms, and ventilatory function, and suppress bronchial hyperresponsiveness. In contrast, improvemment of suppressed function of adrenocortical glands, of mental activity, and of autonomic nerve system is observed as indirect action of spa therapy. These actions play an important role for improvement of QOL of patients with bronchial asthma.
キーワード 温泉療法 (spa therapy) 重症難治性喘息 (lntractable asthma) 運動 (exercise) 精神活動 (phychical activity) QOL
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1995-09
66巻
開始ページ 72
終了ページ 77
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307919
JaLCDOI 10.18926/15128
タイトル(別表記) Collagen degradation and in the pathogenesis of dieseases
フルテキストURL 066_078_084.pdf
著者 越智 浩二| 原田 英雄| Chowdhury Riaz| 山下 晴弘| 一村 光子| 田中 淳太郎| 妹尾 敏伸| 松本 秀次| 水島 孝明| 横田 聡| 光延 文裕| 谷崎 勝朗|
抄録 組織のコラーゲン沈着にはコラーゲン合成系と分解系の不均衡によって生ずる。従来,主としてコラーゲン合成系が注目されていたが,最近の研究の進歩により,コラーゲン分解系が重要な役割を演ずることが明らかになってきた。コラーゲンの分解系には細胞内と細胞外の二つの経路が存在する。それぞれcollagenolytic cathepsinおよびmatrix metalloproteinases( MMP)がコラーゲン分解能を有する重要な酵素である。その調節因子については細胞外の経路についての解明か進んでいる。MMPの遺伝子の発現にはサイトカインや成長因子が関与し,IL-1やTNF-αは強力な誘導因子である。一旦,遺伝子か発現すれば,MMPは合成され,細胞外に不活性型(latent form)で分泌される。不活性型のMMPが活性化する過程にはplasminogen activator inhibitorやtissue inhibitors of metalloproteinases(TIMP)などの阻害因子が存在し,MMP活性を調節する。TIMPの遺伝子の発現にもサイトカインや成長因子が関与する。MMPがTIMPを上回るような病態では組織破壊が,逆にTIMPがMMPを上回るような病態では綿維化が生ずる。コラーゲン分解能の障害が線維化の維持や不可逆性に関与することが推察される。
抄録(別表記) Fibrosis is the result of net accumulation of collagen in the organ. This may occur as a consequence of alterations in the synthesis of collagen, their degradation, or both. Recent investigations revealed that a decrease in collagen degradation plays a crucial role in fibrogenesis. Two pathways exist in collagen degradation : extracellular and intracellular. Each pathway has an important enzyme; that is, matrix metalloproteinases (MMP) and collagenolytic cathepsin, respectively. Collagenolytic activity is regulated at several levels. Expression of MMP and tissue inhibitors of metalloproteinase (TIMP), which act as inhibitors of MMP, is regulated independently by a number of cytokines and growth factors. MMP, which is synthesized in the cell, is secreted in a latent form. Activation of the latent MMP is controlled by TIMP and plasminogen activator inhibitor. TIMP also inhibits activated MMP which can degrade connective tissue matrices including collagens. In the condition where TIMP is predominant over MMP, activity of collagen breakdown is reduced, and consequently collagen deposition occurrs.
キーワード 線維化 (Fibrosis) コラーゲン (Collagen) TIMP (tissue inhibitor of metalloproteinase) MMP (matrix metalloproteinase)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1995-09
66巻
開始ページ 78
終了ページ 84
ISSN 0918-7839
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002307516
JaLCDOI 10.18926/15129
フルテキストURL 066_085_091.pdf
著者 Chowdhury Riaz| 越智 浩二| 原田 英雄| 田中 淳太郎| 水島 孝明| 松本 秀次| 妹尾 敏伸| 一村 光子| 穐山 恒雄| 横田 聡|
抄録 Experimental model of pancreatitis is mandatory for elucidating the pathobiology of the disease and also to see the response of a novel treatment. In addition, the need for an animal model of chronic pancreatitis is further strengthened by the relative inaccessibility and paucity of the human pancreatitis tissue. Whereas various models of acute pancreatitis and also of exocrine pancreatic tumor have been described, chronic pancr-eatitis has not been consistently reproduced in experimental animals. Many researchers attempted to establish an experimental model of chronic pancreatitis either by partially obstructing the drainage of pancreatic secretion in dogs and cats or by feeding alcohol to dogs and rats with and without temporary occlusion of the biliopancreatic duct or by surgically inducing ischaemia in the pancreas of the dogs. But, none of these models is identical with human disease. A consistently reproducible model of human chronic pancr-eatitis probably does not exist. In this expanding era of molecular biology which promises us to enhance greatly our understanding of this disease, a right experimental model of chronic pancreatitis is still in progress.
抄録(別表記) 疾患の実験モデルの作成は,その疾患の病因,病態の解明,さらに治療法の開発のために重要である。筆者らの一人は厚生省難治性膵疾患調査研究班の班員として,慢性膵炎の病態の解明や治療法の開発に関する研究を行っており,その研究の一環として,慢性膵炎の実験モデルの作成を現在行っている。そこで,これまで報告されている慢性膵炎の実験モデルについて概要を報告した。種々の動物や方法でヒト慢性膵炎に病因,病態,組織像が類似するモデルの作成が試みられてきたが,そのすべてが合致するような慢性膵炎モデルは確 立されてはいない。近年の分子生物学的研究の進歩は著しく,実験モデルへの応用が種々なされている現在,より簡便で再現性のある慢性膵炎モデルの作成が望まれるところである。
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1995-09
66巻
開始ページ 85
終了ページ 91
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307190
JaLCDOI 10.18926/15147
タイトル(別表記) 気管支喘息における複合温泉療法と気道炎症反応
フルテキストURL 065_001_008.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御舩 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 横田 聡| 高田 一郎| 越智 浩二| 原田 英雄| 多田 慎也| 原田 実根|
抄録 Efficacy of complex spa therapy was studied in 55 patients with bronchial asthma. Complex spa therapy was effective in 47 (85.5%) of the 55 patients with bronchial asthma : marked efficacy was observed in 15 (27.3%), moderate in 32 (58.2%), slight in 6 (10.9%) and no efficacy in 2 patients (3.6%). Improvement of clinical symptoms and findings by complex spa therapy was more clearly observed in patients with an increased proportion of BAL lymphocytes, neutrophils and eosinophils. These findings suggest that complex spa therapy more affects cell infiltration in the airways than bronchoconstriction induced by chemical mediators. Improvement of ventilatory function represented by FEV1.0% value was higher in patients with a low proportion of BAL neutrophils, suggesting that patients with increased number of BAL neutrophils require longer complex spa therapy than those without BAL neutrophilia.
