著者 兼重 寛| 前田 孚憲| 井上 成信|
発行日 1991-03
出版物タイトル 農学研究
62巻
3号
資料タイプ 紀要論文
著者 井上 成信| 前田 孚憲| Huttinga, Harm| 光畑 興二|
発行日 1991-03
出版物タイトル 農学研究
62巻
3号
資料タイプ 紀要論文
著者 井上 成信| 前田 孚憲| 光畑 興二|
発行日 1990-03
出版物タイトル 農学研究
62巻
2号
資料タイプ 紀要論文
著者 野田 千代一| 前田 孚憲| 井上 成信|
発行日 1989-03
出版物タイトル 農学研究
61巻
4号
資料タイプ 紀要論文
著者 井上 成信| 前田 孚憲| 光畑 興二|
発行日 1989-03
出版物タイトル 農学研究
61巻
4号
資料タイプ 紀要論文
著者 飯野 尚之| 井上 成信| 前田 孚憲|
発行日 1987-03
出版物タイトル 農学研究
61巻
3号
資料タイプ 紀要論文
著者 前田 孚憲| 井上 成信|
発行日 1986-03
出版物タイトル 農学研究
61巻
2号
資料タイプ 紀要論文
著者 井上 成信| 前田 孚憲| 光畑 興二|
発行日 1986-03
出版物タイトル 農学研究
61巻
2号
資料タイプ 紀要論文
タイトル(別表記) ラン科植物に発生するシンビジウムモザイクウイルスの血清学的検出
フルテキストURL 005__001_039_046.pdf
著者 イ ワヤン ガラ| 近藤 秀樹| 前田 孚憲|
抄録 Dot-immunobinding assay (DIA) on nitrocellulose membranes and rapid immunofilter paper assay (RIPA) were examind for their usefulness in the detection of cymbidium mosaic virus (CyMV) in orchids. The minimum detection levels of CyMV by these methods were 100 ng/ml in purified preparations and at 10-4 dilution of extracts from infected leaves of orchids could be detected by these methods. Although DIA took 5 to 6 hours for the detection of the virus, it was reliable method for diagnosis of a large-number of samples. On the other hand, RIPA, which enabled detection of CyMV within a few minutes with sensitivity similar to that of DIA, will be suitable as a rapid and handy tool for virus disease diagnosis in orchids. Moreover, by RIPA, we could detect CyMV and odontoglossum ringspot virus (ORSV) simultaneously form doubly infected plant.
抄録(別表記) Dot-immunobinding assay (DIA)法とrapid immunofilter paper assay (RIPA)法の2種の血清学的診療法をcymbidium mosaic virus (CyMV)の検出に適用したところ、両方法とも少なくとも純化ウイルスで100ng/ml、罹病葉汁液では10-4希釈まで検出可能であった。DIA法では検出に5~6時間要したが、本法は多量の資料の診断に適していると思われた。一方、RIPA法では本ウイルスをDIA法と同程度の検出感度で数分以内で正確に検出できたことから、本法は今後のCyMVの簡易・迅速診断法として多種属のラン科植物に広く活用できると考えられた。さらにRIPA法ではCyMVとORSVに重複感染した植物から両ウイルスを同時に検出できた。
キーワード Serological detection Cymbidium mosaic virus Orchid
出版物タイトル 岡山大学資源生物科学研究所報告
発行日 1997
5巻
1号
開始ページ 39
終了ページ 46
ISSN 0916-930X
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002313874
タイトル(別表記) 日本におけるCymbidium属植物から分離されて生物学的性質の異なるOdontoglossum Ringspot Virus分離株のペプチドマッピングによる比較
フルテキストURL 005_001_031_038.pdf
著者 近藤 秀樹| 前田 孚憲| 井上 成信|
抄録 Symptoms on Cymbidium, double-stranded (ds) RNA pattern and peptide mapping of coat protein (CP) of five isolates of odontoglossum ringspot virus from Cymbidium in Japan were compared. One of the isolates, Cy-1, that produced unique symptoms on Cymbidium, showed a distinct peptide mapping pattern from those of the other four isolates by partial digestion of CP with pepsin. All the isolates produced three major dsRNA species of Mr=4.3,1.4 and 0.6×106 in the infected plants.
