このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 15192
Eprint ID
15192
フルテキストURL
タイトル(別表記)
Stressors and Coping in Hemodialysis Patients
著者
原 明子 岡山大学医学部・歯学部附属病院看護部
林 優子 岡山大学医学部保健学科看護学専攻
抄録
本研究の目的は,血液透析患者のストレッサ-と対処について明らかにすることである。対象者は岡山市内の二カ所の病院において,研究参加に同意が得られた外来透析患者65名であり,透析ストレッサ一,対処,人口統計学的や医学的な情報などについて質問紙法による調査を行った。その結果,以下のようなことが明らかになった。(1)透析ストレッサ-は「将来への不安」が最も高く,そして「治療時間の長さ」や「身体的活動の制限」などの精神的ストレッサ-が続いていた。(2)対処は,消極的回避的および積極的前向き対処が問題解決的対処よりも上位を占めていた。今日、医学や透析機器などの改良で透析治療は 進歩を遂げてきているが,透析患者は将来への不安や時間の拘束などの制約や負担を抱えている。しかしながら,そのようなストレスフルな状況に対して,運命として引き受けるという感情を持ちながらもその思いをマイナスとしてだけに捉えるのではなく,前向きに対処をしていることが伺えた。
抄録(別表記)
The purpose of this study is to clarify stressors and coping in hemodialysis patients, The subjects were sixty five hemodialysis outpatients who agreed to participate in this study. The data was collected by questionnaires that consisted of dialysis stressor, coping and demographic and medical characteristics, from two hospitals in Okayama city. The results were as follows: (1) "uncertainty concerning the future" has the highest scores among the dialysis stressors, and was followed by psychosocial stressors such as "length of treatment" and "limitation of physical activities". (2) In emotional control negative emotional coping to evade problems and positive emotional coping to face problems are much higher scores than cognitive coping to solve problems. In spite of the improved hemodialysis treatment of today, patients are still under high stresses. it was found that hemodialysis patients strove to cope well with stressful situations such as uncertainty concerning the future and restrictions on time.
キーワード
血液透析患者 (Hemodialysis patients)
ストレッサー (stressor)
対処 (coping)
発行日
2004-12-15
出版物タイトル
岡山大学医学部保健学科紀要
出版物タイトル(別表記)
Bulletin of Faculty of Health Sciences Okayama University Medical School
15巻
1号
出版者
岡山大学医学部保健学科
出版者(別表記)
Faculty of Health Sciences Okayama University Medical School
開始ページ
15
終了ページ
21
ISSN
1345-0948
NCID
AA11403004
資料タイプ
紀要論文
言語
Japanese
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
fhs