抄録(別表記) 気管支喘息55例を対象に,複合温泉療法(温泉プール水泳訓練+ヨードゾル吸入+鉱泥湿布療法)を試み,その臨床効果と気道炎症反応との関連について,若干の検討を加えた。1.複合温泉療法の臨床効果では,著効15例(27.3%),有効32例(58.2%),やや有効6例,無効2例であり,明らかに有効と判断された症 例は,55例中47例(85.5%)であった。2.複合温泉療法は,気管支肺胞洗浄液(BALF)中の細胞成分(リンパ球,好中球,好酸球など)が多い症例,すなわち気道炎症反応がより強い症例により有効であった。このことは,複合温泉療法が,単純性の(化学伝達物質による)気管支攣縮よりも,気道炎症反応をともなった病態により強く影響を及ぼすことを示している。3.複合温泉療法による換気機能の改善(1秒量)は,BAL液中の好中球数が少ない症例においてより高度であった。このことは,BAL液中に高度な好中球増多が見られる症例に対しては,より長期的な複合温泉療法が必要であることを示しているものと考えられた。
キーワード complex spa therapy (複合温泉療法) airway inflammation (気道炎症反応) bronchial asthma (気管支喘息)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1994-09
65巻
開始ページ 1
終了ページ 8
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307726
JaLCDOI 10.18926/15148
タイトル(別表記) 気管支喘息における末梢血白血球および気管支肺胞洗浄液中の細胞からのヒスタミンおよびロイコトリエンC(4),B(4)遊離と気道過敏性
フルテキストURL 065_009_016.pdf
著者 谷崎 勝朗| 貴谷 光| 御舩 尚志| 光延 文裕| 梶本 和宏| 横田 聡| 高田 一郎| 越智 浩二| 原田 英雄| 多田 慎也| 原田 実根|
抄録 The proportions of cells in bronchoalveolar lavage (BAL) fluid, the release of histamine, leukotrienes C(4) and B(4) from leucocytes and BAL cells, and bronchial reactivity to methacholine were examined in 40 patients with asthma in relation to patient age. 1. The proportions of lymphocytes and neutrophils in BAL fluid were higher in older patients over age 60 than in younger patients between 20 and 49. The proportions of eosinophils and basophilic cells in BAL fluid were higher in younger patients than in older patients, and the difference in the proportion of BAL basophilic cells was significant between the two groups (p<0.05). 2. The release of histamine from BAL cells was significantly higher in younger patients than in older patients (p<0.001). The release of LTC(4) from BAL cells was higher in older patients compared to younger patients. 3. Bronchial reactivity to methacholine was higher in younger patients than in older patients. The number of patients reactive to low concentration of methacholine (390μg/mℓ or less) was larger in younger patients (12/16 ; 75.0%) than in older patients (5/14 ; 35.7%). These results suggest that bronchial hyperresponsiveness changes with aging, accompanied by changes in the release of chemical mediators from BAL cells and in the proportion of BAL cells.
抄録(別表記) 気管支喘息を対象に,気管支肺胞洗浄(BAL)液中の細胞の出現頻度,末梢血白血球およびBAL細胞からのヒスタミン,ロイコトリエンC(4),B(4)遊離,気道過敏性などについて,患者年齢との関連のもとに検討を加えた。1.BAL液中のリンパ球および好中球頻度は,60才以上の老齢症例で,20-49才の若青年症例に比べやや高い傾向が見られたが,推計学的には有意の差は見られなかった。BAL液中の好酸球,好塩基細胞の頻度は,若青年症例で,老年症例に比べて高く,特に好塩基性細胞の頻度には両症例群間に有意の差が見られ(P<0.05)。 2.BAL細胞からのヒスタミン遊離は,若青年症例で,老年症例に比べ有意に多い傾向が見られた(P<0.001)。一方,BAL細胞からのロイコトリエンC(4)遊離は,若青年症例に比べ,老年症例で多い傾向が見られたが,両症例群間に有意の差は見られなかった。3.メサコリンに対する気道の反応性は,全般的に若青年症例で,老年症例に比べより強い傾向を示した。そして,390μg/mℓまたはそれ以下の低濃度のメサコリンに反応を示す症例は,若青年症例では16例中12例(75.0%),老年症例では14例中5例(35.7%)であった。以上の結果より,気道過敏性は,BAL細胞からの化学伝達物質遊離の変化やBAL細胞の頻度の変化とともに,加齢の影響を受けることが明らかとなった。
キーワード BAL cells (BAL細胞) histamine (ヒスタミン) leukotrienes (ロイコトリエン) bronchial hyperresponsiveness (気道過敏性) asthma (気管支喘息)
出版物タイトル 岡大三朝分院研究報告
発行日 1994-09
65巻
開始ページ 9
終了ページ 16
ISSN 0918-7839
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002307646