抄録(別表記) 日本においてCymbidium属植物から分離されたodontoglossum ringspot virus (ORSV)5分離株間の比較を行った。接種試験の結果、Cy-1分離株(井上 1966)はCymbidiumでの病徴が他の4分離株と異なっていた。外被タンバク質のペプチドマッピングでは、ペプシンを用いた場合Cy-1分離株において特異的な部分分解バンドが認められ、そのバンドパターンが他の分離株と大きく異なった。また、V8プロテアーゼによる部分分解パターンも分離株間でわずかに異なったが、キモトリプシンとパパインでは差は認められなかった。ORSV感染葉から2本鎖RNAを抽出しPAGEを行ったところ、すべての分離株で分子量が4.3、1.4、0.6×106の3種バンドが検出されたが、これらの2本鎖RNAの分子量は分離株間で差がなかった。
キーワード Odontoglossum ringspot virus Cymbidium Peptide mapping Double-stranded RNA
出版物タイトル 岡山大学資源生物科学研究所報告
発行日 1997
5巻
1号
開始ページ 31
終了ページ 38
ISSN 0916-930X
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002313419
著者 前田 孚憲| 佐古 宣道| 井上 成信|
発行日 1997
出版物タイトル 岡山大学資源生物科学研究所報告
5巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 松本 純一| 前田 孚憲| 井上 成信|
発行日 1999
出版物タイトル 岡山大学資源生物科学研究所報告
6巻
1号
資料タイプ 紀要論文
著者 井上 成信| 前田 孚憲| 光畑 興二| Gara I Wayan|
発行日 1998
出版物タイトル 岡山大学資源生物科学研究所報告
5巻
2号
資料タイプ 紀要論文
著者 高橋 幸吉| 井上 成信| 前田 孚憲| 光畑 興二| 千田 茂樹| 高橋 義行|
発行日 1996
出版物タイトル 岡山大学資源生物科学研究所報告
4巻
2号
資料タイプ 紀要論文
タイトル(別表記) Ixia から分離された bean yellow mosaic virus
フルテキストURL 004_002_201_213.pdf
著者 辻 俊也| 前田 孚憲| 近藤 秀樹| 井上 成信|
抄録 A strain (Ixia-B) of bean yellow mosaic virus (BYMV) isolated from Ixia hybrida was characterized and compared with other isolates of BYMV and clover yellow vein virus (CYVV). Ixia-B was transmitted by aphids,Myzus presicae in a non-presistent manner and by sap-inoculation to 11 of 46 species in 5 of 10 families tested, and had a similar host range to that of some BYMV isolates, althrough some defferences were detected. Sap from diseased C. quinoa was infective after 10 min heating at 55℃ but not 60℃, after a dilution to 10-3 but not 10-4, and after 2 days but not 4 days at 20℃.The Virus particles were filamentous rods of about 13×820 nm. Ixia-B contaied a single protein species with a molecular weight of 34,000 and a single viral RNA with approximately 9,000 bases. In ultrahtin sections of leaf tissues from infected plants, the virus particles, cylindrical cytoplasmic inclusions and dense bodies were obsserved in the cytoplasm. The antiserum to Ixia-B produced by immunizing a rabbit had a titer of 1/512. A close serological relationship was revealed between Ixia-B and two strains of BYMV from crocus and gladiolus, but no relationship to clover yellow vein virus was found in agar gel diffusion tests. However,Ixia-B could be distinguished from two strains of BYMV by the formation of spurs among them in agar gel and by the differences in the patterns of peptide mapping of coat proteins. From these findings, Ixia-B was identified as a strain of BYMV.
