このエントリーをはてなブックマークに追加
ID 14972
Eprint ID
14972
フルテキストURL
タイトル(別表記)
気管支喘息におけるアレルギー性鼻炎と花粉抗原に対するIgE抗体
著者
御舩 尚志 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
光延 文裕 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
保崎 泰弘 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
芦田 耕三 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
柘野 浩史 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
岡本 誠 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
岩垣 尚史 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
山本 和彦 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
谷崎 勝朗 岡山大学医学部附属病院三朝分院内科
越智 浩二 岡山大学医学部臨床検査医学
原田 英雄 岡山大学医学部臨床検査医学
抄録
IgE antibodies against inhalant allergens were estimated in 53 patients with bronchial asthma in relation to allergic rhinitis. Of them, 20 patients (37.7%) had allergic rhinitis. 1. Asthma + allergic rhinitis were often observed in patients between the ages of 0 and 39. In contrast, asthma alone in those over age 60. 2. A RAST score was positive in house dust mite (HDm)(50.9%), cockroach(24.5%), and Candida (26.4%) in these patients, and the positive rate was not different between patients with and without allergic rhinitis. 3. The frequency of positive RAST against Japanese cedar and rice plants was higher in patients with allergic rhinitis (42.9% and 18.5%) than in those without allergic rhinitis (28.6 and 3.7%), however, the each positive rate or RAST against the two allergens was not significantly different between those with AR and without AR. 4. The number of patients with AR induced by pollen alone (pollinosis) was not large ( 5/53, 9.4%) in the patients with asthma. It was clarified from the results that allergic rhinitis was often observed in asthma patients, but not pollinosis. and that IgE antibodies against Japanese cedar and rice plants were found even in patients without AR.
抄録(別表記)
気管支喘息53例を対象に,吸入抗原に対するIgE抗体とアレルギー性鼻炎の合併の有無との関連について若干の検討を加えた。対象53例中20例(37.7%)にアレルギー性鼻炎の合併が見られた。 1.喘息+アレルギー性鼻炎の合併は,0-39才の年齢層で最も多い傾向であったが,一方,喘息単独は60才以上の症例に多く見られた。2,IgE抗体の陽性率は,それぞれHDm50.9%,ごきぶり 24.5%,カンジダ26.4%であった。これら抗原のRAST陽性率は,アレルギー性鼻炎合併例と非合併例の問に有意の差は見られなかった。3.スギおよびイネ科の花粉に対するRAST陽性率はアレルギー性鼻炎合併例で(スギ42.9%,イネ科18.5%),非合併例に比べ(28.6%と3.7%)高い傾向が見られたが,両群間に有意の差は見られなかった。4.花粉抗原によるアレルギー性鼻炎(花粉症)の頻度は9.4% (53例中5列)とあまり高くはなかった。以上の結果より,気管支喘息患者でしばしばアレルギー性鼻炎の合併が見られること,(しかし, 花粉症は少ない),そして,スギおよびイネ科の花粉に対するIgE抗体は,アレルギー性鼻炎の合併のない症例においても観察されること,などが明らかにされた。
キーワード
bronchial asthma
allergic rhinitis
IgE antibodies
house dust mite
Japanese cedar
発行日
1997-12
出版物タイトル
岡大三朝分院研究報告
出版物タイトル(別表記)
Annual Reports of Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
68巻
出版者
岡山大学医学部附属病院三朝分院
出版者(別表記)
Misasa Medical Branch, Okayama University Medical School
開始ページ
22
終了ページ
27
ISSN
0918-7839
NCID
AN10430852
資料タイプ
紀要論文
言語
English
論文のバージョン
publisher
査読
無し
Eprints Journal Name
mmc