抄録(別表記) 1992年に岡山県倉敷市玉島で、葉に斑入りを生じた球根類花卉植物Ixia hybridaからpotyvirus(Ixia-B)が分離され、その諸性質から bean yellow masaic virus(BYMV)と同定された。本ウイルスを11科47種の植物に接種したとこと、フリージャ、Nicotiana clevelandii、Chenopodium amaranticolar、ソラマメ、クリムソンクローバー、インゲンマメ、ホウレンソウに全身感染し、またC.quinoa、フダンソウ、ツルナ、センニチコウなどに局部感染したが、エンドウ、ササゲ、ダイズなどには感染しなかった。本ウイルスをはモモアカアブラムシにより非永続的伝搬され、C.quinoa の病葉粗汁液中での安定性は耐熱性が55℃~60℃(10分)、耐希釈性10-3~10-4、耐保存性2~4日であった。DN法試料の電顕観察で多くのpotyvirusよりやや長い約820nmのひも状粒子と管状封入体の破片が見られた。感染葉の超薄切片では風車状、層板状の封入体、dence body、細胞質に散在するウイルス粒子が観察された。本ウイルスはfreesia mosaic virusおよびclover yellow vein virusの抗血清と反応せず、また本ウイルス抗血清を用いた寒天ゲル内二重拡散法ではBYMV分離株(Cro-4, BYMV-G)と反応したが、本ウイルスとBYMVのCro-4およびBYMV-G間にspurが形成され、異種抗原の存在が認められた。外被タンパク質の分子量は約34Kで、ssRNAのサイズは約9Kbであった。Papain,chymotrypsin,pepsinを用いた外被タンパク質のぺプタイドマッピングでは、本ウイルス、Cro-4、BYMV-G、Cal-35の部分分解パターンがそれぞれ異なり、外被タンパク質がアミノ酸配列レベルで異なっていることが示唆された。
キーワード Ixia hybrida Bean yellow mosaic virus Potyvirus
出版物タイトル 岡山大学資源生物科学研究所報告
発行日 1996
4巻
2号
開始ページ 201
終了ページ 213
ISSN 0916-930X
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002313395
タイトル(別表記) Some Properties of Cymbidium Mosaic Virus Isolated from Calanthe spp.
フルテキストURL 004_002_187_199.pdf
著者 松本 純一| 占部 慎治| 前田 孚憲| 光畑 興二| 近藤 秀樹| 田原 望武| 井上 成信|
抄録 Cymbidium mosaic virus(CyMV) was isolated from Calanthe spp. showing mosaic on the leaves, collected in Yamaguchi and Kyoto Prefectures in 1986~1993. CyMV, Cal. 90-1 isolate was transmitted by sapinoculation to 12 out of 37 species in 7 out of 9 families. Sap from diseaded Tetragonia expansa was infective to Chenopodium amaranticolor after dilution to 10-5 but not 10-6, after heating at 65℃ for 10 min but not 70℃, and after 1 month at 20℃ but not 2 months. The virus particles were flexuous rod, about 475 nm long. The virus was purified from diseased T. expansa leaves and contained a single protein species of Mr27,800. The Mr of the capsid proteins(Cal. 90-1) was similar to those of two ohter CyMV isolates(Cal. 90-4, Cal. 93-14).Cal. 90-1 and Cal. 93-14 reacted with antiserum to the Cymbidium isolate (Cy-16), suggesting that Cal. 90-1 was serologically very similar to the other two CyMV isolates. Two species of dsRNA were isolated from plants infected with Cal-1 and they were similar to those of two other CyMv isolates.
抄録(別表記) 1986年、1990年および1993年に採集したモザイクを示すエビネからcymbidium mosaic virus(CyMV)を検出して同定し、諸性質を調べた。本ウイルスは汁液接種により供試した9科37種のうち、エビネとゴマに全身感染し、ツルナなど6科11種に局部感染した。しかし、分離株によってキュウリやセンニチコウの接種葉に感染するものと感染しないものがあった。ツルナ病葉粗汁液中での安定性は耐熱性65~70℃、耐希釈性10-5~10-6、耐保存性1~2ヶ月であった。DN法試料の電顕観察では長さ約475nmのウイルス粒子が観察された。ウイルス外被タンパク質の分子量は約27,800であり、既報のCyMVの値とほぼ同じであった。ツルナ感染葉中の感染に特異的な二本鎖RNAの電気泳動ではreplicative form と思われる4.43×106と3.84×106のバンドが認められた。エビネから分離されたCyMV分離株は直接二重酵素結合抗体法(DAS-ELISA)で、Cy-16分離株の抗血清とよく反応するものが多かったが、反応が弱く、抗原性に若干の違いがあるものが存在した。
キーワード Calanthe spp. Cymbidium mosaic virus Potexvirus
出版物タイトル 岡山大学資源生物科学研究所報告
発行日 1996
4巻
2号
開始ページ 187
終了ページ 199
ISSN 0916-930X
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313956
著者 前田 孚憲| 光畑 興二| 井上 成信|
発行日 1996
出版物タイトル 岡山大学資源生物科学研究所報告
4巻
2号
資料タイプ 紀要論文
タイトル(別表記) バンダから分離されたCymubidium Mosaic Virusの諸性質
フルテキストURL 004_002_164_174.pdf
著者 Gara I Wayan| 近藤 秀樹| 前田 孚憲| 光畑 興二| 井上 成信|
抄録 A virus causing necrotic spots and necrotic flecks on the leaves of Vanda orchids in Japan was identified as cymbidium mosaic virus(Cymv) on the basis of host range,stabilly in crude sap, particle morphology, serological test and physico-chemical properties. The virus was transmitted by sap inoculation to 12 of 57 species in 6 of 12 families tested, but not by aphid Mizus persicae or through seeds. Systemic infection occurred in all Orchidaceae plants tested and only one in non-orchidaceae (Sesamum indicum). In Tetragonia expansa sap, the infective at a dilution of 10-5 but not at 10-6, after heating at 65℃ for 10 min, and was still active after 1 month aging in vitro. Flexuous rod particles, c. 475×13nm, were observed.In ultrahtin sections of leaf tissues from diseased plants, virus particles were found to aggregate in the cytoplasm. The molecular weight of the protein submit and RNA determined by gel electrophoresis, was 27.8×103 and 2.2×106, respectively. Double-stranded RNAs with estimated molecular weight of 5.4×106, 4.0×106, 3.6×106 and 3.0×106 were isolated from infected plants.
抄録(別表記) 日本において葉にえそ斑やえそ輪紋を示すバンダから分離されたウイルスは、宿主範囲、病葉汁液中での安定性、粒子長、物理化学的性質、外被タンパク質ならびにウイルスRNAの分子量等からCymbidium mosaic virus(CyMV) と同定された。本ウイルスを12科57種の植物に汁液接種したところ、数種のラン科植物とゴマに全身感染した。また、本ウイルスは汁液接種で容易に伝搬されず、種子伝染も認められなかった。ツルナの病葉汁液中での安定性は不活化温度が65~70℃(10分)、希釈限度が10-5~10-6、保存限度が20℃で1~2ヶ月であった。DN法による電顕観察では屈曲性のある長さ約475×13nmのひも状粒子が多数認められ、感染葉(Cymbidium) の超薄切片にはウイルス粒子がfingerprint状として細胞質内に存在することが確かめられた。ゲル電気泳動により外被タンパク質とウイルスRNAの分子量の解析を行ったところ、それぞれ27.8×103、2.2×106であった。また、本ウイルスに罹病したツルナ葉からは、主に4種の感染に特異的な二本鎖RNA(分子量約5.4×106、4.0×106、3.6×106 3.0×106)が検出された。
キーワード Vanda orchid Cymbidium mosaic virus Potexvirus
出版物タイトル 岡山大学資源生物科学研究所報告
発行日 1996
4巻
2号
開始ページ 164
終了ページ 174
ISSN 0916-930X
言語 English
論文のバージョン publisher
NAID 120002313836
タイトル(別表記) Detection of the Viruses Occurring in Oriental Cymbidium in Japan
フルテキストURL 004_002_149_162.pdf
著者 近藤 秀樹| 前田 孚憲| 光畑 興二| 井上 成信|
抄録 A survey of virus diseases occurring in Oriental Cymbidium collected from a commerical nursery and home garden in Japan was conducted in 1991-1994. Identification of the vurus was based on partcle morphology, symptomatology in indicator plants, ultrastructure of infected cells and serology. Four viruses, odontoglossum ringspot tabamovirus(ORSV), cymbidium mosaic potexvirus(CyMV), orchid fleck virus (ORV) and a previously underscribed spherical virus, were found in 27 out of 37 Cymbidium plants tested. ORSV was detected from 11 plants belinging to Cym. ensifolium, Cym. forrestii, Cym. goeringii, Cym. kanran, Cym. sinense and Cymbidium spp. showing chlorotic streaks and/or mild mosaic. CyMV was isolated from only one plant of Cymbidium sp. showing mosaic and necrotic spots on leaves. In negatibvely stained dip preparations from plants infected with ORSV and CyMV, rod shaped particles of ca. 310 nm and flexuous rod-shaped ca. 475 nm in length were observed, respectively. The viruses were reacted strongly with respective antiserum to each virus in immunosorbent electron microcopy and inderect ELISA. OFV was isolated from four plants of Cym. formosanum, Cym. kanran, Cym. sinense and Cymbidium sp. showing mosaic and necrotic flecks. The virus had non-enveloped, bullet-shaped particles about 40×120~150 nm in dip preparation. The undescribed spherical virus, ca. 28 nm diameter, was isolated from 11 plants of Cym. forrestii, Cym. goeringii and Cymbidium spp. showing stunting and chlorotic streaks on newly developed leaves. The virus was mechanically transmitted only to Cymbidium orchids. Previously, we designated it as cymbidium chlorotic mosaic sobemovirus(CyCMV)(Kondo et al,1994),as the virus was considered to be a new member of the genus Sobemovirsu.
抄録(別表記) 1991~1994年にかけ山口県ならびに岡山県下を中心に東洋ラン(シンビジウム属)のウイルス病の発生調査を行った。ウイルス病様の症状を示していた37株の東洋ランを採集し、これらから病原ウイルスの分離、同定を試みた結果、オドントグロッサムリングスポットウイルス(ORSV)、シンビジウムモザイクウイルス(CyMV)、ランえそ斑紋ウイルス(OFV)ならびにソベモウイルス属の新ウイルスであるシュンラン退緑ウイルス(CyCMV)の発生が認められた。ORSVは退緑条斑や軽いモザイク症状を示すスルガラン、カンラン、コラン、ホウサイランなどから分離された。CyMVは明瞭なえそ斑を伴うモザイクを呈した東洋ラン(品種不祥、赤芽素心)から分離された。ORSVならびにCyMVに感染した植物のDN法試料中には電顕観察でそれぞれ長さ約310nmの棒状粒子と約475nmのひも状粒子が観察され、免疫電顕法と間接ELISA法では、これらのウイルスはそれぞれのウイルスに対する抗血清とよく反応した。OFVは退緑斑あるいはえそ斑点を生じているイトラン、カンラン、ホウサイランなどから検出された。その粒子形態は長さ約120~150nm、幅約40nmの被膜のない弾丸状あるいは桿菌状であった。CyCMVは新芽に明瞭な退緑斑や退緑状斑症状を示すシナシュンラン、シュンランなどから分離された。この球状ウイルスは直径約28nmで、シンビジウム属以外の植物には感染が認められなかった。今回の発生調査では、東洋ランからはORSVならびに新ウイルスのCyCMVがもっとも多く分離され、OFVは4株から、CyMVは1株から検出された。またこれらのウイルスによる重複感染は認められなかった。
キーワード Oriental Cymbidium Odontoglossum ringspot tobamovirus Cymbidium mosaic potexvirus Orchid fleck virus Cymbidium chlorotic mosaic sobemovirus
出版物タイトル 岡山大学資源生物科学研究所報告
発行日 1996
4巻
2号
開始ページ 149
終了ページ 162
ISSN 0916-930X
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002313470
タイトル(別表記) Orchid Fleck Virus, the Causal Agent of a Yellowish Fleck Mosaic Disease of Calanthe
フルテキストURL 004_002_119_135.pdf
著者 井上 成信| 松本 純一| 前田 孚憲| 光畑 興二| 近藤 秀樹| 田原 望武|
抄録 Orchid fleck virus(OFV) was isolated from Calanthe spp.(Cal. discolor,Cal. Bicolor,Cal. Hizen,Cal. triplicata,Cal longicalcarata,Cal Satusma) showing light-green and/or yellowish fleck mosaic on the leaves, which different from previously known viruses of Calanthe. OFV caused systemic infection in Calanthe, Chenopodium quinoa and Beta vulgasis var. cicla, and local infection in C.amaranticolor, C. murale, Spinacia oleracea, Tetragonia expansa, Nicotiana tabacum, N. clevelandii, N. glutinasa, N. rustica, Vigna unguiculata. C quinoa and T expansa are useful as indecator hosts and as a source of virus for inoculation, diagnosis and purification. Sap from C. quinoa was infective after dilution to 10-3 but not 10-4, after 10 min at 45 but not 50℃, and after 1 hr at 20℃ but not 2 hrs. For sap inoculation, it is best to use the homogenate of OFV-onfected leaves within about 7-8 min after homogenization in summer and within about 15 min in winter. The virus particles were bullet-shape or bacilliform, approximately 45-50×105-125 nm in a negatively stained praparations. In ultrathin sections, the viroplasms were observed in the nuclei, and the virus particles and the chracteristic spokewheel structures were found both in the nuclei and the cytoplasm. Antiserum (precipitin tiner:1/512) against the present virus reacted strongly with the isolates of OFV-Cy-50, similar to that of homologous virus. In agar gel diffusion tests, no spur formation occurred among Cal. 94-16 and OFV-Cy-50. In SDS-polyacrylamide gel electrophoresis, one major band of Mr 55,000, probably viral nucleocapsid-protein, and three minor proteins were detected, similar to those of OFV・So from Cymbidium.
抄録(別表記) 1988年以来、山口・宮崎・鹿児島県で発生が認められたエビネ類(エビネ、タカネ、ヒゼン、サツマ、ツルラン、オナガエビネ)の葉に淡緑色~黄色斑紋のモザイク病の病原ウイルスを調べたところ、orchid fleck virusと同定された。本ウイルスは11科46種(54品種)の植物に汁液接種を行ったところ、エビネに感染して原株と同様の病班を生じたほか、C.quinoa,フダンソウに全身感染し、C.murale,ホウレンソウ、ツルナ、ササゲ、タバコ、N.clevelandii,N.glutinosa,N.rusticaの5科12種の植物に局部感染が認められた。本ウイルスの粒子はDN法試料で被膜のない弾丸型であり、またときに短桿菌型も存在したが、その大きさは長さが約105~125nm、幅約45~50nmであった。病葉の粗汁液を用いた希釈限度は10-3~10-4、不活性化温度は45~50℃、保存限度は1~2時間であった。ウイルスの汁液接種には、接種源植物としてC.quinoa またはツルナがよく、病葉磨砕後夏期では7分以内、冬期では15分以内の病汁液を供試すると接種検定によい結果が得られることが認められた。純化ウイルスを家兎に注射して、微滴法で力値512倍の抗血清が得られた。本抗血清はCymbidium から分離されたOFV・Cy-50とよく反応し、寒天ゲル内二重拡散法では Cal.94-16およびOFV・Cy-50の沈降帯が完全に融合した。ウイルスの構造蛋白質の分子量は約55Kであった。病細胞の超薄切片の電顕観察像には、閣内にviroplasmが認められ、その内部や周辺に層状に集塊あるいは散在した粒子が認められた。さらに核内や細胞質内に膜に包まれた車輪状の粒子集塊も見られた。OFVによる本病をエビネ類黄色斑紋モザイク病とした。
キーワード Calanthe Orchid fleck virus Calanthe yellowish fleck disease
出版物タイトル 岡山大学資源生物科学研究所報告
発行日 1996
4巻
2号
開始ページ 119
終了ページ 135
ISSN 0916-930X
言語 Japanese
論文のバージョン publisher
NAID 120002314037